2010年02月17日

ギブスをつけてバイオリンを弾いている。

みなさまバレンタインはいかがお過ごしでしたか?
あたしは全く興味なし!なんですが(笑)チョコも自分で買ってまでは食べないし・・・・。

ところが15日に仕事に行ったら学生(女子)からチョコを貰いました。
いまどきの若者の間では「友チョコ」なるものがはやっているらしいですね。女子の間ではやりとりが盛んなようで。
あたしもそれにあやかったわけです。かわゆい手作りチョコでした。
バレンタインデーにチョコを貰うというのは初体験でしたがうれしいものですね〜(*⌒∇⌒*)(単純)
おいしくいただきました♪

おっと、話がそれました。

現在、オーケストラのほうで練習中の曲。

オッフェンバック「天国と地獄」序曲
モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番」
ベートーヴェン「交響曲第5番 運命」

5月の演奏会に向けて練習しています。

ところが昨年の12月ぐらいから演奏中に右手親指に痛みが。場合によっては手全体に痺れが。これには参りました(/д\)゜o。*ゥェー
毎回右手親指にテーピングをして弾いておりました。

特に「運命」を演奏した後がひどいような気が・・・。
たぶん音を刻んで演奏するパートが多いからか・・・。
気合い入れすぎて弾いてしまうからか・・・。
そのため「運命」恐怖症に陥っております。

「運命」ってクラシック聞かない人でも知ってるあの曲なのですが、おそらく第4楽章まで思い浮かぶ!って人は少ないんじゃないかな〜?(もちろんクラシック好きな人は除く)

とてもいいです。

って、名曲をこんな一言で表現するのもアホっぽいですが(笑)
演奏しているととてもいいんです。激しくて美しい。
とても気持ちよくなって・・・・。日ごろの嫌なこと全部忘れてる、あたし。
ベートーヴェンさいこー!

そんなときに手全体にズキっとしびれが走るわけですよ。
一気にココロが折れます。世の中嫌なことだらけさ(笑)

たぶん、あたしの弾き方に問題があるのでしょう。
なにせ、ほぼ我流に近い形でここまできてしまっているので・・・。
ちゃんとした先生に矯正してもらわないと。

しかし親指の痛みは日常生活にも支障が出てきたため、嫌々病院へ。
病院なんて行っても無駄さ。どうせ、様子みましょう、とかってシップ出されて終わりなんだよね〜、って、全く病院を信用していないあたしだったのですが。

お医者さんってすごいね(当たり前?(笑)
レントゲンを撮って、ちゃんと説明してくれました。

「親指に側面から衝撃があって、第1関節がゆるんでいます。そのため、痛みがあるんです。できるだけ固定して横からの衝撃を少なくしてください。できるだけ毎日レーザーを当てに来てください。治るのに1カ月ぐらいかかります。ギブスを作りましょう。」

ギブス?作る?

別の部屋に移動して別の先生がギブス作り。
あたしの親指の型をとり、ふにゃふにゃのプラスチックみたいなのをジョキジョキ。おっきなドライヤーみたいなのをブオーっとあてて変形させて少し冷まして固まったらできあがり。
スポっと親指にはまるギブス完成です。

「バイオリンを弾くのか〜、ちょっと弓を持つ形してもらえます?そうか〜、じゃあ、もうちょっとここを削りましょう。できればバイオリン弾けたほうがいいでしょう?」

そうなのー!あたしが一番病院に行きたくなかった理由は漠然と「痛いならバイオリン弾かないでくださいね〜」って言われるのが怖かったからなの〜!(もちろんちゃんとした原因が分かれば仕方ないと思っていたけど)
だって・・・他人から見たら仕事でもないし、たかが趣味だし・・・痛いなら弾かなきゃいいじゃん、って思われても仕方ないよね。

「僕の仕事はなるべくその人の生活を考えて装具を作ることですから」

ド、ドラマみたい・・・・。
先生の名札を見ると・・・「義肢装具士」?
知らなかったです。こういう職業があるって、こと。
世の中には人を救う職業がたくさんあるのですね。
あたしのバイオリン生活はとりあえず「義肢装具士」の先生に救われたのでした。

あたし仕様のギブス完成!
簡単に取り外しができて水洗いもできる。
つけたままバイオリンも弾ける!(ちょっと不自由だけど・・・)

治るかどうかはまだ分かりませんが、とりあえず親指の痛みからは解放されました。しかしまだ手の痺れが・・・。
早く演奏フォームを改善していかないと・・・。

ギブスの写真撮ってみたけど指の形がリアルでちょっとこわい写真になってしまったので別の写真。

名東区の洋食屋さん「乃木坂」の「まりもご飯」。
ちょーお得な「スペシャルセット」についてます。
スープの中におにぎりが入っていて、その上からとろろがかかっているのだ。

まりもご飯
posted by マメキチ at 18:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | バイオリンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんでかこういうものって呼び合うのね!?

幼稚園のバレー部でも最近ちょっとした大会があって、うちのエースアタッカーが負傷!!

そして病院に付き添っていってみました、そのギブス!(ちなみに彼女は足首の靱帯損傷)
今の世の中はほんと便利なものができてるよねー(@_@;)

でもいい先生にあたったね(*^_^*)
「痛いならやめなさい」先生って多いと思うよ〜

それにしても「痛くても弾きたい」って。。。
うちの娘に爪の垢を送っておくれ〜(>_<)

Posted by うしまる at 2010年02月17日 21:33
追記

そういえばあたしは小・中・高とチョコいただいておりました^^;
そこらの男子より多かったぞぉ!?
Posted by うしまる at 2010年02月18日 20:07
さっすがうしまる姐さん!チョコもらってましたか!
男子より多い・・・そうでしょうね〜。うんうん(。-∀-)

「痛くても弾きたい」っていうか・・・まだ我慢できるからね〜。我慢できないほどになったらさすがに嫌になるでしょう(笑)
それにあたし飽きたら冷めるの早いしね(-ω-;)今後どうなることやら。

それにしてもギブス見た〜?すごいよね〜?
医療って日々進化してるんだよね。
こういうの目の当たりにするとちょっと将来に安心感だよね。
Posted by マメキチ at 2010年02月19日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。