2010年03月06日

のだめ。映画と武道館。

あたたかくなったり寒くなったり。でも確実に春が近づいています。
梅もきれいに咲いてます。
青谷梅林
京都の青谷梅林に見に行ってきました。
まだ風は冷たかったけれど梅を見ると気持ちは春です。

さて、大好きな「のだめカンタービレ」に関するお話をふたつ。

まず映画について。
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をずいぶん前に見てきました。
期待するのはやっぱり音楽。映画館の音響でオーケストラとピアノの音を聞けるのは楽しみでした。

オープニングの「ベト7」からすでに鳥肌。
やっぱりあたしこの曲が好き。
その後、ボロボロの「ボレロ」に笑い、クライマックスの「序曲:1812年」で感動。
自分が練習中のベートーベンの5番もちょっと使用されててまだ感動。

だけど〜、肝心のストーリーがちょっと残念だったかな〜。
1800円出してたら怒ったかもね〜。(レディースデーに見に行ったので1000円でした)
千秋がひどい状態のオケの指揮者に就任し、それを立て直していく、っていうのがストーリーのひとつの軸だったと思うのです。
そうなるとやっぱりドラマのSオケ成功!シーンを思い出しちゃうんですよ〜。(あのシーン再放送で何回見ても泣いてるあたし)

その期待が裏切られて、かなりてきとー、という印象。あっという間に立派なオケになってしまったので、拍子抜けって感じでした。
いろんなエピソードを約2時間半に収めるのって難しいのでしょうかね〜。
音響のこと考えなかったらDVDで十分、っていうのが正直な感想です。

でも、後編も見に行くよ(。・ω・。)ノ
だって〜、後編はもっとのだめのピアノがたくさん聞けそうだからね。
上野樹里ちゃんがピアノを弾くシーン大好きです。

「のだめ」に関して二つ目の話題。

こんなイベントが進行中なんです。
みんなでベト7 ロードto武道館
ベト7を演奏して撮影して送る。選ばれたら武道館で演奏できる、って企画です。

これに長久手のバイオリン講座で参加しましたー(*⌒∇⌒*)
まず、「ベト7」を演奏できる機会があったのがうれしかった〜。
準備期間が短かったので、ハ長調に転調された簡単アレンジバージョンですが、とりあえず合奏できたことがとっても楽しかったです。

自分たちで撮影する、っていうのも初めてでバタバタと色々試しながらの撮影も楽しかったです。
個人でこういう企画に参加するのってなかなか難しいと思うので、良い機会だったと思います。

「ベト7」は3月の発表会でも演奏予定ですので、引き続き練習しなきゃ、です。この曲はおこちゃまも含めすべてのクラスのメンバー全員で演奏するので、総勢50人ぐらいになるのかな?なかなかの迫力です。

親指の調子もだいぶよくなりました。
オーケストラの先生にボーイング姿勢を直してもらってます。
お仕事がひと段落ついている今、がんばって練習しまーす(。・ω・。)ノ
posted by マメキチ at 21:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142923011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。