2012年04月04日

鬼祭りで粉まみれ

昨日は荒れたお天気でしたね。ありがたいことにお休みの日だったので自宅にこもっていたのですが、久しぶりに恐怖感を味わいました。
今朝もまだ風が強くて、そして空気が冷たい。桜の開花も少しお休みかな。

2日連続でブログを更新、あー、マメキチ暇なのね。あー、暇なのさ。

今日は豊橋の鬼祭りのお話。一部Twitterで報告済みの内容もあります。その詳細。

愛知県豊橋市には「鬼祭り」という不思議なお祭りがあります。いわゆる「奇祭」ってやつですね。詳細は
こちらのページで詳しく解説されています。
簡単に言うと天狗が鬼を退治する。退治された鬼がお詫びに町の人に飴を配る。その様子をお祭りにしたもの、でしょうか。

数年前に1度訪れてその楽しさにすっかりお気に入りになったマメキチ。

まずは神社でその戦いの様子を表現した「からかい」が行われます。これはお祭りらしく日本の伝統を感じさせる儀式のようなものですが、お楽しみはこのあと。
鬼が神社を出て飴を配るわけですがその様子がYoutubeにアップされていましたのでご紹介。特に後半(1分過ぎ)に注目。


飴は小さな袋に入ってばらまかれるのですが、なぜかそれと同時に白い粉(たぶん小麦粉)もばらまかれるのです。なぜ?なぜなんだ?
なので当然飴をもらおうと群がっている人たちはその白い粉をかぶって真っ白になってしまうわけです。ちなみに飴を受け取ると厄除けにご利益があるとのこと。
ご利益はどうであればらまかれたら拾いたくなるのが心情なわけですよ。

さて、今年のマメキチは人の多い神社境内は避け、飴だけを目的に神社外の道路で待機していました。鬼は神社を出て豊橋の街を走り回るのです。
屋台でフライドポテトを買ってちびちび食べながら待っていると「やー!やー!」と掛け声が。来た来たー!鬼が来たー!赤鬼を先頭にたくさんの法被を着たおにーちゃんたちが掛け声をあげながら走ってきた!飴をばらまいている!白い粉も煙のように舞い上がっている!

飴、取らなきゃ!あ、でもその前に髪の毛白くなるの嫌だからコートのフードをかぶって・・・・、

と、その時、ひとりの若いおにーちゃんがあたしの前で立ち止まる。

ん?

ガシっと腕をつかまれる。

まだフードをかぶっていない頭に粉をどさー、どさー。

えええええええええ???
えええええええええ???

おにーちゃん「はい、どうぞ(⌒-⌒) ニコッ」
あたしの手にはたくさんの飴の袋が握られたのであった。

「やー!やー!」と声をあげて去っていく一団。それを追いかける街の人。
残されたあたしは手に飴を持ち頭から真っ白で茫然と立ち尽くすのでした。もちろん半笑いで。

そういうやり方ってありなの?粉ってばらまくんでしょ?特定の人に振り掛けるものじゃないよね?ね?

駐車場まで歩く15分間笑いが止まらず疲れ果てたのは言うまでもありません。
そしてどんなに払い落としても出てくる白い粉。気が付くと車のシートも白くなってるし。

ひとつだけ言えること。それは、
今年のあたしはしっかり厄落としができた
ということでしょう。

今回は写真がないので、あるんだけど人の顔が写りすぎてて載せられないので、
豊橋名物「おでんしゃ」の写真。路面電車を貸切にしておでんが食べられます。冬限定。
DSC_0565.JPG
posted by マメキチ at 09:09| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262194133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。