2005年04月16日

「ray」を聞くときは。

しばらくの間通勤のおともはMisiaだったんだけど最近またラルクに戻りました。
「ray」ね。もうすんげー売れてたころのアルバムですわ。
このアルバム私個人的には前半が退屈。だがしかし後半四曲が猛烈に好き。これでもかこれでもかぁ!って押し寄せてくる感じで。聞き入っちゃうんですね。この部分は。かっこえーんだよー。

で、ある日バスに乗ってたらこの部分に差し掛かったわけです。
うをー!きたよきたよー!って聞き入ってたら、あれ、あたしが降りるバス停が目の前に。
うわぁ、降りますボタン誰も押してないやん!早く押さなきゃっ、ってこういうときに限ってボタンが遠いんじゃあ〜。
あわてて立ち上がってピンポンてボタン押したのはいいけどその時持ってた傘を落としてカターンって大きな音が…。周りの目が一斉にこちらに…。
で、バスも急にボタンを押されたもんだから急ブレーキ気味。そこであたしはバランスを崩し拾った傘をまたしてもカターンと落とし、しかもラルクが聞こえてくるイヤホンが耳からとれてぶら〜んぶら〜ん。
降りなきゃ、早く降りなきゃ、って思ってるのに今度はバスカードが見当たらない。バッグの中をガアアアっと漁ってやっと発見。
うわぁ、みんなこっち見てるわぁ(泣)運転手さんの目も冷たいわぁ(泣)あああ、焦ってカードもうまく差し込めーん(パニック)

バスがブォ〜と立ち去った後に取り残されたのはボロボロのあたし。片方のイヤホンがぶら〜んぶら〜んしてるMDプレーヤーからはむなしくラルクが流れ続けていたのでした。

ちなみに、あたしは以前にもこのアルバムを聞きながらバスに乗り込み、えらい山のほうに連れて行かれたことがあります。乗り間違えたんですな。とほほ。

「ray」を聞くときは注意しましょう。いろいろと。
posted by マメキチ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。