2007年01月17日

牡蠣三昧

年のはじめには伊勢にお参りに行くのが恒例行事。
今年はそのお参りに行くついでにおいしいもの食べようー、ということに。
そこで思い出したのが数年前に鳥羽近辺で偶然見つけた牡蠣のお店「あじ蔵」。

こういう観光地に行くとおいしいお店ってなかなか探しにくいですよね。絶対に地元のおいしいものを出してくれるお店はあるはずなのに、大きな道に面してるお店はいかにも観光客相手で値段だけ高くて・・・って疑いたくなるお店ばかり。もちろん入ってみないと本当のところは分からないわけですが、入ってみよう、と思わせるお店が少ないのです。

数年前もそんな感じでお昼ご飯を食べるお店を探しながら鳥羽から志摩に向けて走っていたのですが、この「浦村」という小さな漁港を通りかかったとき、ちょっと気になる看板を発見。看板のセンスって大事ですよね。
で、その看板に従って横道に逸れていくと、ちょこんとお店が建っておりました。ふるーい旅館の横に、最近ちょっと付け足しましたよー、って感じのお店でした。そこは「浦村牡蠣」を食べさせてくれるお店。

ぷりっぷりの取れたての生牡蠣はなーんにもつけなくてもそのままの味で楽しめます。その牡蠣のおいしさが忘れられなくて今回また行ってみよう!と思ったわけです。

お店はリニューアルされていてとてもきれいになっておりました。となりにある旅館もきれいにリニューアルしたみたいですね。
席が個室タイプになっていて、落ち着いて食べることができました。
生ガキ3個、焼きガキ3個、カキのサラダ、カキフライ3個、カキ飯、
赤だし、デザート。牡蠣三昧ですね〜。
冬の味覚ですよ。そしてやっぱり生牡蠣はおいしかったです。
カキ
さて、今日のオチなんですが(笑)

あたし、牡蠣が苦手なんです(*⌒▽⌒*)bえー?

普段は全く食べないですね。
子供の頃、わーい!今日はトンカツだー!って思って食べたのがカキフライだった、ってことがあって、その味のギャップに驚き、以後苦手な食べ物のひとつとなってしまいました。
でも、不思議なことに、生ガキだけは好きなのです。
火を通したとたんにあの特有の臭みと苦さが増すような気がするんですが・・・。特にカキフライをソースで、なんて、おえーおえーって感じです(笑)

なので、もちろんこの日も食べたのは生ガキだけ。
このお店はちゃんと「牡蠣の苦手な人用メニュー」ってのがありますので、そちらを堪能させていただきました。
最初にでてきたお刺身が本当においしかったな〜。

「浦村」には他にも牡蠣を食べさせてくれるお店や旅館がたくさんあるようです。牡蠣好きの方、ノロウィルスの噂に負けず、ぜひ(⌒-⌒)
鳥羽
「あじ蔵」の近くにあるホテル「悠季の里」からの景色。日帰りで温泉に入れます。露天風呂が広くてのーんびりできました。
posted by マメキチ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
牡蠣がダメで、生牡蠣O.Kってスゴクないですか?(笑)
僕は牡蠣は何でもO.K!一番はカキフライかな。

でも…。
数年前に鳥羽に社員旅行で行ったときにアタリまして…。
以来、伊勢・鳥羽方面はなんだか妙にコワイのです(^_^;)
Posted by ダッチさん at 2007年01月19日 19:59
んー。確かに自分でも不思議です。でも冷たいチーズはだめだけどピザは大好きなあたしなんで(笑)
ちなみにレバーも生なら食べられるけど火を通すとだめです。

カキって当たるとすごいんですってね〜。しかしそれは鳥羽のせいではありませんので(笑)ぜひチャレンジを(・∀・*)
Posted by マメキチ at 2007年01月19日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31593030

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。