2005年08月04日

マンモスだ!サテュロスだ!キッコロだ!その2。

さてさて予約の時間通りに「なだ万」に到着。
久しぶりだぁ。「なだ万」のお料理。うれしいなあ。わくわく。
外の世界と上手に切り離されて落ち着いた雰囲気でお食事できます。
外のあまりの暑さにウーロン茶がぶ飲みしちゃったよ。
今回は「ミニ懐石」を注文。先付、造り、煮物、メイン、デザートとなっております。
写真はメインです。さざえの香草焼きと〜、スズキの蓼味噌焼きと〜、あとは色々と。
nadaman
スズキが最高においしかったです。
あたしが懐石料理で一番の楽しみなのは煮物なんですが、今回はね、「なすまんじゅう」って料理だったのですが、これがまたおいしかったな〜。
nadaman2
いろんな野菜が練り物の中に混ざってました。あんかけの出汁がおいし〜い。
とっても繊細な味です。日本人であることのシアワセを感じますね。

のんびりお食事を楽しんで、おなかいっぱいで外に出ると、あー、少し涼しくなってますね。日が沈んでしまえば涼しいんですよね、万博会場も。

この日はあの問題の夜のパレード「エキスポ・オールスターズ・パレード」開催2日目でした。絶対に見るぞ!と意気込んでいたあたしたちは、パレードのルートも確認済み。
8時半スタートなので、それまでまた外国館をぶらぶらしましょう。

「なだ万」に一番近い「グローバルコモン6」をぶらぶら。前回入れなかったシンガポール館に今日は入るぞ!
シンガポール館、おもしろかったですね。
入館していきなり傘を渡されました。傘?なぜ?
館内のスクリーンではシンガポールの自然などが紹介されるのですが、そのスクリーンにスコールの映像が・・・と同時に館内でも雷が!そして雨があああああ!かなり激しいですね、これ(笑)靴がふつーに濡れました。
その大雨の中をぬけるとお次は「図書館」。約2000冊の本が置いてあるんですけど、一冊、一冊にある人の思い出の品が展示されそれにまつわるエピソードが書かれているのです。もちろんどれも自由に手に取って見ることができます。
これはおもしろい企画だな〜、時間があったらもっと見てたな、きっと。もちろん全然知らない人たちなんだけど、その人にとって思い出のモノを見せてもらうと、なんだか親近感が沸いてきますよね。
シンガポール館のレストランも前からとても気になっているのですが、なかなかタイミング合わないな〜。いつか絶対食べなきゃ!

さて、恒例のお買い物ターイム!
今回はこれ、ついに買っちゃいました。定番ですよ、定番。
これ、振ると「ぴよぴよ」って音が出ます。かわえー。かわえー。
morikoro3

さあ、いよいよこの後は幻のパレードです。
次回につづく。
posted by マメキチ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 万博のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

デザート
Excerpt: デザート食事のデザート''dessert''は本稿で記述。''desert''は砂漠を意味する英語。----デザートとは、主食の後に出す果物、菓子、アイスクリームなどのことをいう。近年では、スイーツと..
Weblog: デザート研究
Tracked: 2005-08-04 19:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。