2005年09月02日

1点集中型?万博。後半

アフリカ料理を満喫してお腹いっぱい。

さて次の目的地は「長久手日本館」。ごーごー!
あ、でもちょっと寄り道。あれ?結局寄り道ですか?(笑)
エジプト館のカフェが目に入っちゃったんですよねぇ。エジプト料理ってどんなだろうう・・・。
ふーむ・・・・「クレオパトラも食べたエジプト料理」だって。ほんとか!
「ターメイヤ」なるものをオーダー。これ、写真撮り忘れたんですよね。直径5cmぐらいのまんまるコロッケです。「ヒヨコ豆のコロッケ」って解説が。ヒヨコ豆ってなに??
おそるおそる口に運ぶあたし・・・。・・・・・。んー・・・・。豆ですよ。豆。
豆があまり得意でないあたしには困っちゃう一品ですね。
中は緑色してました。ヒヨコ豆って緑色なんだね。お口パサパサになりました(笑)
一緒にオーダーした「エジプト花茶」はふつーにおいしかったです。

さあ、ほんっとにおなかいっぱいになったところで、「長久手日本館」へ。360度スクリーン映像がすごい!って噂をこの日まで知らなかったんですが(笑)だからいつもあんなに並んでるのか〜。でもね、この日は60分待ち!なんてラッキー!並ぶよ、並んじゃうよ。
ここも写真撮り忘れてますが。パピリオンの建物の周りはすべて竹で覆われています。巨大な竹の籠の中にすっぽり建物が納まってる感じですね。とっても特徴的な建物で、一見地味に見えますが実はすっごい技術がつめこまれてる(らしい(笑)です。さすが日本政府。
ゾーン1を抜け、ゾーン2へ。このゾーン2がなかなかおもしろかったです。動く歩道に乗って日本のここ60年の歴史を見ていくのですが、電化製品とかね、おもちゃとか、自分が子供のころ使ってたのが展示されてたりして、「なつかしー!」って。あー。おばちゃんやね。あたし(笑)この動く歩道の速度ちょっと速くないですか?もうちょっとゆっくり見たかったな。

さて、いよいよ噂の「地球の部屋」ですよ。まん丸なお部屋になっていて内側の壁は360度すべてスクリーン。中央に作られた橋のような通路に立って映像を楽しみます。もちろんこの通路の床は透明になっていて真下も見ることができます。
すごかった!すごかったよ!自分が魚になって海の中にいる!自分が鳥になって空を飛んでる!一緒に見てる人たちも「おおおおおお!」って声に出して大喜び!
しかし・・・あたしは・・・酔った・・・。鳥になって飛んでるとき、あたし酔いました。気持ちわるいよー。でもどこに視線を移しても映像なんで逃げ場がない!あー。もう倒れるかも・・・。と思ったときに終了。え?はやっ!いや、あたしは気持ち悪かったんで終わってくれて助かったのですが・・・。でも早すぎない??
日立館見たときもそうだったなあ・・・。むっちゃ楽しかったんですが、早すぎます。あっという間とはこのこと。あたしは1時間待ちだったので。不満はないですが。2時間待ちだったら微妙ですね〜。でも、今までに体験したことない感覚が味わえるのは確かです。すごいなあ。のひとことです。

外に出たら「大地の塔」の切り絵たちがきれいでした。いつもこれ楽しみにしてるのです。
切り絵
夜の万博でしか見ることのできない姿です。ここは夜のが絶対おすすめ。

8月のはじめに行った万博の様子を今ここに書いているのですが(笑)
この日の入場者数は約8万人。あたし比較的恵まれてたんですよね。ここまで。混雑の少ない日にうまく潜り込んでた感じで(笑)
でもそれもこの日まで。だってもう10万人以下の日なんて有り得ないんですよ〜。
でも、あたしはまだ行くよ!ラストスパートだ!ぎりぎりまで楽しんでやる〜!
posted by マメキチ at 17:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 万博のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万博行くときは、いろいろ聞きますね♪
ちなみに昨日の万博は平日にも関わらず17万人だってよ!!
Posted by のりのり at 2005年09月02日 23:37
ちなみに昨日は25万人。もう行きたくないな〜(笑)
Posted by マメキチ at 2005年09月04日 22:32
ってゆうか 早く行かなくちゃ(笑)と言い続け半年近くになるの!?早いんですけどぉー
Posted by よっち at 2005年09月04日 23:39
えー?まだ行ってなかったのね〜。もう行ったと思ってたわ。早く行かないと人混み地獄よ〜(脅し)
Posted by マメキチ at 2005年09月05日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6488766

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。