2008年08月19日

ドアラに会ってきました。

7月19日。ドアラに会ってきました。

ある日うちのポストにチラシが。うちは新聞をとっていないので、新聞の勧誘のチラシがよく入ります。
いつもは見ることもなくゴミ箱にポイなのですが、そのときはなぜかのんびり眺めてたのですね。

するとその中に!
「ドアラ・シャオロン・パオロンとあそぼう!」というチラシが!

なぁーにぃー?!(クール・ポコ風)
藤が丘の清水屋に来るらしい。またシブイとこに来るな〜(笑)

まずは清水屋に電話。
「整理券とか配るんですか?駐車場は何時から入れますか?」
前日の夜は会場の下見。野外なので何時からでも入れそう。

当日、朝9時に清水屋に到着。ちなみに開始は11時からです。
すでに最前列の椅子はすべて場所取り済み。
2列目の席をキープして日陰で待機。

ところで7月の中ごろから名古屋は猛烈に暑い日が続いておりました。連日35度越えは当たり前。
当然この日も異常な日差しと暑さ。
あたしはドアラを見ている間元気でいられるだろうか・・・。

ところがはじまってみると客席の方は建物の影になって思ったよりラクだったのですね。かわいそうなのはドアラたち。
あの炎天下の中、約30分間楽しませてくれました。

ドアラ1
シャオロンの後ろのわずかな日陰に入ろうとしているドアラ。

ドアラ2
お絵かき中のドアラ。

暑さも手伝ってか相変わらずのだらだら動きのフリーダムっぷり。なかなかじっとしてくれないので写真撮影も難しかったです。
ちなみにこの日のショーの様子はニコニコ動画でちゃんと見ることができます。

やっぱドアラ見てると和むな〜。
冷静に見れば見るほどおかしなキャラなんですが。
あたしの横にはいつも写真集があります。

ところで今日仕事中に学生がドアラの話題で盛り上がっていて、
「ドアラの中の人が汚いおっさんだったらショックだよね〜」
とひとりが言ったところ、もうひとりが

「は?ドアラに中の人なんていないって。」

とまじめに返してたのを聞きひとりでニヤリとしてしまいました。
そうです。ドアラには中の人なんていないのです。

やっぱりDVD買っちゃおっかな〜♪
posted by マメキチ at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

大阪で大喜び

最近、あたしがよく行く雑貨屋さんは星が丘にある「AIDA」さん。職場が近いせいもあって、良く覗きます。
ナチュラルな雰囲気がとってもステキ。服がとってもかわゆい。雑貨屋服にしてはちょっと高めだけどね。先日SALEで買いまくってしまったよ。
置いてある雑貨はそんなにめずらしい感じではないんだけど、ディスプレイの魔法にかかってます。どこでも買えるのにここで買いたくなる、これぞ雑貨屋さん。

ところでこの「AIDA」さんは大阪が本店らしい。だからスタッフさんも関西弁です。

先日、ラルクライブで大阪に行ったときに「堀江店」に行ってきました。この堀江店は、1階が服屋さん、2階がカフェ、3階が雑貨屋さん、と、まるでワンダーランド(笑)けっこう長い時間楽しませてもらいました。
ランチも食べたよ。
ランチ
ごはんって、見た目がかわゆいとまずそれだけでシアワセだよね。もちろんおいしくなきゃ話にならないけど。
とてもおいしゅうございました。名古屋にもぜひできてほしいと願うマメキチです。

ところで、この「堀江」周辺はとってもステキなインテリア屋さん・雑貨屋さん・カフェ・服屋さんが集中していて、歩いているだけでかなり興奮する街なのですね。全然知らなかったのでマメキチ大興奮。ほんとはランチだけしたら、移動して通天閣に登るつもりだったんだけど(笑)予定変更ですよ。
有名どころから個人の手作り雑貨屋さんまで幅広くいろんな店があって、もう楽しい!楽しい!金がいくらあっても足りねー!(笑)

この日購入したモノの中で一番のお気に入りはこれ
ペンギン
ほっかぶりしたペンギンの携帯ストラップ。「prickle」ってお店で買いました。他にもいろんな動物たちがいてかなり悩んだね。まあ、でも「ペンギンがほっかぶりって!」って感じでこれに決定。このお店のぬいぐるみたちにはかなり癒されました。あたしってやっぱりぬいぐるみ好きなんだな〜、って実感。

もうひとつ気に入ったのが「UZ-UZ」ってお店で買ったポストカード。
「s.ukawa」さんって人のイラストがとても好きになりました。シュールです。思わず顔がにやり。だけどイラスト自体は色使いといい構図といいなんともいえず迫力があって、お店でも時間を忘れて見惚れてしまったな〜。特におっきな書きかけの原画が置いてあって、それがとても良かったのです。

他にもたーくさん好きなお店があったけど、書ききれませんわ〜。
あっという間に時間が過ぎ、ホテルを10時にチェックアウトしてから3時ごろまで、ランチタイム以外は歩き詰めで、ふと気が付いた。

「あたしめっちゃ疲れてるやん!」

こういう生活(性格)が病気を呼ぶのですよ(笑)もっと早く疲れてることに気付けって話ですよ。特にひとりで行動してるとね〜、気が付きにくいものです。

疲れてることに気がついたらもう歩くことはできず(弱い(笑))ふらふらと地下鉄に乗って移動。アーバンライナーで爆睡して帰りましたとさ。

後で調べてみたら他にも行ってみたいお店がたくさんある〜。
次回はじっくり計画的に楽しんでみたいと思っております。
posted by マメキチ at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

うながっぱ。

ある日車でぶーんとスーパーに向かっていると、近所に新しくできた塾の前に知った顔を発見!大学時代に仲良くしてたF先輩!
先輩は塾講師なのでどうやらその新しい塾に赴任してきたらしい。なんという偶然。

そのときは急いでいたしメガネ面だったしスッピンだったしで、とても知り合いに会える顔ではなかったので通り過ぎ、家に戻ってメールで連絡。早速会うことになりました。4年ぶりぐらいの再会だったのかな〜。

さて、当日、GWの真っ只中だったのですが、どこかにドライブに行きましょう、でも人の多いところは絶対に嫌!ってことになり、じゃあ多治見方面で、ってことに。なぜ多治見?(笑)

駅前の駐車場に車を止めて、ぶらぶらと散策。
東海地方の方は岐阜県の南方に位置する「多治見市」という街はもちろん知っていると思うけど、実は全国的にも最近有名な街なんですよね。
これ↓
多治見1
そう、昨年の夏、日本一の最高気温をたたき出した街なのです。
なのでニュースで聞いたことある!って方もきっと多いはず。

で、今回はその最高気温が問題なのではなく、このキャラクター。
「やなせたかし」さんがデザインしてるんですが!やるじゃん!多治見市!その名も「うながっぱ」。

うながっぱ??
「うなぎ」と「かっぱ」だよね〜?
多治見市には何度も訪れているけど、「うなぎ」と「かっぱ」というキーワードにほとんど触れたことがないんですが(笑)
もちろんこの「うながっぱ」君にも初めてお目にかかったのですが。

多治見の駅前をぶらぶら〜と歩きながらも「うながっぱ」の謎は深まるばかり。うながっぱ君はいたるところで見かけるのだけれど、その由来はどこにも紹介されていない。

しかし、どうやらやはり「かっぱ」には深くかかわりがある街のようだ。だって、こんなん発見したし。↓
多治見2
でもここにもどんな関わりがあるのかは紹介されていない。

気になるー!

多治見3
↑こんなグッズまで!多治見市がこんなに入れ込んでいる「うながっぱ」とはいったい何者なのだー!

ちなみに先輩はこれ購入してました。いかにも陶器の街にある陶器屋さんで。いい味出してるよね。

さて、「うながっぱ」の謎はパソコンを開けばすぐに解けました。ちゃんとHPがあって、由来も書いてあります。興味のある方はどうぞ。
http://www.unagappa.com/
これでひとつすっきり。

もうひとつ、あたしがどーしても気になることがあったのです。
多治見の商店街って、とっても洋服屋さんが多いのですよ。いわゆる昔ながらの「洋品店」ってやつです。
もうほとんど一軒おきぐらいに「洋品店」があるのですよ。
なぜ?陶器屋さんでもうなぎ屋さんでもなく、洋服屋さん?

「暑い街だから、もうだらだら汗かいちゃって、もう何枚洋服があっても足りないんだよねー」なわけないよね〜?

だれかこの多治見市の商店街の謎について知っていたら教えてください。
posted by マメキチ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

海のチカラ

10数年ほど前、あたしがまだ社員としてお仕事をしていたころ、内海方面にお客様が多く、毎週のように車を走らせていました。
お客様は主に海苔工場だったり、干物工場だったり。
その中にちりめんじゃこ工場のお客様もあったのですが、あたしはその工場に行くのを特に楽しみにしていました。

工場の横に小さなプレハブのような店舗があって、そこにはちりめんじゃこや小女子だけが数種類並べられていました。とっても素朴な店です。
そこで毎回オフコン(まだパソコンじゃなかったんですよね(笑)の使い方を奥さんに指導していたのですが、そのお店の前は一面に広がる海。道路を隔てた向こう側すぐそこがもう海で、三河湾が一望できるのです。

奥さんが操作をしているのを待つ間、視線を上げるとそこは海。
雨でも曇ってても晴れててもそこは海。
ただ海がそこにあるだけなのに、なんだか穏やかな気持ちで仕事をしていたのを思い出します。

ある日、講習後に奥さんとお茶を飲みながら、「ほんとに良いところですね。」とあたしが言うと奥さんが言いました。
「海にはね〜、不思議な力があるのよ〜。この工場ではね〜、学校に行けなくなっちゃった子供を受け入れて、何人か働いてもらってるんだけど、毎日この海を見ながら働いているとみーんな元気になって、戻っていくのよ。」と。

先日、とってもお天気の良い日に内海方面に行ってきました。
渥美半島までくっきりと見える良い天気で、海は青く穏やか。
この海をぼーっと見ていたらその奥さんの話を思い出しました。

そうかもしれないな〜。そんなチカラがきっとあるんだろうな〜。

10数年前の奥さんの言葉が今あたしの心の中にしっかり落ちてくる気がしました。
内海

ところで、このお店のちりめんじゃこは半端じゃなくおいしいです。残念ながら安くはないです。でもおいしいです。スーパーで買うのとは別物です。(あ、スーパーで高いの買ったことないから分かんないけど(笑)

この日、久しぶりに行ってみたら店舗を広く改装して、ずいぶんと様子が変わっていました。テレビにも何度か出ちゃったりしてるみたいです。かなり個人的に思い入れがあるのでお店の名前はあえて出しませんが、師崎付近の海沿いを探せばすぐ見つかるでしょう。

相変わらずちりめんじゃこはおいしかったです。大量に買い込んでしまいました。
炊きたてのごはんにどっさり載せていただくシアワセ。ふふふ。

あ、もちろんエビフライも食べちゃいましたよ。
内海に行ったら定番ですから(笑)
エビフライ

ここ数日、イライラすることがあると目を閉じてあの海を思い出すようにしています。海のチカラがあたしを落ち着かせてくれますように・・・
posted by マメキチ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

奈良アルバム

春の奈良に行ってきました。
春の奈良、のはずでしたが、かなり寒かったです。そして、場所によってはものすごい混雑ぶり。世界遺産の宝庫ですもんね。
そして最近、奈良に限らず、観光地って外国人の団体が増えましたよね?
声が大きくて、マナーが悪くて・・・・。正直嫌悪感。
日本人も海外旅行に行くとこんな風に見られてるのかな〜、って思い、気をつけよう!と心から強く思います。

なので、なるべく人の少ないところを探しながらお散歩してきました。その中でもお気に入りの数枚をご紹介。

まずは東大寺。ここが一番人が多かったんですが(当たり前(笑)。
でも奈良に行って大仏さんを見ないで帰るわけにはいきませんから。ここだけは我慢で。
壮大で美しいです。建物も大仏さんも。
東大寺

「ならまち」と呼ばれる古い町並みには銭湯がたくさんありました。すんごく入ってみたかった。でもなんとなく怖くては入れない。
「あんた誰?」みたいな顔されそうじゃないですか、この雰囲気(笑)
銭湯

その「ならまち」の狭い路地を入ったところにある「かふぇ たまき」。ガイドブックでチェックはしていたのですが、外観を見て迷わず入店。かなりレトロです。決してイマドキのカフェではありません。昭和の香りがします。
たまき1
おしぼりがこうやって出てくるんですよ?いいですね〜。

独特の空間の中で妙に落ち着いてしまい、ぼーっとしてしまいました。かかってた曲、多分オールディーズ系だったと思いますが、それがまたとても心地よかったです。

ガイドブックによればこのお店のメニューはすべて手作りだとか。で、あたしが一番気になってたのはこれだ!
たまき2
「焼きぷりん」150円也。
ガイドブックでは100円になってたのですが、値上がりしたようです。値上がったって150円ですよ?
甘すぎない、キャラメルの苦さが程よく、シンプルでおいしいプリンでした。

もう少しあたたかい日に、そして人の少ないときに、またゆっくりお散歩したものです。
ならまち
posted by マメキチ at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

春の日に外で食べるごはん

先日、体調が良さげだったので足助に行ってきました。
その日は「中馬のおひなさま」のイベント中。足助の街のお店や家にたくさんのお雛様が飾ってあって、それを見てまわることができる、ってイベントで、ここ数年結構有名ですよね。

すっかり春らしい陽気でぶらぶらと歩くには最適な日。
地図を片手に歩きはじめると、あるお店の軒下に見覚えのある作品が。
「あ、名畑さんだ!」
お言葉作家の名畑さんが出店しておりました。
足助1

「こんにちは〜」と声をかけると名畑さんはお食事中。
お弁当、酢豚っぽいおかず、ミンチカツっぽいおかず、この3種をモリモリと食べておりました。かなりの量ですよ、これは。
「そこのスーパーのなんだわ〜。これだけが楽しみなんだわ〜」と。
んー、確かにかなりおいしそうだ。名畑さんが食べているからおいしそうに見えるのか?(笑)

しばらくぶらぶらすると、そのスーパーを発見。
スーパーというよりはちょっとあかぬけた商店、って感じ?いかにも地元の人が毎日通うような。
奥のほうに、お弁当をはじめ手作りのお惣菜がグラム単位で売られていました。あまりにおいしそうだったので、名畑さんの真似することに。
足助3.jpg
川沿いの道に降りて食べました。どうして外で食べるごはんってこんなにおいしいんでしょうね。のんびりゆっくり食べて、春を満喫です。

そうそう、肝心のお雛様。
この地方の特徴は「御殿」なんですって。おひなさまが御殿の中に入ってます。確かに初めて見ました。
足助3

足助の街は相変わらずほのぼののんびりで良いところです。春が似合います。桜の季節にまた来たいです。
足助2
posted by マメキチ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

お気に入りの場所

とっても寒くて風の強い日以外はほぼ毎日散歩してます。
いろんなコースを歩いてみてますが、だいたいてきとーに歩き出してしまうので、ふと気が付くと1時間近く歩いてたりして、帰り道はへとへと、ってことがよくあります。暗くなってきたりね(笑)

そんななかで、あたしのお気に入りの場所ってのがだいたい決まってきました。
まず一つ目。「長久手古戦場公園」。寄り道しなければ、うちからだいたい30分ぐらいでしょうか。歴史上有名な場所のようですが、それはさておき(笑)
古戦場
この石碑が建ってる場所が小さな丘になっていて、すぐ横にある桜の木の下に座ると、東方面の景色を望むことができます。
特になんてことない景色です。遠くに小さな山がみえて、手前にはトヨタ博物館、畑、工事現場、リニモの駅など、どちらかというと寂しい景色が見えるだけです。
だけどなぜかここに座るとホッとします。最近暖かい日も多いので気が付くと30分ぐらいぼーっとしてることもあります。
平日はほとんど人がいないので本当に静かで、鳥たちの声を聞いてるのもシアワセ。土日は家族連れでけっこう賑わっているので、その姿を眺めてるのもシアワセです。

二つ目。「色金歴史公園」。長久手は歴史の町なのですね。
ここまで歩くのはちょっと気合いがいります。でも行きたくなります。
色金公園
この公園もちいさな山っぽい感じなんですが一番高いところに展望台があるのです。そこからの景色は、意外にも遠くまで見晴らすことができて、ココロが広がっていく感覚になります。
こちらも平日はほとんど人がいないので、自分が枯葉を踏みしめる足音と鳥の声だけを聞くことができます。
展望台に座って、遠くに広がる景色と空を眺めながら飲むお水は最高です。もうちょっと近かったらな〜( ̄ω ̄;)

どちらも春になったらまた違った景色を見せてくれそうで、それもまた楽しみです。

ちなみにこれらの公園については長久手町役場のHPにも情報がありますし、いろんな方がそれぞれ紹介しているようですので、興味のある方は検索してみてくださいm(-_-)m

車でいつでも行けるわ〜、って思ってたけど、こうやって何度ものんびり訪れることになるとは思ってもみませんでした。きっとこういう場所って他にもあるんでしょうね。
これからも探してみます。楽しみです(⌒-⌒)
posted by マメキチ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

神様ありがとう。穂高連峰見えました。

9月11日。ってもう1ヶ月も前じゃん!
時の早さにびっくりです。

「笹屋」さんの反響がすごくてびっくりしました。
みんな良い宿はよく知っているのですね。
平日でも満室になっちゃうはずです。

雨でけむる信州を覚悟して出かけたこの旅行。
神様があたしにサプライズをくれました。

じゃーん!
上高地
あー。上高地から見る穂高の山々よ。あたしをちゃんと迎えてくれたのね。だって、前の日まで天気予報は雨だったんだよ〜。
久しぶりの再会だったよ。見ることができないと思っていたから、大正池に向かうバスの窓から姿を見たときはやっぱりウルウルしちまったよ。

穂高の山々を見て涙するのってあたしだけ?(笑)

前にもどこかで書いたかもしれませんが、穂高の朝焼けを見て大泣きしたことがあります。あんなに美しい景色が世の中にはあるのだな〜。神様からのごほうびとしか言い様がありません。

大正池から河童橋までぶらぶら歩いて、梓川の水の青さにまた深く感動。河童橋に近付くにつれてますます空は青くなり、初秋の姿を見せてくれました。
まだこのころ名古屋は30度以上あったんですけどね、この日の上高地の朝は上着を着ないと寒いぐらいのひんやりとした朝でした。歩いていてとても気持ちがよかったです。

やっぱりあたしにとっての一番の癒しは山、そして信州だなぁ。

おいしいごはんと、ゆったり温泉、そして山。
時々、写真を見ながらお仕事がんばっております。
posted by マメキチ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

よいです。白骨温泉「小梨の湯・笹屋」。

前回からの雨旅行がまだ続いております。9月10日。

安曇野でのんびりカフェタイムを過ごした後、今回の一番のお楽しみ、白骨温泉へ移動。
今回のお宿は「笹屋」さんです。

最近あたしがお宿を探すとき、ポイントにしてることのひとつは部屋数が少ない、ということ。部屋数が少ないということは人が少ない、ということ。お風呂はゆっくり入りたい、ごはんも落ち着いて食べたい、とにかく静かに過ごしたい、って思うのですよね。
そんなわけで、色々と探した結果、このお宿を予約しました。

温泉街から少し離れた一番山奥にあるこのお宿。
到着して車から降りると涼しい空気とびっくりするぐらいの静けさ。そして硫黄の匂い。
白樺の林の中にある小さなお宿はそれだけで、ここまで来た甲斐があるわ〜と感じさせてくれました。

お風呂は内風呂と露天風呂。ただし露天風呂は貸切制なので、誰かが入ってると入れません。空いていれば入れます。そして貸切にできます。
到着後、露天風呂はもう先客がいたため、内湯へ。
この内湯がとてもよい!
壁の二面が大きな窓になっているので、それを開け放してあると素晴らしい開放感。ほぼ露天と同じになるわけです。
ゆったりとした湯船に浸かると外には緑いっぱいの林。

あー。しーあーわーせーだーあああ。

内湯からあがると露天風呂が空いていたので、そちらも堪能。2,3人でいっぱいになっちゃうぐらいのこじんまりした露天風呂ですが、より緑に近付いた感じ。まさに林の中の露天風呂です。
ほんのり硫黄の匂いの白く濁ったお湯。足を入れてるだけで体がぽかぽかです。
(ちなみにこのお宿は数年前の入浴剤騒動の中の一軒だったらしい。今はきっとだいじょうぶでしょう(笑)信じてます。)

このお宿、ごはんもとてもよかった!
地元の食材を使った料理ばかり。これぞ旅行の醍醐味です。
その中でもあたしが特に気に入ったお料理はこれ。
岩魚の笹蒸し。
岩魚
岩魚の中に自家製の味噌をつめて笹の葉で包み、三時間かけて蒸すんだってよ!おい!(笑)
これはうまかった〜。岩魚食いてー、食いてー、って心の中で思ってたから願いが届いたんだな〜(違う)
他にも「ゆうがお」とか「高原ささぎ」など、初めて食べる野菜もあったりして、しかもそれがちゃんと美しく調理されていてとてもシアワセでした。
大皿に盛ってきて取り分けるってスタイルも個人的には好きです。

朝食は温泉粥。
笹屋朝食
そして鮎の一夜干し。
鮎食いてー、食いてー、って心の中で思ってたから願いが届いたんだな〜(しつこい)

三連泊してるのよ〜、っていうお客さんがいました。お風呂入って、本読んで〜、外にはほとんど出ないで過ごしてるのよ〜、と。気持ち分かります。そういう宿です。
値段設定もとても良心的。
おすすめです。

さて、露天風呂に入ってるころには空がオレンジに。
あれ?雨、やんじゃうの?天気予報は雨だったけど・・・。

次回は逆転ホームランの巻です。
posted by マメキチ at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

雨の安曇野もなかなかよい。

10月に入ると身動きが取れないほど忙しくなりそうな予感。ありがたいことです。
なので、9月のうちに旅行に行かなければ!ってことで、白骨温泉でのんびり旅行を企画しました。

9月10日。雨。やっぱりね。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ビエーン
はいはい、雨女ですよ。天気予報は11日も雨ですよ。はいはい。
信州方面に旅行に行くってーのに天気悪いとは残念無念。
あたしのココロを癒してくれる穂高連峰、白馬連峰の姿を見ることはできないわけです。

温泉にゆっくりつかり、おいしいものをいただくことだけを夢見て出かけることにしましょう。
安曇野方面に向けて出発。安曇野なら雨でも楽しめるところがありそうだったので。美術館やカフェがいっぱいあるもんね。

まずは「いわさきちひろ美術館」。
ゆっくり見ました。堪能しました。
以前ここに来たときは人の頭を見に来たのか?人混みを見に来たのか?絵はいったいどこにあるんだ?というレベルでしたが。
よかったです。とても広々とした良い美術館です。ちひろさん以外の絵本の絵もたくさん展示されていてとても楽しかったです。絵本好きにはたまりません。

安曇野といえば、蕎麦!蕎麦!
蕎麦の花がとてもきれいに咲いておりました。もうすぐ新蕎麦の季節ですね。
前にも書いたかもしれませんが、あたし普段は蕎麦って食べないんですよね。でもおいしい蕎麦は別です。ちゃんといただきます。
通りがかりに入ったお店は「早乙女」さん。
メインストリートからちょっと小路を入った林の中にあり、雨にしっとり濡れた静かな木々の中で食べるお蕎麦は最高です。
安曇野そば
野菜のかきあげとミニデザート付きで800円。
このかきあげがおいしかったんだな〜。かぼちゃとさつまいもがメインのかきあげなんですが、全然甘ったるくなくて、ちょうどよいホクホク感。お蕎麦屋さんの天ぷらっておいしいですよね。
もちろんお蕎麦もおいしかったです。とっても食感のしっかりとしたお蕎麦でした。
12時半にはもうお蕎麦が終わってしまったらしく、お店を閉めてました。食べることができてよかったです。

その後ちいさな美術館などをぶらぶらし、おやつターイム!
道路沿いにそそられる看板がたくさん立ってるんですよね。でも平日だったので、その内の何軒かはお休み。
たどり着いたカフェは「書翰集(しょかんしゅう)」というお店。
こちらも小路を少し中に入ったお店。緑の中に静かに佇んでます。
店内に入ると木の香りがしそうな雰囲気。天井が高くて開放感があります。
2階の席に通されたのですが、「図書室」があるんですよ。本を読みながらお茶することができるのです。
真空管を使ったオーディオからゆったりとした音楽が流れてました。
当たりですね。あたしは雨女ではあるが、こういうお店を見つける才能は認めていただきたい(笑)
安曇野カフェ
珈琲も紅茶も種類が充実。「ヌワラエリア」っていう紅茶を初めて飲みました。手作りのチーズケーキがとってもおいしかった。
本を読みながら何時間でもいたくなるようなお店でした。
シアワセをありがとうです。

さてこの後いよいよ白骨温泉へ。
続きは次回。

あれ?ラルクライブの続きまだ書いてないじゃん!
あたしってそんなヤツです(笑)
気長に待ってやってくださいまし。
posted by マメキチ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

山頂で昭和気分

伊吹山のお花畑に行ってきました。
伊吹山1
(今回、カメラの設定を接写モードのままで撮影しちゃったので、写真イマイチ。残念(泣)
あたしの実家から1時間ほどで行けちゃう高い山。しかも伊吹山ドライブウェイを使って車でね。歩くのは30分ぐらいです。標高1377mですから、涼しいです。

しかし、昔からよく行くんですけどあたしってば伊吹山運がないらしく、山頂で青空を見た記憶がありません。いつも霧の中にいます。

今回も例外ではなく、深い霧がたちこめておりました。が、風が強かったので、時々晴れるのですね。その瞬間の景色といったら!もう!
やっぱりあたしは山が好き。気持ちが癒されますね。
夏山の空こそが、あたしにとっての夏の空です。
伊吹山2

さて、この伊吹山。山頂付近の売店はかなりレトロな雰囲気が漂っております。いや、山小屋とか山の売店でアカヌケてるお店自体が少ないのはよーく分かってるんですけど、それでもここはかなりレトロですよ。一気に昭和にタイムスリップできます。
伊吹山4
この箸立てを見よ!
そして、なぜかこういうお店に入るとおでんを食べたくなるあたし。

おみやげもいい味出してますよ〜。
お人形さんの横に温度計がついてる、みたいな置物とか。イメージできますか?
昭和の香りのする品たちがディスプレイケースに並んでいます。
伊吹山3

ちなみに駐車場付近にある売店は、こんなにレトロではありません。ちゃんと平成の香りがします。
しかし、あえて山頂付近でおみやげを買ってみよう!
それこそが伊吹山の本当の楽しみ方なのだ!(嘘)
posted by マメキチ at 20:42| Comment(5) | TrackBack(2) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

おんぱく

7月29日、「おんぱく」に行ってきました。
おんぱく

長久手文化の家で行われた子供のための「音のテーマパーク」です。
アキゾウとその息子のこうきについて行ってきました。

アキゾウとあたしは小学生のときから同じピアノの先生のところに通い、中学生のときにはクラブは違ったものの、彼女はフルートあたしはバイオリンで一緒に演奏したことあり、という音楽仲間でもあるのだ。
そんな母親に育てられているこうきも音楽大好き。ピアノが大好きな小学1年生です。

さて、「おんぱく」は、長久手文化の家を丸ごと1日使って子供たちに音楽を楽しんでもらおう、という企画でした。
「金管楽器の部屋」「弦楽器の部屋」など部屋ごとにテーマが決められていて、それぞれ演奏を聴いたり、楽器に関する説明を聞いたり、楽器を触ったりすることができます。
サブテーマは「情熱のボレロ」。なので、どの部屋でもラヴェルの
「ボレロ」を基本に演奏します。頭の中はもうボレロでいっぱい。

そして4時からは一番大きなホールでコンサート。各部屋に散らばっていた楽器たちが集合して演奏会です。
演奏は「愛知室内オーケストラ」の人たち。
久しぶりにオーケストラの演奏を生で聞いたな〜。「アルルの女」が懐かしすぎてとてもよかったです。中学のとき演奏したんだよね〜。

最後はもちろん「ボレロ」。昼間に各部屋で練習した踊りや、作った楽器を使って、みんなで参加します。何もない子は手拍子です。これがとっても楽しかったです。

500円でこんなに楽しめるとは!
多分、大人のあたしのほうが楽しんでたな(笑)やっぱり弦楽器の音を聞くと感動します。こうきがバイオリンに興味を持ってたのもうれしかったです。
音楽好きの子供たちがたくさんいて、楽しんでいる姿を見てとてもシアワセな気持ちがになりました。

子供向けのコンサートなので騒がしくて当たり前。500円だしね。でもやっぱりちゃんとしたのも聞きたい!
ということで、発売中だった「宮川彬良」さんのアンサンブルコンサートのチケット買ってきちゃいました〜。んー。今から楽しみです。

時々はバイオリン弾いてあげないとな〜・・・・。
posted by マメキチ at 23:07| Comment(9) | TrackBack(1) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

UFJじゃないよ

先日初めて行ってきました、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
名古屋からなら日帰りで行ける距離なので、いつでも行けるわ〜と思っていたのですが、オープンしてもう5年もたっていたのですね。
USJ1.jpg
行くなら絶対に平日!と決めていたのでなかなかチャンスがなかったのですが、気候のよいこの時期に無事平日に行くことができました。

それなのに、あー、それなのに、なぜか子供連れの人たちがいーっぱい!
どうやら運動会の振替休日の方が多かったようです。あー予想外予想外。
なので、どのアトラクションもしっかり60〜90分待ちでございました。

それでもユニバーサル・エクスプレス・パス ブックレット」という特定のアトラクションに優先的に入れるというチケットを購入し、丸一日しっかり楽しみました。

あたしの一番のお気に入りは「ウォーターワールド」。水上で行われるショーですが、これはもうワクワクドキドキキャーキャーでとっても楽しい時間を過ごすことができました。これなら少しぐらい待たされても価値がありますね。次に行ったら絶対にもう1度見たい!やっぱりテーマパークの醍醐味はショーですね。

逆に一番笑っちゃたのが「ジョーズ」。なんだ!あのちゃっちージョーズは!爆笑!ある意味おもしろさNO.1。今でも思い出すと笑えます。いくら子供向けだったとしてもあのジョーズはちょっとないんじゃ・・・。同じ子供向けでも「E.T」はほのぼのしてなんだか微笑ましかったです。

そうそう、多くの人がおすすめしてくれた「スパイダーマン」ですが、もう、とっても怖かったです。絶叫系が苦手なあたしには恐怖の時間でございました。ほとんど目つぶってたんで、意味ないです。降りたら足ガクガクしてました。でもなんだか気持ちのワクワク感だけ残って微妙に楽しかったです。多分次回の乗っちゃうでしょう。意味ないのに(笑)

ハロウィン時期のUSJはかぼちゃがいっぱいでとってもかわいいディスプレイでいっぱいでした。ハロウィン時期限定のショーもやってましたが人多すぎで見れず。もちろんあたしはハロウィン気分を満喫しちゃんとグッズも買っちゃいました。
エルモ
エルモかわえー。

ところで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは略して「USJ」って言いますよね。あたし、どうしても「UFJ」って言っちゃうんですが。「USJ」って発音する前にすんごく頭を回転させて、注意深く発音しないと「UFJ」になっちゃいます。銀行ですがな。あまりにもコテコテのミスで恥ずかしいですよね。「UFJ」って言っちゃうのって。しかも今さら、しかも毎回。
ということで最近は「ユニバーサルスタジオ」って発音することにしています。変に略すとあたしの頭は追いつかないようです。

ユニバーサルスタジオ、もうクリスマスの準備してました。
このツリーかなり大きいです。かなりいい感じになりそうです。
ぜひクリスマス時期にも行ってみたいものです。
USJ3
posted by マメキチ at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

さーて、今回のハプニングは〜?

母親と旅行に出かけるとハプニングに見舞われる。

九州旅行ではマイナス8度の阿蘇山。吹雪の中の露天風呂。極寒の中の柳川下り。そして帰路も雪であわや羽田空港に着陸か、と揺れに揺れた飛行機。恐怖で頭真っ白。そして名古屋到着後も雪により道路混乱。

でも、雪の中の露天風呂ってとっても気持ちいいんだ〜。
忘れられない黒川温泉。

福井の芦原温泉への旅行では当日台風直撃。キャンセルしようと宿に電話を入れたら「こちらは雨も降っていません。」ということでキャンセル料を請求されたため、じゃあ、行くか〜、と渋々出発。夜中に福井を台風直撃。そして朝起きたらなんと停電。ちょっと暗めのお部屋で朝ごはん。おまけにあたしの愛車「かめを」が雨に打たれすぎたせいか、ウインカーが超高速モードになった(笑)

でも、カケ流しの温泉、最高だったな〜。
芦原温泉、昔から好きです。

前回のブログにも書きましたが、突然まとまった仕事がキャンセルになりぽっかり空いた9月の中旬。近場でいいのでのんびりしましょう、と母親と下呂温泉に急遽お出かけ。泊まったお宿は「みやこ」さん。とっても感じのよい、絶対にまた行きたいと思うお宿です。名古屋に住んでいる方なら近いし、とっても静かでのーんびりできます。おすすめです。

さーて、今回のハプニングは〜?(サザエさん風に)

宿に到着したらまず温泉!温泉!お風呂!お風呂!
貸切の露天風呂が2つあったので、まずはそちらをのんびり制覇。
その後、大浴場へ!わくわく。
ん?露天風呂のお湯がみょーに少ないんですが・・・。足首より少し上までしかない・・。
先に入っていたお客さん二人が「なんか少ないんですよ〜」って困り顔。「これってこういうものなんですかね〜?」と、母親を交えて4人でしばし相談。
最近流行りの足湯風なんでしょうか?足湯にしては深すぎるよね?でもお湯を入れ忘れてるってことあり得るかな〜?
「ねえ・・・なんかどんどんお湯が減ってない?」
ほんとだ!さっきより減ってるよ!これは完全におかしい!

フロントに電話だ!と思ったけれど電話が見当たらず。仕方なく内湯に入ってとりあえず温まる。内湯も明るくて気持ちよかったけど。やっぱり露天風呂につかりたいよね。

お風呂から出るとフロントへ。
「すみません、大浴場の露天風呂、すごくお湯が少なかったんですけど、ああいうもんなんですか?」
「え?え?あ、あの、露天風呂ですか?」(かなり動揺)
「はい。足首ぐらいまでしかなかったんですけど。」
「え?あ、そうですか・・・あ、あの、

栓が抜けてませんでしたか?

「え?せ、栓・・?ど、どうだったかな・・・、っていうか、栓ってどこにあるんですか?」
「あ、も、申し訳ありません、すぐに女性の者に行かせますので。」
「あ、はい。お願いします。」

こうしていったん部屋に戻ったあたしたち。
しかし・・・、栓が抜けてませんでしたか?って・・・。
ぎゃはははははは!知るか!そんなん!なんであたしたちが宿の風呂の栓の位置を知ってんだよ!しかもあんな広い風呂で!
フタッフの人もかなり動揺してたんでしょうね〜。
栓が抜けてませんでしたか?って。ぎゃははははは。

とってもおいしい夕食をとっても素敵な個室でいただいた後、もう一度露天風呂に行ってみると、なみなみとお湯が張られていました。緑いっぱいのお庭を見ながら肩までお湯につかれるってシアワセ。
そして、お風呂の隅の方に栓を発見。これが抜けてたのね。なるほど。
たぶんこれからあたしはどの温泉に行っても栓を探すでしょう。

食事のあとお部屋に戻ったらお夜食が置いてありました。笹寿司です。おなかいっぱいで食べられなかったけど・・・(p_q*)シクシク
でもこういうのってシアワセですよね。
お夜食
posted by マメキチ at 21:44| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

やっぱり山が好き

数年前までは夏になるとほぼ週末ごとに近くの山にでかけたり、まとまったお休みを取って長野方面の山に登ったりしていましたが、仕事が忙しくなったりお天気に恵まれなかったり、いろんなことが重なってしばらく山に行っていない日々が続いていました。
訳あって9月初旬から中ごろにかけて急に少しまとまったお休みを取ることができたので、9月とは言ってもまだまだ残暑厳しかった9月のはじめ、涼しいところに行きたいな〜、というころで朴の木平にコスモスを見に行ってきました。
車から降りると日差しは厳しいもののひんやりした空気で秋の気配をたっぷり感じることができました。
夏休みが終わったばかりの休日だったせいか、思ったより人も少なく、ぶらぶらとコスモス畑を散歩していると、心から癒されるような気持ちになりました。
朴の木平

朴の木平からは乗鞍スカイラインを走るバスが出ています。数年前まで車で行けた乗鞍ですが、今はマイカー規制のため、バスかタクシーでしか走ることができません。乗鞍まで行くつもりはなかったのですが、お天気もよさそうだし、ちょうどバスも来る時間だったので、登ってみることにしました。
マイカー規制がなかったころは時々登っていた乗鞍、数年ぶりで懐かしかったです。空の青さが声が出てしまうほど気持ちよくて、登るにつれて見えてくる岩肌があまりにくっきりしていて、画像修正された絵葉書みたい。

バス停から少しだけ見晴らしのいいところまで15分ぐらいで登ることができるようになっているのですが、そこから、槍ヶ岳や穂高連峰が雲の切れ間からはっきりと見ることができて
「あー!山が好きだああああああ!」
と叫びたくなりました。
絶対に下界にはない澄んだ空気と山独特の静けさは、久しぶりに山に来たあたしの心にしっかりしみて、あたしは本当に山が好きなんだな、としみじみと感じました。

あたしみたいにたいしたストレスのない人でも、本当に心が生き返ったような気持ちになりました。今でもあの景色を思い出すだけで元気がでるような気がします。
人間、息抜きって必要なのですね。
乗鞍
posted by マメキチ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。