2007年12月31日

健康が一番です

マメキチはめまい持ちです。
こう言うと結構な確率で「あたしもー」って言われます。
世の中にはめまいで苦しんでる人って多いのですね。

さて、あたしのめまいは「良性突発性頭位めまい」という病名がついています。詳しい病状は別として、まー、つらい。これが起こるとかなりつらいです。ぐるんぐるん回りますので、当然気持ちが悪い。
しかもいつ起こるか予想がまったくつかないため防ぎようがない。一旦起こるとあたしの場合は薬も効かず止めようがない。

数年に一度起こるのですが、それが今年最後にやってきました。

ということで、なんといっても健康が一番ですね。
今年はたくさん仕事をさせていただいて、時間的にも精神的にも追い詰められたことも多かったのですが、それがこういう形で跳ね返ってくるとは。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

おまけにそのおかげでお店の更新回数がかなり減ってしまいました。

来年は健康を第一に考えなさい、という神様からの警告ですね。
あたしらしくのんびり行きます。

皆様、今年も一年お付き合いいただきありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

写真は名古屋駅のイルミネーション。
ちょっと遅れちゃいましたが。
200712161844000.jpg
posted by マメキチ at 18:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

鑑賞記録

ブログお休み中に、BROAD BEANSのお店では新作をUPしております。
「柴田礼美」さんの「すかし」シリーズです。
独特の世界を持った柴田さんの陶器は持っているだけで、自慢したくなる雰囲気があります。
どうぞごゆっくりご覧ください。

http://www.b-beans.com/goods/shoptop.htm

さて、この秋(ってもうすっかり冬ですがな)マメキチは色々と鑑賞しました。鑑賞記録を残しておきましょう。

2007/10/26
宮川彬&アンサンブルベガ」コンサート
長久手文化の家にて

宮川彬さんといえば、NHK教育テレビの「クインテット」のあのピアノの人ですよね。その他、時々テレビでお見かけします。
コンサートもまさにあのテレビの通り!
「音楽にジャンルはない」「音楽を楽しむのに決まりはない」という宮川さん本人のお言葉のとおり、いろいろな音楽を気楽に楽しめるコンサートでした。
途中「音符の国ツアー」というちょっとした豆知識コーナーがあって、それがまさにテレビで見る宮川さんそのままでうれしかったです。そしてそういう豆知識コーナーで知識を得た後に聞く音楽って楽しいのですよね。

隣の隣の席に座っていたおばちゃんが、曲や歌をくちずさむのだけは勘弁して欲しかったですわ・・・( ̄ω ̄;)

10/28
キャバレー
愛知厚生年金会館にて

松尾スズキ脚本の「キャバレー」。もちろんお目当てはMC役の阿部サダヲ。
このチケット取るの大変だったな〜。職場の仲間が情報を色々とくれるも、すべて取れず。最終的には仕事で電話予約ができない日程だったため、アキゾウにチケットを取ってもらったというあたしにとって貴重な公演。
音楽が生演奏ってとこがよかったですね〜。たくさん笑ってとても楽しい舞台でした。時々垣間見えるシュールなセリフや演出は、松尾スズキワールドってやつなんでしょうか?
そしてあたしの大好きな秋山奈津子さんがとてもとてもよかったです。あの女優さんはあたしを裏切りません。

それにしてもさ〜、あの席でS席ってどうよ?あれはどう見てもA席でしょう。
1階の前の方には阿部サダヲや他の役者さんが降りてきて演技するのよ?それと同じ金額ってねぇ・・・・。納得できねー!
座席位置ってほんとその舞台の印象を大きく変えますよね。

11/3
川井郁子」 Concert Tour 2007
飛島村中央公民館

昨年の文化の日には同じ場所で「ウェイウェイ・ウー」さんの二胡のコンサートを見ました。今年は「川井郁子」さんのバイオリンです。
この飛島村のコンサートはとにかくお値段が安い。前売り券なら1500円なのですよ。有難くて素晴らしいことです。

とにかく本当に美しいお方でした。赤いドレスに身を包み、情熱的に演奏する姿は身動きができないほど見入ってしまいます。
曲間のトークは上品で物静か。ステキな女性ですね〜。
ステップを踏みながらバイオリンを演奏するってかっこよすぎます。
ピアノとギターのついた構成だったのですが、このお二人もとてもとても素晴らしかったです。
やっぱりバイオリンってソロでがんがん情熱的に演奏するのが良いです。あたしの好きなパターンです。

このコンサートを1500円で見れることには感謝しないといけないわけですが、弊害もあります。それはお客さんのマナーの悪さ。
子供が声を立てる、咳が止まらないのに出て行かない、演奏中に話す。はあ・・・・(-。−;)

12/16
アイーダ
新名古屋ミュージカル劇場

2回目です。前回はお仕事仲間であり先輩であるなおみさんに無料招待したいただいたのですが、今回は友人と二人で鑑賞。
上にも書きましたが、座席位置によってこんなに印象が変わるものかとびっくり。
前回はとてもステージに近かったので、衣装の美しさや役者さんの表情に見入ってしまったわけですが、今回は少しだけ離れてそして真ん中で全体を見ることができたため、セットの美しさ、音の迫力などを楽しむことができました。
個人的には今回の「アイーダ」さんと前回の「アムネリス」さんで見たかったな〜(笑)

同じ舞台で演者が変わるのを見るのって初めての経験だったのですが、これもびっくりです。それぞれのキャラクターのイメージが少し変わっちゃいますよね。当たり前ですが。同じ舞台なのに違う舞台を見ることができてお得な感じです。

さて、年明けには三池崇史作の「座頭市」が控えております。「座頭市」は阿部サダヲ狙いで。
おっと、ラルクのライブも忘れちゃーいけません。
今週は埼玉で狂ってきますっ!
posted by マメキチ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

驚きの学習発表会

先日、小学4年になる甥っ子の学習発表会に行ってきました。
たまたまたその日実家にいたので、行ってみようと。

あたしには子供がいないので、最近の学習発表会というものを目の当たりにして驚きの連続。
まず、1学年で1つの出し物。これは学校によって差があるみたいですけど、あたしの学校は1クラス1つだったのですよ。
そして、生徒たちは他の学年の出し物を鑑賞しない。あくまでも親たちの前での発表なのですね。
さらに、全員にほぼ平等に振り分けられた役とセリフ。
いつも「その他大勢」の役しかもらえなかったあたしにとっては羨ましい限りです(笑)

さて、その親たちの奮闘ぶりが、あたしにとっては新鮮そのもの。
まず、カメラの場所取り合戦。これは噂には聞いたいたけど、目の前で見ると驚きですね〜。ちゃんと「カメラ席」って作ってあるってのもびっくり。
学年の入れ替えと同時に親たちも入れ替わるのでそのタイミングがもう大騒ぎさ。
あたしも母親(甥っ子からみるとばあちゃん)と一緒にできるだけ前の方の席をキープ。
しかし、目の前の席には巨大な男性が。ビデオカメラを三脚でしっかりセットし、スタンバイは万全のご様子。
ふと横に目をやると同じような男性がずらりと陣取っておりました。お父さんたち!すごいぞ!

あれ?そういえばあたしの父親(甥っ子からみるとじいちゃん)がいない・・。キョロキョロ。
・・・・。後方のカメラ席でしっかりスタンバっておりました。あたしの弟(甥っ子からみると父ちゃん)とふたり並んで。微笑ましいですな。

さて、出し物の劇がはじまりました。
劇自体は「学習発表会」にふさわしく、あたしも勉強になるわ〜といった内容、子供たちも一生懸命演じてる姿が微笑ましく、叔母のあたしも感動しました。

が、劇がはじまった途端に飛び交う声にこれまた驚きの連続。
「どこ?どこ?」
「まだ?まだ?」
「出た!出た!」
「あー!うしろ!うしろ!」

あなたたち・・・劇の内容はどうでもよいのですね・・・(^_^;)

まあ、そういうあたしも甥っ子が出てきた瞬間その姿に釘付け。
「セリフは3つ」と前もって聞いたいたので、それがちゃんと言えるかどうかだけに集中。気がついた時には彼の姿はもう舞台にはなく、どんな役だったのか、さっぱり記憶になし(笑)

出番が早めだったおかげでその後は劇鑑賞に集中できたわけですが、それと同時にかなり客観的に親御さんたちの姿を観察することができちゃったわけです。

あたしの目の前に座っていた巨大な男性は娘さんの登場と同時に、カメラも駆使。ビデオカメラのズーム、カメラのシャッター、ビデオカメラのズームアウト、カメラのシャッター、すごい動きです。すばらしい。彼の娘さんがどの子なのかすぐに分かりました。

となりに座っていたご夫婦は、ちょっとした夫婦喧嘩を展開。
「あれ?あれ?出てきた?出てきたんじゃない?」
「どこ?どこだ?」
「あー!一番右!暗いわ〜」
「あー?右?そうか?あれか?」
「あ〜!もう終わっちゃった〜ぁ!写真撮れた?」
「撮れるわけないだろう!あんなすぐ引っ込んで!」
「だめじゃーん」
「どの場面に出るのか、なんで聞いとかんのだ!」
「そんなこと聞いたって分かるわけないでしょう!」

まだ劇は普通に続いてるんですが・・・(^_^;)
確かに自分のお子ちゃまの写真が撮れないのはショックなんでしょうけど〜。喧嘩はやめてください。

そんな小さなドラマがいたるところで繰り広げられていて、それがあたしにとっては非常に興味深く、そして、小さなシワアセのかたまりがいたるところに漂っているのを感じ、ぷぷぷっと笑いながらも暖かい気持ちになりました。

あたしが子供の頃とはずいぶん変わった風景ですが、まあ、平和な風景ですよね。

しかし、マナー違反はいけません。
立ち入り禁止のところに入って写真を撮ったり、子供のセリフが聞こえないほど大きな声で話したり。
客観的に見てる分、それがちょっとだけ残念で違和感を感じました。なんでもかんでも「子供への愛情」では片付けられないと思うのです。

それにしても自分が通った小学校懐かしかったな〜。
帰り道思わず「校歌」を口ずさんでしまいました。
意外にちゃんと歌えるものです。
posted by マメキチ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ロープウェイも?

あたしが人生で最初に飛行機に乗ったのは22歳のとき。恐怖心は確かにあったとは思うけれど、機内で知り合った友人たちとワイワイやってるか、眠っていたか、しか記憶がありません。
その後、何度か飛行機に乗る機会があったわけですが、回を重ねるごとに恐怖心が大きくなっていることに気がつきました。特に怖い思いをしたってこともなかったんですけどね。

30歳を越えた頃には、飛行機に乗る前から心臓はバクバク。緊張して食欲がなくなり、口数も少なく。離陸してからも、少し揺れるたびに心臓が跳ね上がり、手には汗がじっとり。眠ろうとしても、あの下に少し落ちる感じ(わかりますか?)を味わうたびに目が覚めて眠れない・・・。行きと帰りの飛行機があたしにとって大きなストレスになっていたのです。

最後に飛行機に乗ったのは九州旅行から名古屋に帰るとき。3年ほど前でしょうか。天候は雪。吹雪でした。

「天候が悪く名古屋空港(当時)に着陸できない場合は成田空港に着陸いたします。」とアナウンスが。

え・・・。そ、そんなに危険な状態なの・・・?(; ̄Д ̄)

どきどきどきどき・・・。
あたしの心臓は搭乗前にすでに限界状態。
このままここに一泊して次の日朝一番の新幹線で帰りたいっ。
しかしそこまで行動を起こす気力すらなく、ほとんど硬直状態で飛行機に乗り込みました。

離陸後、特に揺れる様子もなかったのですが、シートベルト着用のランプは消えず。
なんで?なんで消えないの?これから揺れるってことなんですか?そうなんですか?

CAのおねえさんが配ってくれた飲み物にも口をつけることができず、硬直したまま、恐怖で倒れそうなあたし。

そのとき機長からアナウンスが。
「乗務員も着席しシートベルトを着用してください」

ええええ?じょ、じょうむいんも?なんで?なんで?

更に恐怖心をあおるCAさんたちの会話。
「え?わたしたちも?どうしてだろう・・・?」
「ねー・・・・?」

ええええ?こんなことめったにないってこと?CAさんも驚くような機長からの指示なわけ?ってことは、この飛行機・・・、ぜーったいこれから何かが起きるんだあああああ!

いやだあああああああ!

CAさんも着席し、シーンと静まりかえった機内。
飛行機は確かにゆらゆらと揺れ続けていました。それでも特に大きく揺れることはなく着陸態勢へ。前方のモニターでは名古屋空港の滑走路が映し出され、着陸の様子を見ることができるようになっていました。
怖いのにその画面から目を離せないあたし。
硬直したままその画面をじーっと見つめ続けました。
ゆらゆらと揺れながら、それでもちゃんと滑走路に向かって下降。大きな衝撃もなく、いつも通り着陸。
そう何も起こらなかったのです。何も起こらなくて良かったわけです。

でも、その瞬間、半分腰が抜けたあたしは思いました。
もう2度と飛行機には乗れないかもしれない・・・。
こんなに旅行が好きなのに・・・。

その予感は当たりました。今あたしは飛行機に乗るかも、と想像するだけで心臓がバクバク。
もう1回、ハワイに行きたいな〜(⌒-⌒)って、思った直後に、
飛行機・・・。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
心臓バクバクです。

そして、そして、なんと悲しいことに、それは飛行機だけにとどまらなかったのです。

ここからが本題(笑)

先日、三重県の御在所ロープウェイに乗りました。
小さいころから何度も乗ってるロープウェイです。
今まで怖いと思ったことなんて一度もなかったのです。どちらかというと絶景最高!って感じだったのです。

しかし、その日は怖かった。とても怖かったです。
飛行機に乗ってるときとほぼ同じ。ただ、時間が短かったのと、何度も見ている景色がそこにあるので、少し安心できた、ってだけです。
「ここが御在所ロープウェイのハイライトです。地上からの高さが約1000m!日本一の高さです!」
って、その親切な解説はいらーん!

もう2度と乗れないかもしれない・・・。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

もしかして観覧車も・・・?

悲しすぎます。あたしはいったいどうしたらいいのでしょう?
年を取るって、いろんな経験を重ねて成長していくだけじゃなくて、経験が何かを邪魔をするってこともあるのですね。
はあ・・・・(p_q*)シクシク
posted by マメキチ at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

うだうだ夏休み

マメキチの夏休みは実家でうだうだで終わりました。
1週間の様子をご報告いたしましょう。

ヨシヅヤにお買い物。
ヨシヅヤ、ああ、ヨシヅヤ。いつぞやの記事にも書いたと思いますが、愛西市周辺の皆様の憩いの場。それはヨシヅヤ。開店と同時にヨシヅヤ。だって、出遅れるととっても混むのですよ。日用品2割引!って魅力的なセールをやってたので毎日のように行っちゃいました。

勉強、のつもりが昼寝。
ヨシヅヤから戻り、お昼ご飯を食べたら勉強タイム。秋に受験予定の資格があるのでお休み中に集中的に勉強予定。ちゃんとテキストを持って行ったのですよ。
しかし・・・・。数行、文字を目で追った瞬間・・・ガクンッ。おっとあたし今寝てた?いかんいかん!
書こう、とにかく書こう、書いて覚えよう。ガクンッ。あれ?あたし、また寝てた?
てな感じでまったく進まない勉強。
「明日からちゃんとやろーっと」とエアコンの下でタオルケットにくるまって寝るシアワセ。あー、シアワセ。

食った、食った、夜ごはん
本当は旅行に行きたかったけど、どこに行っても人が多いから・・・。と、今年は旅行なし。そのかわりごはんはおいしいものを食べよう!と連日連夜、食った、食った!
もちろん両親の支払いで・・・(小声)
毎日のように外食、しかもあたしの好きなものばっかり〜♪
にくにく
これはある1日の食事。肉ですよ、肉。うふ。
日本料理の会席です。蟹とお肉をメインにしたお料理をいただきました。あーシアワセ。おいしいものを食べてるときが一番シアワセ。
あれ?ビリーってなんだっけ?(笑)

おでかけ
毎年恒例の長島スパーランドの花火にでかけました。意外にきれいなんですよ。30分間しかやらないんですけど、近くで見れるので迫力があります。最後のスターマインはあなどれません。
しかし、今年は暑かった。駐車場から会場まで歩くのがあんなにつらかったのははじめてですね。この日の最高気温は名古屋37度。夜になっても気温が下がらず、飲み物でおなかがいっぱいで食欲も出ず、ある意味思い出に残る花火大会でした。

さて、もうひとつ。
木曽三川公園が夜間開放されてると聞いて出かけました。
木曽三川公園のキャラクター「ままず君」です。
ままずくん
「どうして『ままず』っていうんですか?」とインフォメーションのおねえさんに聞いたところ、「この辺りで有名な『なまず』の『な』を『ま』に変えたものです」
って、そんなの分かっとるがな(笑)
どうして『な』が『ま』になったのかを知りたいんですが・・・。

「特に『ま』に意味はありません」

えええええええ?

イベント自体はまったくつまらないものだったのですが、タワーから見えた夜景と濃尾花火大会の花火がとってもきれいで、それは予想外だったのでシワアセでした。

ままず・・・・ままず・・・気になる・・・。

明日はラルクのライブです。とても楽しみです。
何着てこうかな〜♪
お気に入りのパンツをはいてみたら・・。
ぎゃああああああ!ビリーィィィィ!助けてぇぇぇぇ!

以上、夏休み報告でした。
posted by マメキチ at 16:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

最後の日

日々いろいろなところにお仕事に行かせてもらっていますが、7年前からずーっとお世話になってる職場がひとつありまして、本日そのお仕事の最終日でした。
先方からはずっと続けて欲しい、と言ってもらえてそれはとても有難いことなのですが、自分の本当にやりたい仕事ではなかったので、そろそろ辞退させていただこう、ということで決意したのでした。

自慢じゃないですが、7年間も同じところに通ったの初めてなんです。とは言っても週に1〜2回、しかも夏休みと春休みがとっても長いお仕事だったので、普通のお勤めに換算すると1年ちょっとなんですけどね(笑)

でも、確実に7年間の時は流れたわけで、職場の景色も初めて行ったときとかなり変わりましたし、関わった人達の顔ぶれも変わりました。
PCのスペックやOSのバージョンも進化して、そのたびに随分と勉強させてもらいました。

自分だけが何も変わってないような気がするんですが・・。
いや、若さとかそういう意味ではなくて、「成長」って意味で。

とにかく「別れ」が苦手なあたしとしては今日はちょっぴりさびしい日でした。仕事内容とは別に、この「場所」があたし好きだったのです。愛着が湧いてたんでしょうね。だからこの場所と別れるのが思ったより悲しかったです。
しかし、自分で決めたことですし、この経験に感謝して、次のステップに進むしかないですね。

あたしの好きだった風景。秋に撮った写真です。
見る人が見たらどこか分かっちゃうんですが・・・。
拡大してよーく見ると三日月が出てるんだよー。
秋は夕焼けと紅葉がとてもきれいな職場でした。
景色

さて、しんみりするのはもう終わりにしましょう。
ビリーやるぞ!ビリー!腹筋割るぞー!(意味不明)
posted by マメキチ at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

陶芸家マメキチ

少し前にマメキチは陶芸家になりました。1時間ほどね(笑)

場所は岐阜県美濃加茂市の「日本昭和村」。昭和時代の里山を再現したテーマパーク(ってほど立派ではないが(笑)ですね。人が少なければ土も緑も川もある、のんびりぶらぶらするにはちょうどよいところです。そしていろいろな体験ができます。

ここでマメキチは手動ロクロで陶芸に挑戦!
ほんとは予約しないといけないらしんですけど、あまりに人がいなかったので飛び込みでOKだったのでした。
いかにも陶芸家〜って感じの先生に教えてもらいながらいざ製作開始!

ロクロ使うの始めてだからわくわくです〜。

まずはロクロを回しながら指を下から上に移動させて、土を均等に伸ばしていく練習。先生が作ってくれた湯のみの基本形を使って練習します。

あかん・・・・この時点であたしゃ自分の不器用さを呪ったよ。
せんせー!できませーん!
先生の説明は頭では分かるんだけど、イメージの中では完璧にできてるんだけど、ロクロを回しはじめると何やってるかよくわかんなくなっちゃうの〜(バカ)

不器用でもバカでも先生は教えないといけないのです。かわいそうです。時間も限られてるしね。

では、いよいよ自分の作品作りに取り掛かります。
マメキチはコーヒーカップに挑戦。持ち手は先生がつけてくれる、ってことは確認済み。

先生が基本となる形を作ってくれるので、さっきの練習を応用して自分の好きな形に変えていきます。
「こういう形にしたい」と絵に書いて先生に見せると、こうやってするといいですよ、とアドバイスをくれます。

ふむふむ・・・。しばし集中・・・。

先生:「さっき言っとた形とぜんぜん違ってきとるけど」

なぬ( ̄□ ̄;)!!

マメ:「えーっと、これでいいです!こっちのがいいです!ほんとはこうしたかったんです!」(言い訳丸出し)

なんとか形になった作品を高さと厚みを調整してもらいます。
粘土にぐりぐりっと模様を入れ、ロクロから切り離してもらい、完成!
カップ

しかし・・・ほとんど先生がやっとるがな(笑)

まあでも体験ですからね、こんなもんです。
パソコンの市民講座でハガキ作成したりすると、あたしの作品になっちゃうことよーくありますから。

約1ヵ月後、完成品があたしの手元にやってきました。
カップ完成

いーじゃーん!いーじゃーん!大満足。
うしろはお友達が作った湯のみです。いーじゃーん。
釉薬に黄瀬戸を選んだのは正解だったな〜。
せんせー、きれいに持ち手をつけてくれてありがとう。

昔はよく瀬戸の陶磁器資料館に作りに言ってたんですけどね。最近行ってなかったので、また行きたい熱が再発してます。

でもあたし、ロクロより手びねりのが向いてるかもな( ̄ω ̄;)
posted by マメキチ at 19:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

美容院で渡される雑誌

美容院に行ったときに雑誌渡されますよね?髪切ってもらってる間、カラーリングの間、パーマの間、など。あれのお話です。

先日美容院に行ったあたし。予約時間より少し早く到着したので、かわゆくておしゃれな受付のおねーさんに、「かけてお待ちください」とにっこり笑顔で言われ、ソファに腰掛ける。
しばらくするとそのおねーさんが、「こちらお読みになってお待ちください」とにっこり。「ありがとうございます」とあたしもにっこり。

テーブルを見ると二冊の雑誌。一冊目は「CREA」。現実味のないことばっか書いてあるからそんなに読まないんですが(笑)
それより問題はその特集。
「あなたの知らない秘密の韓国」
「ペ・ヨンジュンの足跡を辿る徹底ガイド付き」

なんかなぁ…。
うつみ宮土理と森昌子の顔が頭に浮かぶ。

「マストで行くべき韓国グルメのショップリスト」

出た!この表現!最近ありがちだよね〜。
なんだよ、「マスト」で行くべきって!変なの(笑)

まあでも、これは店員さんに罪は無い。
二冊目。「STORY」。

えー?!
えー?!
「STORY」?!

特集
「もしかして、私たち日本の40代が目指すべきものって、ここにある?いいミラノマダム、だめなミラノマダム」
「40代こそ「銀座ウェーブヘア」
「再考!40代に似合う“派手メーク”って何?」

っておーい!
あたし、あたし・・・

40代に見えますか?

いや、見えたんですね?だからこの雑誌を持ってきたんですね?そうなんですよねぇぇぇ(大泣)
しかもなんだよ「ミラノマダム」って(笑)
どう見てもあたしマダムって感じじゃねーだろ?だろ?だろ?

受付なんだからカルテ見ようよ、おねーさん…しょぼん。

その後、いつも担当してくれてる美容師さんに
「おまかせします。かわゆい感じでっ。」
と強くオーダーしたのは言うまでもありません。

ちなみにカラーの待ち時間にアシスタントの子が持ってきてくれたのは「カフェぼん」。
いいじゃーん!

しかし前半の雑誌チョイスが尾をひいて最後まで軽く凹んだ気持ちで美容院を後にしたマメキチであった。

韓国好きの40代のミラノマダムかぁ・・・はぁ・・・(p_q*)シクシク
posted by マメキチ at 22:00| Comment(6) | TrackBack(3) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

アイーダ

劇団四季の「アイーダ」の名古屋公演が行われています。
なかなか日程の都合がつかず、もう少し仕事が落ち着いてから見に行きましょう、と思っていたのですが、なんと!お仕事仲間のNさんから無料招待していただいちゃいました。
全く予想もしていない幸運!シアワセものです。

5月11日、つまりゴスペラーズのライブの二日後だったわけですが、この日もまた仕事が終わったらダーッシュ!ダーッシュ!
とにかくよく走った一週間でしたよ。おほほ。
なんとか開演時間に間に合い、プログラムまでオマケでいただいちゃいました。あたしってば、普段、こういうプログラム(パンフレット)って買ったりしないので、すごくうれしかったですね。席に座ってじーっくり読んじゃいました。

座席は劇場に着くまでのお楽しみだったのですがなんと前から4列目!近いよー。近すぎるよー。この日は、内覧会のような日だったようで、見に来ているお客さんたちも、関係者っぽい人が多く、品が良い感じで、なんとなく劇場全体が落ち着いてる雰囲気でゆったりした気持ちで見ることができました。

ミュージカルの内容についてはまだ見ていない人の方が多いと思うのであまり触れずにおきましょう(⌒-⌒)

あたし個人的には主役のアイーダより、もうひとりのヒロイン、アムネリスに釘付けでしたね〜。
とにかく衣装が素晴らしかったのですよ。特に前半、「おしゃれがきりふだ〜♪」(てきとー(笑)って歌うシーンの衣装がすごい!きれー!席がステージに近かったので、じーっと観察。
この日アムネリスを演じていたのは「五東由衣」さんでしたが、ソプラノがとても美しくて、歌いだすとうっとり。

いわゆる「悲恋」を描いた作品ですが、約2週間たった今、印象に残っているのは、その「悲恋」の部分より、アイーダとヌビア国民の祖国を想う強い気持ちと、優雅で孤独なアムネリス。「純愛」に心うごかなくなったのは年のせいでしょうか?(笑)

次回はセット全体が見渡せる席で見てみたいですね〜。
また違う楽しみがあるような気がします。
ダンサーたちのダンスも遠くから離れて見るときっと違う迫力がある気がします。

ライオンキングとは全く違うオトナのミュージカルです。
ぜひゆったりとした気持ちでおでかけくださいまし。
アイーダ
posted by マメキチ at 22:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

ありがとう。あたしは無事です(・∀・*)

やっと解決しました。長久手の立てこもり事件。

昨日の夕方、実家のテレビで見てびっくり。長久手?まじ?
ニュースの映像を見ても場所がよく分からず、ネットの地図で場所確認。Googleマップの衛星写真はすごいね。

とりあえず自宅からは少し離れていて、普段の活動範囲には入っていない地域だったので一安心。

それでも馴染みのある場所であることには変わりなく、あの場所でこんな怖いことが起きてる、と思うとなんだか落ち着かない気持ち。

長久手という町はふだんはとても静かな町で、公園に子供の声が響いている平和な町なのです。
その平和な町に拳銃を持っている人がいたなんて…。しかも発砲され、人が傷つき、亡くなってしまうなんて…。

おまわりさんが倒れてる姿を上空から写してる映像が一番悲しかったです。
いつも交番の前でシートベルトチェックしてるあのおまわりさんかもしれない…と思うとリアルすぎて目が離せませんでした。

そして何より一番驚いたことは、あたしのところに届いたメールと電話の数!

みなさん、心配してくれたのですね。あたしを思い浮かべてくれる人が、こんなにたくさんいたことに感謝です。
本当にありがとうございます。
あたしは無事です。二日間、普通に生活してました。ご安心ください(・∀・*)

ヘリコプターの数と音には驚いた。ヘリ同士がぶつかって落ちてきたらどうしよう、ってそっちのが気になるくらい。

怪我をしたおまわりさんが一日も早く回復しますように。

亡くなったSATの方が安らかに眠れますように。

こんな事件が起こらない平和な世の中でありますように。

あたしを思い浮かべてくれた人すべてに感謝して、みんなが平和に暮らせますように。
posted by マメキチ at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ゴスペラーズのライブでうるうる。

友人のアキゾウがゴスペラーズの黒沢薫さまにメロメロになっているため、なんとなくゴスペラーズ情報が耳に入ってくる今日このごろ。
そしてついに5月9日、ライブに行ってきました。

ゴスペラーズのライブって一度行ってみたかったんだな。ナマであの歌声を聴いてみたかったし、以前ラジオ番組にゲスト出演したときにすごーくくだらない話題で盛り上がっておりそれが妙にツボにはまって大爆笑した記憶があったので。
きっとライブも楽しいのではないかと。

アキゾウがチケットを取ってくれたのですが、そういう日に限って仕事が入ってしまうものです。お仕事終了後ダッシュダッシュ!少し遅れてセンチュリーホールに到着。

今回のライブで楽しみにしていた曲は2曲。
「あなたが目覚める〜ぅ♪物語さ〜ぁ♪」と「こころ〜は君に〜♪つながれてーいる〜♪」。タイトルが覚えれん(笑)
「Platinum Kiss」と「Prisoner of love」ですね。

やっぱアカペラえーなー。

鳥肌たつね。そして涙がでるね。
特に村上リーダー!
今回のライブに合わせて、初めてじっくりとアルバムを聴いたわけですが、あたしは村上てつやさんの歌声に完全に恋に落ちました。
なんていうんでしょう、声に少年らしさを感じるというか、
胸がキューンってなるんですよ〜(アホ)

まあ、hydeの低音歌声にはかなわないけど(-。-)y-゜゜゜
(どーでもいい)

で、それをナマで聴くことができてあたしの目はもう少女のようにうるうるしっぱなしだったのでした。

それにしてもゴスペラーズのライブはMCが長いぞーぉ。覚悟しろ!

なんかね、チェッカーズのライブを思い出しました。
MCがメンバー同士絡んで楽しかったり、バラードやMCのとき座っていいよ、って言われたり、会場全員で練習しながらハモったり、踊ったり。

「楽しかった」が素直な感想です。会場を出た後は必ず笑顔で気分爽快、そしてココロにほんのり感動の余韻が残ります。機会があったら皆さんも一度ぜひ。

この後アキゾウとデニーズで話し込み、終電に乗り遅れそうになりダッユしたことを忘れずに書き記しておきましょう。
とにかくこの日はよく走った。元気な自分に乾杯。

それにしても、今でも黒沢薫さまの脚がバッタのように動いていた姿が目に焼きついて離れません。すごい動きだったなー。あれは。
posted by マメキチ at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

マメキチパパの趣味

今年の夏にはお仕事を引退予定のマメキチパパ。急にお仕事しなくなるとやることがなくて家にこもってテレビ三昧ってことにならないかしら、と心配する今日この頃ですが、基本的に好奇心旺盛で多趣味なほうなので大丈夫かな〜、と思ったりもします。

最近は突如、鉄道模型にはまったようで、しかも電車の模型からではなく、細かいパーツ作りから始めている模様。

こんな感じ。
200704012014001.jpg
手前が鉄橋ですね。奥にあるのが駅。駅舎が5cmぐらいの大きさでしょうか。

設計図から自分で書いて、細い木や爪楊枝、厚紙などを使って組立、最後に色を塗って完成。
設計図から自分で書いてるのには驚いた(笑)
ちなみに駅舎には窓もついていて、中には椅子もちゃんとあります。
200704012014000.jpg

こんな感じでどんどんパーツが増えて行く予定らしい。
そして最終的には線路と電車を配置して完成らしい。
この製作風景には甥っ子(父親から見れば孫・小学4年)も大興奮。「俺も何か作る!」と張り切っておりました。
ゲームやってるよりよっぽどいいです。素晴らしい。

思い出してみれば、あたしの夏休みの図工の宿題はすべて父が担当しておりました。
普段不器用で工作といえばボロボロの作品しか作れないあたしが、夏休みだけ妙にきちんとした、上の写真のような作品を作ってくるわけなので、先生にはもちろんバレバレだったことでしょう。
夏休みの工作だけにもらえる、たいへんよくできました、のハンコが懐かしいです。

マメキチパパの鉄道模型、制作過程をまた報告させていただきます。
posted by マメキチ at 22:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

今年の桜

今年もきれいな桜を見ることができてシアワセなことでございました。

名古屋市内の桜は3月末ごろから見ごろになり、郊外ではそれから3日遅れ、ってところでしょうか。

3月末に通勤途中で撮った東別院の桜。
桜1
後ろに車が写ってるのでかなり大きな木だな〜、ってわかっていただけると思います。
出勤時間までまだ少し時間があるな〜、と時計を見て思ったのでふらふら〜と大きな道路を横断して東別院へ。
去年も同じ道を歩いていたのですが、敷地内に入ってまじまじと桜を見るのははじめてで、近くで見ると思ったより迫力があって、きれいでした。
こーんなにおおきな桜の木があるなんて!
あまりの素晴らしさに見とれてしまいましたが、そのおかげで遅刻寸前になってしまったのは言うまでもありません。
久しぶりにダッシュしちまったぜ。息切れたな〜。

こちらは今日撮影した某大学敷地内の桜。
200704080901000.jpg
学校というところは基本的に大きな桜がいっぱいありますよね。特にこの大学は去年も同じ時期に訪れていてとてもきれいだった記憶があったので、今年も楽しみにしていたのでした。
きのうの冷たい雨で桜は散り始め。
ゆるい春風が吹くたびにちらちらと花びらが舞い散る様は心を打たれますね。

自宅近くの藤が丘駅周辺も言葉に表せないほどきれいに桜が咲き乱れるのですが、木の老朽化のため、今年はかなり切られてしまったのです。
切られてしまったのは残念だったのですが、代わりにちゃんと若い木が植えられていることに、桜が咲き始めて気がつきました。
本当にうれしかったな。
きっと数年後にはまた美しい桜たちを見ることができるでしょう。木の成長を見ることができるのもまた楽しみです。
posted by マメキチ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

最終日。楽しかったね。ありがとう。

BROAD BEANS PLUS VOL.6*ちょこっとシアワセ展*
最終日。

すっかり春らしい日になりました。
早咲きの桜がきれいに咲いています。
やっと春が来たのですね。

イベントも無事最終日を迎えることができました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回は少しだけ、マメキチの理想に近付くことができたイベントでした。なんといってもマメキチ自身が楽しむことができたので。

作品を置かせてくれた作家さん、お手伝いしてくれた作家さん、そして、「サブリエ・ド・ヴェリエ」の店長さんに心から感謝です。ありがとうございました。

店長さんは搬入・搬出まで手伝ってくれて、毎日、毎日、あたしの話し相手になってくれて、いろんなアイディアを提供してくれて、そしてお店の経営の面でとても刺激になるお話しを聞かせてくれました。
あたしの尊敬する人リストの中に入りました。
今後もいろいろとお世話になっちゃいそうです。

また次回のイベントに向けてがんばります。
それまでネットショップの方で、皆様、今後ともよろしくお願いします。
broadbeansk.JPG
posted by マメキチ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

顔ハメ写真とでかうなぎパイ

少し前に浜松方面にドライブに行きました。
予定していた日はあいにくの雨だったけれど強行突破。
ちょうどお昼ごろ浜名湖付近に到着したため、おひるごはんはもちろんうなぎ。浜松ですから。

でも浜松のうなぎってー、浜名湖で獲れたうなぎじゃないんだよねー、愛知県で獲れてるんだよねー、とかいうツッコミはこの際ナシで(笑)

その後「竜ヶ岩洞」へ移動。浜松観光コースの見本です。
久しぶりに行ったのですが、記憶より見ごたえのある鍾乳洞でした。自然の力というのはほんとうに神秘的なのです。鍾乳洞に行くと必ず自然とか時間の流れとか、そういったことを考えさせられます。

しかし、そういったことを考えさせられながら外に出ると爆笑スポットが!
1-kaohame1.jpg
顔ハメ写真だああああああ!
これ、あたし大好きなんだよね〜。見ると絶対撮りたくなっちゃうんだよね〜。しかも、この顔ハメパネルは絶品ですな。大爆笑ですな。ちなみにこの写真はまったく知らないおじさんです。竜ヶ岩洞のHPから拝借しました。
http://www.doukutu.co.jp/1-kaohame.html
↑このページに解説が載ってますが、これをわざわざHPに載せること自体、もうすでに笑えます。
もちろんあたしの携帯にはあたしの顔がハマッてる写真がちゃんと保存されてます。送信ご希望の方はご一報を(いらんて 笑)

大爆笑しても雨はやまず、雨でも楽しめる場所をガイドブックで検索。そして決定した場所は「うなぎパイファクトリー
浜松名物、夜のお菓子「うなぎパイ」の工場見学です。
最近工場を新しくしたっていう情報は耳にしていたのですが、ガイドブックにもちゃんと載っているのですね。

到着すると観光バスが数台止っていて、雨の平日にもかかわらずたくさんの人でにぎわっておりました。この日一番人が集まっていたのはここです。

ガラス越しにうなぎパイが出来上がっていく過程を見ることがで
きます。焼きあがっていく様子はなかなかおもしろいですね。その後、袋詰め、箱詰め、梱包の様子を2階から見下ろす感じで見学ができます。
気になったのは包装する機械。
箱が流れてきて、その機械の中に吸い込まれると、反対側からおなじみのうなぎパイの包装紙に包装されて出てくる。機械でどうやって包装してるんだろう?どんな仕組み?見たい!知りたい!
でも2階から遠く見下ろしてるので、どんな様子かまでは見られないんですよねぇ。不思議です。

2階にはカフェもあります。
うなぎパイを使ったデザートや静岡のお茶をいただくことができます。素通りすることはもちろんできず、うなぎパイスイーツと炭火焼お団子をしっかりいただいちゃいました。食べすぎだってば。
団子

そしてここにも撮影スポットが!
うなぎパイ
人が横にいないんでよく分からないと思いますが、これはデカうなぎパイです。2mぐらいあります。
なぜこんなものを作ろうと思ったのか?そしてこれも顔ハメにしてくれたらうれしかったのに(笑)
もちろん、これもあたしが横に立ってる写真あります。送信希望の方は・・・(もういいよね 笑)

うなぎパイファクトリーは見学無料。そしてなんとうなぎパイ3個がおまけとしてもらえます!わお!

それにしても観光地っておかしな撮影スポット満載ですよね〜。たまりませんな。おかしな撮影スポット情報、お待ちしております。
posted by マメキチ at 13:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

朧の森に棲む鬼

相変わらず阿部サダヲさんにはまっているマメキチ。大和証券のCMもいい感じです。
どうしても一度ナマ芝居姿を見てみたい!
で、一番近い時期に一番近い場所でやるお芝居を調べたところ、大阪松竹座で上演される「朧の森に棲む鬼」だったのです。
なーんにも考えずにぴあの先行予約でチケットを取り、よーく金額を確認したら12,000円!たかっ。
お芝居って高いものなのね〜。

それがもう数ヶ月前のお話。
先行発売って早いですよね。
あたしすっかり忘れてまして(笑)
前日にふと手帳を見たら、あ、明日やーん!

ということで何のお勉強も前知識もなく、アーバンライナーで大阪へ。津までは4年間通った懐かしい景色を楽しみつつ、以後は爆睡しつつ。しかし三重県というところは基本的にほとんど変わらないですね。車では時々遊びに行っていますが、電車で見る景色はほとんど変化がなく懐かしかったです。

大阪松竹座の場所すら調べていなくて、難波駅から人に聞きつつ無事到着。おー。なんか貫禄あるー。
松竹座
そして入り口にある看板に近づいてよーく見ると・・。

え!主役って市川染五郎なんだ!

って、今日知ったあたし(笑)
おまけに、

大阪松竹座って普段歌舞伎とか上演してるとこなんだ!

って、それも(笑)

そりゃあ、チケットも高いはずです。
「劇団☆新感線」という名前だけぼんやりと記憶していたのですが、染五郎さまとのコラボだとは全く知らなかったのでした。って、そんな無知な人この場にいるのか?(笑)
なので、思ったより、かなり客の年齢層が高かったです。これも驚き。昼の部だったというのもあると思いますが。
みなさん、幕間に食べる幕の内弁当を予約しておりましたよ。
へえ。そうなんだ〜って感じで、新鮮、新鮮。

さて、お芝居ですが、とてもよかったです。どんなお話かも、なーんにも知らずに見たのですが。とてもとてもよかったです。

まず舞台のセットが素晴らしい。
水を使ったセットがとても迫力があったし、森のセット、酒場のセット、どれも照明と共にとても美しくてそれだけで圧倒されてしまいました。

それからこれは当たり前のことだと思うのですが、役者の皆様の演技力。
普段、テレビドラマを見慣れてて、それも下手なタレントがやってるのも結構好きで見ちゃったりしてるもんだから(笑)これがプロの役者さんなんだな〜、って。
それぞれの個性、キャラクターがとてもくっきりしていて、見ていて不安になることなんて絶対にない安心感がとてもよかったです。
進行はスピーディ、笑わせてくれる演出もたっぷり、激しい立ち回り、最後まで中だるみすることなく、そして最後は余韻が残る、とても楽しいお芝居でした。

そして、染さま!ステキです!(おばさんか(笑)←タカトシ風に。
特に後半、どんどん悪いヤツになっていくのですが、悪者になればなるほど、まあ、色っぽいこと、立ち回りが様になること。さすが生まれながらの役者さんなのですね。存在感が違います。品が違います。

そんなかっこいい染さまの横でばたばたと走りまわるかわいい弟分を演じていたのが、サダヲさん。
なんかね、ほんとにかわいかったです。「かわいい」をちゃんと演じてくれてました。今でも「かわいいやつだったな〜」ってほほえましく思い出します。頭の悪い、腕っ節だけが強い、兄貴のことが大好きなキンタ。最後ちょっと切なくて、かっこよかったですけどね。それがまたいい!
もっと気持ち悪い役なのかな、って(笑)勝手に想像していたので、とてもまともな役で、ちょっとびっくりしました。

少し街をぶらぶら〜として帰路に。おなじみの写真をご覧ください。
くいだおれ
大阪ですな〜。

サダヲさん、いいな〜。早く映画見たいな〜。
今度はもっと気持ち悪い役だといいな〜(笑)

神様、次の「大人計画」の公演、どうか行けますように・・・。
posted by マメキチ at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ハプニングカニ〜?

家にポスティングされる地域新聞ってありますよね?あたしあれあんまりちゃんと見ないんですが、その日はたまたまふと手に取って眺めていたのです。
するとなんとカニ半額券発見!「かに本家」のかにすきが半額!
さっそくハサミでじょきじょき切り取って大事に財布にしまっておきました。

先日、栄にお買物に行ったとき、ふとその半額券のことを思い出し、カニ食うぞ!カニ!カニ!

休日の夕飯どきでお店は満員。お祝いごとのお食事をする人も多いようで、お店全体がばたばたしておりました。
当然のことながらずいぶん待たされ、お店に入ってからトータル約一時間後にようやくかにすきがあたしの目の前に。

「お作りします」
という仲居さんの口調も動作も高速モード。
鍋に具を投入していく様子をなんとなくじーっとながめていると・・・。
おっと、白菜が箸から落ちた。ころころっとテーブルの上に。
心の中で「お」と思ったのもつかのま、目にも止まらぬ早さで箸で拾い上げ、ぽいっと鍋の中へ。

ええええええ??

ちょ、ちょっと・・・お客様がこんなにじーっと見つめてるのに・・・。拾って入れるか?普通。
ここはお前の家じゃねーぞー!

まあ、そんなことでぶちぶち言うのもなんですし、実際そんなに気にする方でもないんですが・・・。
若いおねーちゃん、忙しすぎてよっぽど気持ちが焦ってたんでしょうね〜。

そんなハプニングを経てようやくかにすきをいっただきまーす!
おいしいね〜、やっぱりカニはおいしいね〜。
かにすきのダシが最高ですね〜。カニ味噌も大好きだ〜。
このおダシで最後に雑炊を食べるの最高のシアワセです。

さあ、あとはお餅を煮て食べるだけ。その後雑炊だ〜。
と、お餅を投入。
ん?あれ?火が消えてるやん。弱くしすぎたのかな〜。

仲居さんを呼んで火をつけてもらう。
ガスの元栓を開けてチャッカマンでカチャ、カチャ。
「あれ?つかないですね〜」

隣のテーブルでも。「こっちもつかない〜」
後ろのテーブルも。「こっちもつかない〜」
「どうやら全館のガスが止まってるみたいです!」

ええええええ??

お鍋の中にはほとんど煮えてない状態のお餅が・・・。
なんだかどんどん柔らかくはなっていくんですが・・・。
もちろん煮えてるわけではないので食べるわけにはいかないし・・・。
雑炊もまだ食べてないのにー!

ばたばたと走り回る仲居さんたち。
結局カセットコンロ登場。残るはお餅と雑炊だけだったあたしたちは優先的にそのコンロを使わせてもらう。雑炊を作り終わった後で大至急そのコンロは隣のテーブルへ。
どうやらみなさん無事お鍋を食べる終えることができたみたい。
よかった、よかった。

それにしても食べ物屋さんで、しかもかにすき食べてる途中にガスが止まっちゃうって、そんなハプニングに遭遇したのは初めてでござる。原因は最後まで不明だったので今でもとても気になっているのであります。
posted by マメキチ at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ビッくらポン!

回転寿司によく行きます。でも百円寿司は好きではなくて、少しぐらい高くてもできるだけおいしいお寿司が食べたいな〜というのがあたしの考え。
そうは言っても財布の中がさびしいときにはやっぱり強い味方です。

先日「くら寿司」という回転寿司屋さんに初めて行きました。ぜーんぶ百円。このお店はかなりきちんとシステム化されていて、順番待ちの受付からお寿司の注文、会計まですべて各席に備えてある画面をタッチして行うというかなり近代的な香りのするお寿司屋さんです。

ここであたしの心をつかんだのが、「ビッくらポン!」というシステム。
食べ終わったお皿を席横にある投入口に入れると自動的にカウントされ、最後にその枚数で会計をする、というシステムになっているわけですが、その枚数が5枚になるごとに、各席画面でスロットなどのゲームが表示され、当たると席上のガチャガチャからオマケが出てくる!そりゃーもーびっくらの企画なわけです。

早く5枚食べたい!そしてお皿投入。ピピピピピピ・・・・(ゲームの音)
はずれ。
きゃー。次!次!

とは言っても元々そんなにたくさん食べるほうではないので限界があるわけです。その日は結局当たりは出ずしょんぼりとお店を後にしたあたし。
そーだよ、あんなの当たるわけないよね。あたしがお店の人なら当たる確率かなり低くしとくよ、ふんっ。
それなのに、あー、それなのに、分かっているのにすんごいがんばって1皿余分に食べてしまった・・・。だって、あと1枚でもういっかいゲームできたからさ・・・。まんまと店の戦略に乗せられてるやん!

そして先日再挑戦。
目的は「ビッくらポン!」で当たりを出すことなのだ。

最初の5枚を注文。お皿投入。
さー、行けー!
ピピピピピピピ(ゲームの音)

当たり!

きゃー!きゃー!当たったー!
オマケ出てきたー!
ハマー
ぜんまい巻いたらトコトコ動く「ハマー」君です。ぎゃはははは。
たのしー、楽しすぎる。

「ビッくらポン!」には他にもさまざまなキャラクターグッズが存在します。
「イカリーナ」「イナッピー」「タマ」など(くら寿司HP参照)
あー。いかん。全部集めたくなってる。くら寿司め!なんて戦略なんだ!
マメキチ心を調査済みなのか?
ちなみにこの日はかなりの席で当たりが出てました。くら寿司め!なかなか良心的じゃああーりませんか。

ところで、イカリーナ→イカ、イナッピー→いなり、タマ→タマゴ、ってわかりやすいけど、「ハマー」ってなんだろう・・・?
ハマグリかな〜?って思ったんだけどお寿司でハマグリってねぇ・・・。
謎です。

しばらくくら寿司で百円寿司ライフが続きそうです。
posted by マメキチ at 14:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

科学の実験

ゲームばっかり買い与えるのはよくなーい!
ってことで、あたしの母が孫(あたしの甥っ子)に買い与えたクリスマスプレゼントは科学の図鑑でした。
受け取ったときにはゲームを貰ったときのような喜んだ表情は見せなかったのですが、1日30分と決められているゲーム時間が終わると暇になったようで、図鑑をひとりで読み始めました。
その図鑑には「実験してみよう!」というコーナーがちょこちょこと掲載されていて、どうやらそれに興味を示した様子。

例えば静電気の実験。
付録についてる静電気シートを布でこすったあと、水道から細く流した水に近付けると、あーら不思議、まっすぐ下に流れている水道水がシートをよけるように曲がりまーす。

この年になると不思議でもないんですけど(笑)甥っ子はずいぶん喜んでおりました。あたしも久しぶりにやってみると楽しくなってしまい、ふたりして次々とチャレンジ。

いくつか試した後、次に図鑑に現れたのは「食塩水」の実験。

食塩水は濃度が濃くなるほど重くなる、という性質があります。
濃い食塩水に青、薄い食塩水は色無し、真水に赤の色をつけてコップに注ぎましょう。すると下から青・無色・赤の三層にきれいに分かれます。

という実験でした。コップの水が三層にきれいに分かれた写真も載っていました。

よし!次はこれだー!
塩を用意して食塩水を作製。甥っ子が絵の具を用意して着色。
よし注ぐぞ!

・・・・・・。
三色混ざってドロ色になっちゃう・・・。

注ぎ方がまずいのかな。もっと静かに注ごう。もう1回!

・・・・・。ドロ色・・・・。

そこにあたしの父親登場。甥っ子からみればじーちゃんですね。
うまくできないよ〜、と訴えると、やはり注ぎ方がよくないのではないか、ということで、ペットボトルを利用して静かに注ぐ装置を製作してくれました。

再度チャレンジ!

・・・・・。ドロ色・・・・。

もっと食塩水の濃度を濃くしないとだめなのでは?

チャレンジ!

・・・・・。ドロ色・・・・。

だんだんムキになるあたしと父親。いろいろと相談し、改善をし、何度もチャレンジするもドロ色にしかならず。

ん?ちょっと待て。

あたしって今なにやってんの?

ふと横を見ると甥っ子はすっかり興味がない様子で横で寝転んで図鑑を眺めておりました。( ̄ω ̄;)
そしてあたしと父親の目の前にはぐちゃぐちゃになった実験道具たち。
実験

いい年した大人二人がこんなことやってるのって、客観的に見た瞬間とてもむなしくなりました。だって、静かに注ぐ装置まで製作したのよ?そしてうまくいかないと気になる性格って、血筋だったのね。( ̄ω ̄;)

しかしどうしてできなかったのかな〜?
何がいけなかったのかな〜?
もう一回やってみようかな〜?

いや、もう2度とやることはないでしょう(笑)
posted by マメキチ at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

おみくじ大好き

新年明けましておめでとうございます。
昨年のブロードビーンズもお客様、作家様、皆様のおかげでのんびり楽しく運営していくことができました。
マメキチ個人的にはお仕事がとても充実した一年で、悩みもしたけど喜びも大きな年でした。
ブロードビーンズそしてマメキチのまわりにいる皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、本日実家の近くの神社に初詣に行ってきました。
空気は冷たいけれど、風のない穏やかな日で、一年のはじまりがこんな日でよかった〜と思いますよね。
大学受験の頃からお世話になっている神社でお参りをした後、おみくじだーおみくじだー。
おみくじ
大吉、大吉♪今年も一年平和でありますように。
おみくじって、よく読むととっても奥深いことが書いてありますよね。
「春風の 吹けば おのずと 山かげの 梅も桜も 花はさくなり」
「心をかたくもって 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません
本業をよくまもって静かにときの来るのをまちなさい」
んー。深いですね。
「思いまようてはいけません」
いいですね。勇気づけられます。
裏にはこんなことも書いてあります。
「神にそむいて背中をむけりゃ、前に悪魔が来て笑う」
かなりこわいです。悪魔が来て笑うって・・・(ToT)神にそむくのはやめましょう。

ところでみなさん、おみくじってどうしてます?
その場に結んできちゃいますか?それとも持って帰ってきちゃいますか?
あたしは大吉だったら持って帰ってきて一年間ずっとお守りにして持ってるんですが。それで合ってるのかどうか分からないのですが。
とにかく今年もおみくじは無事あたしの財布の中に落ち着きました。

2007年もこんな感じでがんばります↓
ねこ
道端でまどろんでたねこ。人間が近寄ってもまったく相手にしてくれず、「あたし今眠いんで」って雰囲気を前面に出してました。
しかしちょっとなでてやったら、「んー?なでてくれるん〜?そんなら頼むわ〜。ごろごろ〜。」って雰囲気を前面に出してました。
マイペースってステキです。

2007年が皆様にとってシアワセな1年になりますように。
posted by マメキチ at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。