2006年04月10日

昼の桜。夜の桜。

名古屋の桜、まだがんばってます。すごいね、今年は。ずっと咲いてる。晴れの日も黄砂の日も雨の日も。
さすがにそろそろ限界かな〜。明日の雨で散ってしまうでしょうね。

桜が咲いてる間はずっとお仕事してました。おかげで学内に咲き誇るきれいな桜をたっぷり堪能できました。
学校と桜ってセットですよね。新入生を歓迎するかのように満開でした。もう少し風が弱くて暖かかったらもっとゆっくり見ることができたのにな。年寄りにはあの寒さはちょっとつらいですよ。ヨボヨボ。
昼桜
その中の一枚。この桜は見事でした。駐車場の脇に大木が一本。枝を広げて堂々と花を咲かせる姿はどれだけ見ても飽きない姿。仕事の疲れも吹き飛びました。

もう一枚。こちらは夜の桜。
夜桜
風強かったし、暗かったのでブレブレですね(笑)でもきれいだったんだよー。
この桜は「五条川」の桜。愛知県の西の方に住む人なら誰でも知ってる桜の名所です。川の両側に桜の木がびっしりと植えられているのですが、その川幅が狭いため、桜のトンネルのようになるのですね。そしてその距離が長い。
ウワサは聞いていて以前から見てみたい!と思っていたのですが、今年はついにその願いがかないました。
夜だったし、寒かったので、のんびり鑑賞というわけにはいかなかったけれど、街灯に照らされる桜の花を間近でしっかり見ることができました。木が大きくて堤防から下に向かって枝が伸びているので、枝に手が届く距離で花をじっくり見ることができるのですね。
来年こそは日の光の中でのんびり歩いてみたいと思います。

以上、今年のマメキチのお花見レポートでした。
来年もきれいな桜を見られますように。
posted by マメキチ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

桜に近付く変なひと。

名古屋もようやく桜が咲き始めました。
自宅の近くの藤が丘駅にはたくさんの桜の木があって毎年楽しみにしているのですが、先日ちらほらと咲き始めて、あー春だねぇと思ったのもつかの間、なんと雪が降った!桜と雪って!
きれいだったですけど、少し怖かったです。異常気象ですよ。

今日も春の嵐っぽいお天気で、雷は鳴るわ、風は吹くわ、大雨降るわ。でもお仕事が終わって外に出る頃には雲が切れて、西の空が赤く染まって美しかったのです。
駅までの道の途中に一本の桜の木を発見。
ソメイヨシノではなくて、お花が下向きに咲いてる桜でした。枝垂れ桜っていうのかな。でも花の色はソメイヨシノみたいに薄いピンクで、まだ咲き始めのお花や、蕾がとても可愛くて思わず立ち止まって見とれてしまいました。
街の中のおっきな道路の脇にひっそりと一本立ってるその桜は、高速道路の高架や電柱にまぎれて、見逃してしまいそうな雰囲気。その佇まいがとても静かで、あたしはとても気に入ってしまいました。

携帯電話を取り出し、なんとかこの桜をうまくカメラにおさめようとパシャリ。
んー。だめだ・・・。電線が邪魔をする・・。角度を変えてパシャリ。
んー。だめだ。今度は逆光。携帯だから補正もできないし・・・。
今度はこっちから・・・パシャリ。
あかん、今度は色が飛びすぎる・・・・。
パシャリ・・・。だめだ・・・。パシャリ・・・。パシャリ・・・。
もおおお!風が吹くと絶対にブレるんだよおおお!
だからちゃんとデジカメ持ち歩いてないとだめなんだぞ!あたしよ!

桜の木のまわりをうろうろし、いろんな角度から携帯のカメラで撮影し続けるあたし。たぶん、独り言も言ってたね。ぶつぶつと。完全に自分の世界に入っちゃってたね。どうやら。
あー。首痛くなってきた。と、一瞬、ふと我に返ると、道端にある家の2階にいるおじいちゃんと目が合った。

あ。

ずーっとあたしを見ていたらしい。微妙に微笑んでいらっしゃる。

えー。とっても恥ずかしいんですがー。
あたし、むっちゃ桜に食らい付いてたんですがー。

さすがにそれ以上は撮影できず、何食わぬ顔で駅に向かって歩き出してみた。

あんな街中で人が見てると思わないじゃん!
日曜のオフィス街なんて誰もいなくて静かなんだもん!
あんなとこに家があることすら気がつかなかったよ!

そんな思いまでして撮ったのに保存できたのはこの1枚のみ。
桜2
なんじゃこれ(笑)
あんなに可愛いお花だったのにー(p_q*)シクシク

これから桜が散るまで毎日デジカメを持ち歩こう。
そう心に誓った春の一日。
posted by マメキチ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

高山・福地温泉の旅(今ごろ最終回)

ようやく階段も普通に降りられるようになりましたー。祝。マメキチです。
しかし忙しい毎日。ふと気がついたら更新が止まってる!
1週間があっという間です。いやだああああああああ。

今ごろなんですが、11月に行った旅行の最終編。なぜ?今ごろ?
書くのを忘れてました(笑)
携帯の写真の整理をしてたらこの記事を書いていないことに気がつきました。
これより前の記事は11月・12月あたりの過去ログからどうぞ。(ふるっ)

二日目。朝六時に起床。しっかり朝風呂に入りまして目を覚まします。
朝の露天風呂がまたいいんだよねぇ。やめられないんですよねぇ。

そして朝ごはん。とっても素朴でおいしい朝ごはんでした。
その中での一番メニューはこれ!
あさごはん
飛騨地方の名物、朴葉味噌。これはもう定番中の定番なのですが、今回いただいたのは特にあたしの口に合いました。辛すぎずにまろやか。卵が落としてあってそれが味噌と絡んだときの味がさいこー!これだけでご飯1杯いけますよ。あー、思い出してきた。よだれよだれ。

二日目は冷たい雨の降るお天気で、あたしはやっぱり雨オンナ。
しかも夜にお仕事が入っていたため、どこにも立ち寄らずに帰宅します。
しかしこの日にも楽しみはちゃんとあったのだぁ!
それはこれ!
駅弁1
旅のお楽しみと言えば駅弁ですわ。
このお弁当はねー、あったかくなる機能付き。容器の下にヒモがついててそのヒモをひっぱるとプシュー!って音がして一気にお弁当があったまるの。浜松駅で売ってる「うな丼弁当」もこの機能が付いてた記憶があります。

しかし朝ごはんあんなに食べた後にバスに乗って移動しただけなので、そんなに簡単におなかが空くはずもなく・・・・。
「ワイドビューひだ」が名古屋に到着する30分ほど前にようやくプシュー!とやって蓋をあけたのでした。
駅弁2
牛しぐれたーっぷり!飛騨牛だ!飛騨牛だ!とかなり盛り上がって食べていたのですが、よーく見てみたら、どこにも「飛騨牛」とは書いてなかったです(-。−;)思い込みって夢があってステキ。
でも濃い目の味付けがごはんと合ってとてもおいしかったです。なによりあったかいっていうのがうれしいですよね。

朝から昼まで食べ続けたあたしたちは無事名古屋に到着。
お仕事の時間まで余裕があったのでマリオットホテルでお茶タイム。
そこでなんと!ケーキ食べました!
確実に食べすぎですな。えへ。

こうして、朝から晩まで食べ続け、温泉に入りまくったあたしたちの旅は終了。
最後の写真はこれ。マリオットホテルにあったおっきなクリスマスツリー。
マリオットツリー

いつの話やねん(笑)
posted by マメキチ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

梅はまだ咲いていない

父親が知らぬ間にデジカメの一眼レフを購入していた!
なにー!あたしも欲しいのにー!

あたしはずっとフィルムで撮り続けるもんね!デジカメはあくまで仕事で使うだけだもんね。ってポリシーを持ってきたけれど、ここにきてやはりデジカメの力に負けてしまいそうです。
これってちっともポリシーじゃないよね(笑)
だって、やっぱり枚数を気にせずシャッター押せるのってすんごく魅力だよな〜って思うわけです。
必死で撮って現像してみたら捨てる写真の多さにがっくり・・・ってこともないんだよな〜って思うわけです。
練習で撮る写真ならPC上で見るだけで十分だよな〜・・・って思うわけです。

そんなわけであたしより先に一眼レフデジカメを手に入れた父親に軽く嫉妬しつつ、テスト撮影させてもらいました。ちなみに父親はミノルタ派。

多度の大きな公園におでかけ。いったいどこに連れていかれたのか不明(笑)
大きめの池のある公園でした。グランドと芝生広場と。
その池のまわりに梅が咲いてるかも!ということだったのですが、残念ながら春はまだ来ていないようです。
梅
でもつぼみはもうしっかり膨らんで、白い花のかけらが頭を出しはじめています。
あと少し、もう少しで春が来るのですね。
ちなみにこの写真は携帯カメラで撮ってます。てけとーです(笑)

この後「花ひろば」というかなり広めの園芸屋さんのようなところに行ったのですが、ここには犬を自由に遊ばせるスペースがあるのですね。広いグランドを開放しています。
そこで走り回る犬たちを撮影。

あー。いいなー。欲しい。こんなに連写できるなんて楽しすぎる。

ところで最近の犬たちはほとんど服を着ているわけですが、あれって犬としてはどうなんでしょうか?
「あったかくてえーわー」って思っているのか・・・
「かわええからうれしーわー」って思っているのか・・・
「んー。なんか違和感あるわー。服って!思いっきり人間感覚やんけ!」って思っているのか・・・
聞いてみたいものです。

でじかめでじかめ・・・ほしいほしい・・・
なんでこう毎日のように欲しいモノが増えていくのでしょうね〜。
この物欲の旺盛さをなんとかしたい今日この頃。

明日からまたがんばっては働こ(p_q*)シクシク
posted by マメキチ at 23:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

今週の重大ニュース

2月に入って地味に働き続けているマメキチですが、その平穏な毎日をぶち壊す出来事が発生しました。

いつものように地下鉄を降り、職場に向かっててくてく歩くマメキチ。もちろん愛用のipod「ナノキチ」でラルクを聞きながら。
道路の反対側に渡ろうとして後ろを向いて車が来ないか確認。でもこの道一歩通行なんで車来るはずないんですが。一応ね。で、足を一歩踏み出した途端!

ぐきっ

って、いてええええええええええええ

右足ひねった!何も無いとこで!ふつーの道路で!
音がした!音!ぐきって。ええええええ??

いや、もうほんと痛くて。こう、体がぐにゃって崩れ落ちた感じになったわけですよ。
まわりにいた人たちも突然あたしが崩れ落ちたからびっくりしてた。
道路の真ん中でうずくまってるのはとても危険なので、早く移動したいのですが、あまりの痛さに体中が冷たい感覚だし、顔も口半開きになったままだし、うまく息もできないし、頭真っ白で動けないし。

それでもなんとかそろそろと道路の端に移動して電柱によりかかって、なんとか呼吸を整えて、痛みが去るのをじーっと待つマメキチ。
足ひねるのなんてよくあるよね、そのうち痛くなくなるよね、でも最近足ひねらないから分からねー。はあ、はあ、はあ・・・。
んー。ハイドの声がこの時ばかりはうるさく聞こえたよね。ちなみに曲は「flower」でした。

はっ(; ̄Д ̄) 遅刻してしまう。早く行かなきゃ。

職場はもう目の前。なんとか右足をひきずって職場へ移動。
エレベーターでお仕事仲間に会っても何事もなかったかのように笑顔でご挨拶。
だって、わざわざ足ひねったこと報告する必要ないしね。

ところが、仕事をはじめて1時間たっても痛みは引かず・・・。
立ち上がろうとすると激しい痛みが・・・。

「○○さーん、あたし今日お昼どんどん庵に行けないよーっ(泣)」
(この日マメキチはどんどん庵でお昼を食べるのを楽しみにしていた)
「どーしたのー?」
「朝、足ひねってまだ痛いのー(泣)」
「えー?腫れてる?」
触ってみると・・・腫れてる!すっごい腫れてる!きゃああああ!
「腫れてる!」
「うそー!早く冷やさないとだめじゃーん!」

捻挫しちゃったのですね。なーんにもないところで足をひねって。
自分が怖い・・・・。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

職場の人たちはみんなとってもやさしくて、大急ぎでマメキチのために湿布を用意してくれました。この湿布大切にします(・ω・` )
湿布

それから今日で4日目。やっと普通に歩けるようになりました。

それにしても世の中の段差・階段の多さを実感するよね。
バリアフリーとか言ってるけどまだまだ全然浸透してないよね。
そして世の中の人たちは歩くのがとても早くて、とても急いでるよね。
車両から駅に降りるときに足に響くわけですが、そこを後ろから押されるともう、ぎゃああああって感じなのですよ。階段を上り下りするときは手すりが必要なわけですが、手すりに辿りつくまでに人波にあーれーっと流されてしまうわけですよ。

明日からもっと人にやさしくなろうと思いました。

ラルクの「flower」を聞きながら歩くときは、捻挫に注意しましょう(きっと関係ない)。
そしてこの年になって、ふつーに歩いていて捻挫した経験のある方、友達になりましょう。
posted by マメキチ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

恵方巻きってどーお?

2月3日は節分でございました。
皆様豆まきはされましたでしょうか?
イベント大好きなあたしはもちろんいたしました。
今年はすごいよ。成田山で豆買っちゃいましたから!
いつもはスーパーで買ってるんですけど、今年は職場がたまたま成田山に近かったのですね。それで気分も一層盛り上がり、帰り道に成田山に寄って豆を買ってきました。
この成田山には豆まきにコロッケが来ていたらしい。見たかったー!
夜はもちろんコロッケはいなかったけれど、鬼がいました。
setubun.jpg
もう暗かったんで、写真も暗いです。すみません。
こんなかわゆい鬼でいいのか?子供が大喜びしてたんですが。
まるでお祭りみたいでしたよ。人がいっぱいいて。
節分の日に成田山に行ったのってはじめてだったので、こんなに盛り上がるんだーと知ってわわくしてしまいました。

ところで節分の日って恵方巻きって食べますよね。
先日友人とも話してたんですが、これって最近ですよね?
子供の頃はこんな習慣なかった!
絶対何かの陰謀だ!ってあたしは思ってるので食べません(笑)
でもね、昔テレビで見たことあるんだよなぁ・・・。
そういう風習がある地方があります、みたいな。
もしかしてそれ自体がもう何かの陰謀だったのか?
さっき、ちょろっとネットで検索したら、やっぱり「海苔屋」の陰謀・・・らしきことが書いてあった(笑)事実かどうかまでは未確認ですが。
のせられるな!世の中の人たちよ!

でも、こういうのって乗っかっちゃうと楽しいしシアワセなんですよね。
バレンタインやクリスマスも同じだもんね。
何かの陰謀だとわかっていても、好きな人に何かをあげる喜びや、きれいなイルミネーションの景色や、朝目が覚めたときにプレゼントが置いてある喜びって、人をシアワセにしてくれることは間違いないので。
かわゆい鬼の写真を撮って、そこで買った豆を撒いて、海苔屋の陰謀に乗っかっておっきな太巻きを食べて、今年も一年シアワセでありますように・・・とお祈りする。シアワセなことです。
来年からは太巻き買ってみようかなー。
posted by マメキチ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

お伊勢さんとその周辺

年のはじめにお伊勢さんに行くのはあたしが実家にいたころからの習慣。正しくは猿田彦さんにお参りして、そのあとお伊勢さんへ。

先日美容院に行った時、髪を切ってくれた子にその話をしたら「私、伊勢神宮って行ったことないんですよ」って言うので、えええええ!って思わず驚きの声をあげてしまいました。
聞けば彼女は岐阜県出身で三重方面にはほとんど行ったことがない、とのこと。なるほど。
よく考えたらいくらここが三重の隣の県でも伊勢神宮に行ったことない人ってたくさんいますよね(笑)
でもあたしにとってお伊勢さんは学生時代からとっても馴染みのある場所で、行ったことないなんて信じられないわ!的な存在なわけです。

伊勢の名物と言えば赤福ですね。全国的に有名でしょうか?お餅の上にたっぷりとあんこが乗っかった和菓子です。あんこ嫌いのあたしには信じられない食物なわけですが。
その赤福の本店はお伊勢さんのすぐ近くにありまして、毎月一日に「朔日餅(ついたちもち)」なるものを販売します。その月の旬な和菓子を本店だけで、その日だけ、限定個数の販売です。
そのついたち餅を前日深夜から並んでゲットする!のが学生時代小さなブームだったんですが。あたしの周りだけ?(笑)
今はデパートでも買えるみたいですね。ついたち餅。

話がそれましたが、伊勢神宮は好きです。まさに時間が止まってる空間。いつ行っても変わらないし、これからも変わらないでしょう。
鳥居をくぐって五十鈴川にかかった赤い橋を渡り、砂利道をじゃりじゃり言わせながらゆっくり歩いていきます。
途中五十鈴川の川辺に立ち寄って鯉と鳥を見るのも定番コース。きっと樹齢何百年であろう木々がそびえる林の中は、夏はひんやり、冬はきりっと冷たい空気。
どんなに人がたくさんいても静寂さがあって、なんとなく心が落ち着く空間です。
お伊勢さん
そして到着。この石段を上ってお参りします。

しかしこの日は寒かった!心落ち着く余裕ないです。そんな感慨に浸ってる余裕なんてねーから!(笑)顔の感覚なくなって鼻水たれてても気がつかないし。
お参りの帰りに「おはらい町通り」のカフェに飛び込んだ時のあったかさと言ったらもう…。生き返るってこのことね。

ところでこのカフェいつも気になってたのですが、入ってみたらとても感じがよかったです。
「カップジュビー」という名前のお店。オーナーの趣味がそのままお店の雰囲気。レコードがいっぱい並んでたり壁に手書きのイラストが書いてあったり。こういうお店は洗練はされてなくても手作り感のあるあったかい感じがとても落ち着きます。コーヒーや紅茶も丁寧に入れてる感じでとてもよいお店でした。ケーキも素朴な味がしておいしかったです。

いや、しかし寒かった。

来年は
顔マスクして行くよ
お伊勢さん

なぜか五七五(笑)
posted by マメキチ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

名古屋人のモーニング

年末年始はほとんど実家でしたあたし。このブログではもう何度も話題にしておりますが、あたしの実家は愛知県の西の方。いわゆる「名古屋っぽい」色がかなり濃く残る地方なんですね。結婚式が派手だったりするのもこのこのあたりなんです。ネタはつきません(笑)

結婚式と同様、名古屋の特色と言われてるのが、喫茶店のモーニング。
まず、喫茶店の数が多いですね。間違っても「カフェ」ではありませんよ。喫茶店です。他県に行くとその数の違いはすぐに分かります。
その喫茶店での一番の楽しみといえばモーニングなわけです。「モーニングサービス」ってもちろん全国的にどこでもあるサービスだとは思うのですが、名古屋のモーニングはちょっと特徴的らしい。
とにかく色々ついてくる!
あたしも小さいころから日曜日の朝はモーニング、で育ちました。生粋の名古屋人ですな。

でもね、さすがに最近こじゃれたお店も増え、モーニングもごく普通にトーストとゆで卵、ってとこですよ。そんなに他地方と変わらないんじゃないかな。

しかし!あたしは遭遇してしまいました。名古屋のモーニングに。実家の近所にあるむかーしからやってる喫茶店で。
モーニング
バナナ丸ごと一本キタ━━(゚∀゚)━━!!
ローリーキタ━━(゚∀゚)━━!!
そして大爆笑したのがジャム!給食によく出てたの!ビニールのパックになってるやつ!懐かしすぎます。
今どきこの形でジャム出してくる店ないって!あー笑ったわ〜。

お正月でいつも行くお店が空いてなかったんでこのお店に来たわけなんですが、客層がまたすごかった。
ほんとに今、平成ですか?年が明けたら昭和に戻っちゃった?的な客層ですよ。もちろん若者もいます。が、昭和なんだな〜。
そしてきっと今あたしもしっかりこの中の一員(笑)
両親と大爆笑しながらモーニングを楽しみ、食べきれないバナナはしっかりお持ち帰り。
なんでも通常はもっと多彩な品揃えになってるそうです。ステキ。
愛すべき名古屋のモーニングのお話でした。
posted by マメキチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

高山と福地温泉の旅。夜ごはんともらい湯編。

夜ごはんはお宿のお食事処で。おっきな囲炉裏のテーブルでいただきます。
席につくと目の前にはおいしそうなイワナと五平餅!
いろり
イワナ大好きなんだよねー。がぶっとかぶりついて骨ごといただきまーす。がぶがぶー。あー。シアワセー(あほ)

その後は山の幸いっぱいの田舎料理が次々と現れます。どれも素朴だけどきちんと料理されたとってもおいしいものばかり。
メインは先日写真でご紹介した飛騨牛のすき焼き。贅沢なすき焼きですねー。もちろん囲炉裏の炭の上でぐつぐつしていただくんですよー。見た目もとってもおいしそう。
庶民なあたしは普段牛肉って外国産しか買わないんですねー(笑)それでも不満なくおいしーなーって思っていただいてますが、こうやって久しぶりにおいしい牛肉を食べると、あー、やっぱり甘みが違って味が深いなーって実感します。
他にめずらしいところでは山菜の天ぷらの中に「フキノトウ」が!これって春の山菜ですよね?でもここでは特殊な方法で保存してあるんだってー。びっくりでした。

あー、お腹いっぱいだ〜。もう食べられない〜。って状態にもかかわらず最後にお寿司登場。
長座の寿司
きゃあああああ!またまた飛騨牛のお寿司ー!お昼に食べたのにー!シアワセすぎるー!(落ち着こう)ばっちりいただきました。

今度こそ本当にお腹いっぱいー。もう食べられない〜。
あ、でも五平餅があったんだ・・・。一口だけでも食べておこうかな・・・。

うわー。おいしー。もっちもちで、タレが香ばしくて。やめられないわー。
ふと気が付くと五平餅もすべて食べきっておりました。自分が怖いです。

もう本当に限界です・・・・。ごちそうさまでした・・・・。

福地温泉の特徴のひとつに「もらい湯」があります。自分が宿泊する宿とは別の宿のお風呂に1軒だけ入ることができるのです。今回は真正面にある「孫九郎」さんのお風呂に行ってきまーす。お部屋に用意してあるおでかけ用のカゴにタオルを入れて浴衣でとことこ出かけます。

孫九郎さんのお風呂は宿からいったん外に出て、露天風呂。さすが、露天風呂女。ここでもまた貸切だーい。ひろーい露天風呂にまたまた二人きり。はしゃぎまくって、写真撮影しまくっちゃいました。さすがにその写真は公開できませんがー(笑)どうして誰も入って来ないのでしょう?みなさん、何してるんでしょう?不思議で仕方ありません。

そして自分の宿に帰ってまたお風呂。あー、お風呂、お風呂。
星がきれいに見えてました。シアワセな夜ですね〜。
布団に入ったらすとんと眠りに落ちていました。健康的すぎます。

次回は朝ごはんと駅弁編。食べてばっかりですわー。おほほほ。
posted by マメキチ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

初雪と女子高生の服装について。

12月13日、あたしの住んでる街に初雪が降りました。
夜、お仕事の帰りにちらちらと降ってうっすらと積もっていたのですが、翌日あたしが出勤する時間には溶けてました。
それでも、あたしの職場はちょっとした山の中にあるので木々がほんのり雪化粧してました。風がなくてきりっと冷えた日は、寒さが苦手のあたしもちょっとだけ好きです。
初雪
あー、それにしてもこの日は本当に寒かった。
雪を見るのは好きだけど、仕事のある日に降らないでください、と勝手なことを思う今日この頃。

ひとつめの仕事が終わって、ふたつめの仕事に向かう途中、ミスドで休憩するのが最近のあたしのお楽しみ。ブランケットもらわなきゃ!
この日も外は冷え切った夕方に、紅茶であったまりながらあたし的定番のチョコレートドーナツをのんびり食べておりました。
横には二組の女子高生が座っていて、男の子の話題に花が咲いておりました。
しばらくすると、じゃあ帰ろっかってことになったらしく一組目の女の子たちが席をたちました。するとなんと!

制服のスカートの下にジャージ短パンはいてるー!

分かります?女子高生って制服のスカートってこれでもか!ってぐらい短いですよね?で、通常はそれにハイソックスを合わせてますよね?なんですが、彼女たちはですね、そのスカートの下に膝丈のジャージをはいてるんですよ。多分学校指定だと思いますが。黄緑色でした。スカートの下からジャージが見えてる形です。で、ハイソックス。

えええええ??それはちょっとおかしくなーい?(語尾上げ、女子高生風)

今日は寒いから特別そんな格好なのかしら・・・。まあ、自転車で通うんだから確かに寒いよね・・。とぼーっと考えていると、二組目の女子高生も!やっぱり同じ格好!
んー。いまどきの女子高生の定番なのでしょうか??ちょっとびっくりですね。
彼女たちの発想には驚かされます。

ここで、ひとつ提案。そんなに寒いのが嫌ならば、あたしたちの高校生時代のように、スカートを思いっきり長くしてみてはいかがでしょう?で、その下にジャージ。
これなら見えなくて暖かいよ(・∀・)イヒ。またまた年がばればれだよ(・∀・)イヒ。
posted by マメキチ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

高山と福地温泉の旅。露天風呂女編。

暗くなり始めた頃に福地温泉に到着。今回お世話になるお宿は「長座」さんです。
エントランスからもうとってもステキな雰囲気。提灯のぶらさがった通路を歩きます。
干し柿
干し柿がぶらさがってました。干し柿は苦手ですがぶらさがってる風景は大好きです。
天井が高い、囲炉裏のあるとてもセンスのいいロビーでお出迎えを受けます。
チェックイン後、お部屋案内されるとそこにも囲炉裏が!
福地温泉といえば、囲炉裏のある宿なのですよね。和みますよね。囲炉裏端って。

お部屋に案内されると、お茶を飲む時間ももどかしく、すぐにお風呂に直行!
「長座」さんのお風呂は全部で4つ。大きな露天風呂のついた大浴場、そして鍵をかけて入るタイプの家族風呂が3つ。こちらも露天風呂付き。

まずは家族風呂がすべて「空」表示になっていたので、そちらへ。この空いてたら入れるシステムも好きです。家族風呂って予約しないと入れないお宿が多いですよね。しかも別料金で。時間制限有りで。ここではそんなことはないのです。逆に空いてなかったらイライラしそうですけどね(笑)でも部屋数がそんなに多くないお宿だし、3つもあればどこかは空いてそう。

そして、露天風呂へ。

ああああああああああ・・・・・・。

って声がでちゃいますね。お風呂につかった瞬間。気持ち良すぎて。
ごくらくごくらく〜。

まだ雪は降っていませんでしたが、外はかなり寒いです。冷たい空気の中入る露天風呂っつたらもうさいこーっすよ、奥さん。(だれ?(笑)
のんびりして、体がぽかぽかになったので、お風呂移動。次は大浴場です。
こっちのお風呂はひろーい!露天風呂がほんとにひろーい!内風呂もね、かなり広いです。
これだけ広いと、他のお客さんと重なってもさほど苦にならないですね。
もちろん数によるとは思いますが(笑)

そうそう、以前のブログであたしは雨雪女、そしてダム女だってお話を書きましたが、露天風呂女でもあるのです。
というのは、日帰りであろうと泊まりであろうと、温泉に出向くと、かなりの確率で露天風呂を貸切にできちゃう!オンナなのです。ほかの人と重ならないんですねぇ。
今回もあのひろーい露天風呂を母親と二人で独占ですよ。もうこんなシアワセはないですね〜。べらべらお話しながらあっという間に時間は過ぎて、あ!お食事タイム!

お楽しみの夜のごはんの時間ですよー。
続きは次回。でも写真をひとつだけ。
すき焼き
飛騨牛のすき焼きです。きゃあああああ!
posted by マメキチ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

高山と福地温泉の旅。高山編2。

おいしいお寿司を食べておなかいっぱい。
バスの時間まで高山の街をぶらぶらしました。

まずは「いわき」のわらび餅を購入。ここのわらび餅、すんごいおいしいのです。スーパーに売ってるわらび餅と食感が全然違う!もっちりとろーり、って言ったらいいのかな。いつも行列ができてます。写真撮るの忘れちゃいました(笑)

版画のお店やお香のお店などぶらぶら〜と歩きつつ、途中でレトロな雰囲気の囲炉裏のあるカフェでお茶を飲みつつ、あたしは以前、カレンダーを購入したお店がどこだったかを必死で思い出そうとしておりました。

それにしてもこのカフェの店員さんはとても態度が悪かったです。きっと忙しくていらいらしてたんでしょうね。観光地にありがちなことですが。お店に入ったときのシアワセ感が一気に失せました。いくらお店の雰囲気がよくても、おいしい料理を食べさせてくれるお店でも、ステキな商品が置いてあるお店でも、あたしは店員さんの態度が悪いお店は大嫌いです。二度と行きません。高山にはこれからも行くことがあると思いますがあのお店だけには絶対に入らない、とここに宣言します(笑)

しかし、もう時間切れ。そろそろ駅に戻らないとバスが来ちゃう〜、と移動を開始したその時!あったー!きっとあのお店だ!少し路地を入ったところにあったのですね。
紙屋 文二郎」っていう和紙のお店でした。もう忘れないぞ。入り口にあるお地蔵さんが目印。これ見たらちゃんと思い出しました。
和紙の店
かわいい和紙雑貨とステキな和紙の照明を見ると心が和みます。
カレンダーも無事購入。んー。やっぱりこの雰囲気好きだわー。渋いんだけどかわゆい。
カレンダー
ほかにもお正月のお飾りがいっぱいあって、どれもステキで全部買い占めたかったほどですが、そんなには必要ないよね(笑)

すっかりバスのことを忘れてしまい、あわてて駅に向かいます。
高山駅から新穂高方面に向かう濃飛バスに乗り、福地温泉まで約1時間。いつもほぼ満席なんですよ。びっくりします。

夕日に照らされる雪をかぶったアルプスの山々と槍ヶ岳をはっきりと見ることができました。これはもう本当に美しかったです。車窓からちらっ、ちらっと見えるんですけどね。幸せでした。心を打たれるって言葉がぴったりです。

さていよいよ福地温泉で温泉三昧。
次回に続きます。
posted by マメキチ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

高山と福地温泉の旅。高山編。

11月28日・29日、福地温泉に行ってきました。マメキチ、大のお気に入りの温泉なのです。途中高山にも立ち寄ってのんびり楽しんできました。

1日目。高山編。

「ワイドビュー飛騨に乗ってみたい!」という母親の希望により事前に「飛騨路フリーきっぷ」を購入。このきっぷとってもお得なのですよ。ワイドビュー飛騨の特急指定券往復分と新穂高方面のバス3日間乗り放題、二人用で17,800円。やすっ。使わなきゃ・・。
あまりの安さに信じられず、旅行会社の人に「ふたりで17,800円なんですよね?」って確認したら、「そうですね、二人用ですから。」って淡々と答えられました。くすん。

そのワイドビュー飛騨に乗ってしゅっぱーつ。
下呂の少し手前まで、山々の紅葉が見事でした。ちょうど見ごろだったのですね。
下呂を過ぎてからも少し茶色がかってはいましたが、日の光の当たり具合によっては、本当に美しい景色を見せてくれました。山の谷間の紅葉や川面に写る紅葉などいろんな姿を見ることができました。JRの鉄道、いいとこ走ってますね。
でも、「ちょっと止めて!写真撮るから!」ってわけにはいかないのが残念(笑)

お昼ごろ高山駅に到着。
さっそく予約しておいたお店にランチに存かいます。
あー。高山だー。この景色を見ると高山に来たなーって思います。
高山
お天気もよくとても暖かな日でのんびり歩くには最高の日。
平日なので人も少なくてそれものんびり気分を手伝ってくれました。

予約してあったお店はおすし屋さん「すし兆」。
「飛騨牛のにぎり」が食べられるんだって!楽しみだねー。

オーダーした「なか橋」ってコースは富山湾で獲れるお魚を中心にしたお寿司12貫のコース。飛騨牛のにぎりも含まれています。
おいしかったのはー、「白えび」!富山湾で獲れるエビなんですが、鮮度を保つのが難しくて、生の状態で入ってくるのは高山まで、なんだって!これがうまかったー。甘かったー。ちっちゃいエビなのでそれが10匹ぐらいシャリの上に乗ってました。ぷちぷちって食感と最後に来る甘さにとろける〜。今でも味がよみがえります。
あとはめずらしい「イワタケ」「シイタケ」のにぎりなんかもいただきました。「赤かぶ」「白かぶ」ってのもあって地元の食材を使ってるんですね。全体にとってもおいしかったです。

そしていよいよキタ━━━━ヽ(・∀・ )ノ━━━━!!!!
飛騨牛のにぎり。
飛騨牛にぎり
皿でかっ(笑)
これはねー、おいしかったです。口に入れた瞬間はお魚のトロと同じ感覚。でも噛み続けると最後に牛肉の甘さがぎゅーっと口の中に広がります。
しーあーわーせーだー(⌒-⌒)
天然のお塩がかかっていたのですが、これがお肉の甘さと合ってとってもよかったです。
大将!もう1個!(笑)

こちらのお店のもうひとつの名物は「蒸し寿司」
蒸し寿司
簡単にいえば、チラシ寿司が蒸してあるんですよね。半熟の卵が乗っかってきます。これを熱々のうちにぐちゃぐちゃっと混ぜていただきます。んー。おいしそう。
お味は「あたたかいチラシ寿司」です。そのままです(笑)でも体験したことないですよね?あたたかいチラシ寿司。おいしいですよ。ほくほくです。卵がいい感じで固まってマイルドなお味。病みつきになりそうな味でした。

さて、この後高山市内を散策後福地温泉へ。
次回に続きまーす。
posted by マメキチ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

最近のヒットなモノ。

先日友人が沖縄旅行に行ったとのことでおみやげを頂きました。
それがあたしの心にグサッと刺さってしまったのです。
あたしの心を鷲づかみにしたその正体とは!
うり坊
ぎゃはははははは。ニガウリが魚くんの帽子みたいなのかぶってるううううう。
いいよねー。これ。
友人はニガウリがシーサーをかぶってると思って買ってきてくれたらしいんですが、それはそれですごい!と思い、にやにやしながらじーっと眺めてたら、ちがう!魚くんがかぶってる帽子みたいなのじゃん!って気がついて爆笑。
(なぜ爆笑か分からないですよね。きっと。自分でもよく分かりません(笑)

こういうのってね、あたしが実際行ったわけじゃないので分からないのですが、観光地にたくさんあるおみやげ屋さんにね、似たようなのがいっぱいぶらさがってると思うのですよ。それなりにかわいいのがいっぱい並んでたりすると思うのですよ。
一歩選択を間違うとベタベタの「お土産モノ」みたいになったりすると思うのですよ。
その中からこれを選んだ、ってことが素晴らしい。そしてそれがあたしのココロに刺さったっていうのがまた素晴らしい。おみやげとかプレゼントの醍醐味ですよね。

沖縄ってまだ行ったことがないので、写真をいっぱい見せてもらってお話を聞くのもとっても楽しかったです。おみやげ話もまたうれしいおみやげです。

モリゾーと一緒にぶらさげてご機嫌なあたし。
来週予定している温泉旅行ではココロに刺さるおみやげ探ししてみよっかなー。
posted by マメキチ at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

イチョウの神様

通勤途中の道端におっきなイチョウの木一本があります。いつもはそこにあるのを忘れているのですが毎年この季節になると美しく色づいて存在感をアピールするのです。週に2回、このイチョウの木の横を通るのですが、通るたびに少しずつ、少しずつ葉っぱが黄金色に変化していく様は毎年、毎回、心を動かされます。もともとイチョウの木の葉っぱの緑ってとても鮮やかですよね。その緑と黄色が混在し、青空に向かってまっすぐに立っている様子は本当に神秘的な姿です。

先日ついにすべての葉っぱが黄金色に染まりました。道端に車を止めてぱしゃり。しばらく見とれてしまいました。
銀杏
あたしはどの宗教に対しても信仰がないのですが、もし神様がいるとしたらこんな神秘的な美しい自然と一緒にいるのかな、とよくぼんやり思います。なのであたしにとって神様はいろんな所にいるってことになって、シアワセですよね(笑)
今日もこのイチョウの木の横を通り過ぎるとき、神様に小さくお願いをしました。

いつもは忘れてるくせに虫がいいなーおまえー。ときっとイチョウの神様は笑っていることでしょう(笑)
posted by マメキチ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

「コープスブライド」。そして「火垂の墓」。

あたしはそんなにたくさん映画を見る人ではないし、見た映画の内容もすぐ忘れちゃう人です。てへ。
おまけに外国の役者さんたちの顔と名前を覚えるのも苦手。
なので、最近妙に名前を聞くジョニーデップも「誰なんでしょう」ぐらいに思っていて、よく聞いたら「パイレーツオブカリビアン」の人だって!あー!あの人かー!
こんな感じです。

そのジョニーデップが声をつとめたティムバートンの「コープスブライド」を見てきました。あえてチョコレート工場の方を見ないのがオトナよね(そうなのか?)
ティムバートンの作品、はじめて見ました。キモカワファンタジーの世界ですね。
普通におもしろかったよー以外に感想はあまりないのですが(笑)、映画終了直後にまず思ったこと。「はやっ!」
短かったですねー。今どきめずらしい。調べてみたら77分だったそうで。これで1800円はちょっと…。1000円の日に見に行きましょう(笑)どちらかといえばDVDを買って家で何度も何度も見たいな、って感じです。ディズニーランドのカリブの海賊とホーテッドマンションを思い出しました。そんな感じの映画でした。
ティムバートンの世界観には根強い人気があるみたいですね。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」も見てみようかなと思ってます。

ところでみなさん、映画といえば最近一番泣いた映画ってなんですか?
あたしはなぜか映画で泣くことってほとんどないんですが(感動はします、もちろん)先日すごいのを見てしまいました。それは「火垂の墓」。
今ごろすみません、しかも王道で(笑)
今まであえて見ないようにしてたのですよ。泣くに決まってるし訳あって戦争モノから逃げる癖もあって。
それが、今年の夏テレビつけたら偶然放送していて、ちらっと見てしまったらチャンネルを変えることができなくなり、最後まで見てしまったのです。
最後のシーンまで呆然とした気持ちで見つめて、え?これでラスト?って気持ちが動いた瞬間にうっと胸にこみあげてきて「おーんおーん」と号泣。「うっうっ」と嗚咽も止まらず。
なんて救いのない終わり方!ひどすぎる、ひどすぎるんだよーぉ!おーん、おーん(ばか)
どんな理由があろうとも戦争を認めるような思想はあってはいけないのです。あたしは何もできなくてもこの気持ちだけは絶対に手放さない。
そして「火垂れの墓」はもう二度と見ない(笑)
そう心に誓った今年の夏。

心を動かす映画ってすごいね。
posted by マメキチ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

森の中のカフェ

先日「鬼岩公園」に行ってきました。いや、正確には行こうと思って出かけました。

「鬼岩公園」というのは岐阜県の瑞浪市にある公園なのですが、木曽川に沿って大きな岩や変わった形の岩が折り重なるように見えていて、その岩をよじ登ったりくぐったりしながらハイキングできる、という場所です。普通に歩くコースもあります。もう少ししたら紅葉もきれいに見えるみたいです。上の方まで登ると景色も良さそう。

あたしはここにむかーしむかーし、一度来たことがあります。その当時つきあっていた彼氏に連れてきてもらったのですが、二人ともどんな所か知らずにごく普通の出で立ちで公園内に足を踏み入れてしまったわけです。
最初は「おー。すげー。」と大喜び。だってすごいおっきな岩がごろんごろんしててその上に立つだけでも楽しいんですよ。しかししばらくたつと道はどんどん怪しくなり、岩の隙間をすごい体勢でくぐり抜けないといけないところが続出。それなりの準備をした服装であればそれほど問題なく楽しい時を過ごせたと思うのですが、普通のデート服のあたしにはなんじゃこれええええ!の世界。
で、不機嫌になって喧嘩になって帰ったという暗い思い出の場所です(笑)

そんなことすっかり忘れていたのですが、駐車場に到着してその景色を見たらそのことを急激に思い出したのですね。
「だめだめ!こんな格好じゃ歩けません!」
そう。この日も特にそんな準備もせずにやってきてしまったのです。

でもせっかく来たのだから別のコースを少し歩いてみましょう、と思い公園方面をぶらぶらと歩きはじめました。すると横道にそそられる看板が・・・・
了庵3
カフェだって・・・。こんな森の中に?しかもこんな地味な観光地に?(笑)

森の中に入るとうわぁと森のにおいがしましたね。木のにおいというか、緑のにおいというか。少し久しぶりだったので、あー、やっぱり落ち着くわーってうれしくなりました。
数分歩いたら本当にありました。
Ryo-an」というカフェです。
オープンテラスの開放的なとってもいい感じのカフェ。森の中に見事に馴染んでいます。2階にはたたみのお部屋のギャラリーもあるのですよ。
テラスの席に座ってのんびりお茶を飲みました。
了庵2
こんな感じに景色が見えます。
了庵1
んー。和むわー。あたし本当に森が好きだなあ、って実感。老後は長野の山の中に住むって夢を再確認(冬を除く(笑)
結局ここでぼーっとしすぎて鬼岩公園内を歩く時間は無し。
とっても癒されて帰路につきました。

おみやげに南天の盆栽を購入してご機嫌度UP。街の雑貨屋さんで買うよりとっても安く買えました。だんだん紅葉していくんだって。楽しみ楽しみ。
南天

意外なところに意外な場所を発見するとうれしいですね。
ランチもできるみたいだし、近くにある旅館で予約をすればお風呂も入れるみたい。次回は計画をたてて癒されに来ましょう。
posted by マメキチ at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

オトナのライブ。黒沢薫。

あたしはハイド病に侵され、ぎゃーぎゃーと毎日を過ごしているわけだが、最近友人アキゾウが黒ぽん病に侵された。
ゴスペラーズの黒沢薫はファンの間では黒ぽんと呼ばれているらしい。

以前からゴスペラーズのライブには一度行ってみたいと思っていたのだが、今回黒ぽんがソロ活動を開始し、名古屋でライブがあるということでアキゾウと共に行ってみることにした。ダイアモンドホールって入ったことなかったし、席も前から六列目となかなか良席だったためほんのり楽しみ。10月27日のことでした。
DiamondHall
事前にアルバムを借りて曲の予習。さすがに歌は文句なくうまいですね。ライブで聞くのが楽しみだなーって曲もありました。しかし病には侵されていないあたしの期待度はそこまで。
アキゾウのテンションは上がりまくり、「泣きすぎて鼻水だらだらになったらごめんよー」らしきメールがやって来ても、はいはい、どうぞ心ゆくまで泣いてくださいな、と他人事のように思っていたわけです。

でもね、ライブをなめちゃいかんのですよ。生の演奏、生の音、生の歌をなめたらいかんのですよ。それが良質で自分好みならなおさら。
ピアノの音に弱いあたしは松本圭司という人のピアノにまずやられ、SOYSOULのzoocoという人と黒ぽんのデュエットにやられ、後半、一番楽しみにしていた「After the Rain」を聴いたときには号泣。鼻水だらだらなのはあたしだったんですが。(えー?)
そしてアンコール、ラストに歌った「遠い約束」でまた号泣。全然好きじゃなかった曲なのに再び鼻水だらだらだったんですが。(なにー?)

小さなライブハウスでのオトナのライブっていいですね。まず、生の楽器の音が体の中にちゃんと入ってくるのがいい。立ち上がって体動かして聴く曲もあり、しっとりと聴かせる曲もあり。トークもちょっと緊張してテレ気味で、でも一生懸命で、かわいかったですよ、黒ぽん(笑)。約3時間、知らない曲も何曲かあったのにあっという間でした。

そんなオトナのライブなのに、しかも黒ぽん病に侵されてもいないのに、黒ぽんがこちらに歩いてくる度に思わず手を振ってアピールしたくなるのは、どう考えてもラルクライブの副作用ですよね?(あほー)
もちろん誰もそんなことしないし、あたしもしようとしただけでしてません。

いろんなライブがあるのね…。気をつけなきゃ…。
posted by マメキチ at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ダム女とビーフシチュー

ごく一部の人には有名な話ですが、あたしは雨(雪)女。
台風と共に北上した北海道旅行。海外に行けば「こんな天気は○年ぶりだ!」と言われる。雪に降られて車でパニックになった夜過去に三回。などなど語りはじめたらキリがない。

そんなあたしが雨雪以外に当たりがいいのがダムの放水。
山ドライブ好きのあたしは走っていたら、あ、ダムだ、ってことがよくあります。昔からあたしのまわりにいた友人たちにはダム好きが多かったせいもあるのかもしれない。
ダムを見つけたらとりあえず車を降りて覗き込みたくなるのが人間の性ですよね?覗きこんだ時に放水してたらこれ感動なわけですよ。静かな山の中で響くあの爆音と間近で見る放水の力強さは心を揺さ振るものがあります。自然の中にあるとてつもなく大きな人工物。不思議な違和感ですね。
この放水現場に出くわすことがあたしは比較的多い気がするのです。とは言っても他の人と比べたことないんですが、こんなこと(笑)

今年の夏にドライブに行った際に以前に見たダムを目指しました。おっきなダムでその時も放水しててとても印象が強かったのですね。ところが思いっきり迷子になり名も知らない別のダムに辿り着きました。そして見事放水(笑)
ダム
さすがダム女(自慢)
小さめのダムだったため放水現場にかなり近寄ることができました。水しぶきがかかっておおはしゃぎなあたし。
しかしあたしが行きたかったダムはいったいどこに行ってしまったのでしょう…。神隠しか…。

その帰りに寄った足助の洋食屋さん「参州楼」。
洋食屋
以前足助の町を散策したときから気になってたのです。木を生かした造りの店内は天井が高くて落ち着いた雰囲気、でも気取りがなくてとても居心地のよいお店でした。
ビーフシチューとエビフライを注文。洋食屋の王道ですね。おいしかったです。とても。
ビーフシチュー
特にビーフシチューは味が深くて美味。また来たいなって思わせてくれるお店でした。


あー、来月の温泉旅行また雨なのかしら…泣
ダムの放水なんて別にいいから晴れ女になりたい…泣
posted by マメキチ at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

秋の景色5連発

世間では3連休が2週続くのですね。わくわくですね。
あたしも完璧な3連休ではないですがちゃんとお休みいただいております。
先日の3連休中に見つけた秋の景色を忘れないうちにUPしておきましょう。

その1。クリ。
クリ
岐阜県南濃町の「月見の森」の麓にある「羽根谷だんだん公園」を散策中に撮影。あー。皮を剥き終わったクリを腹いっぱい食いてー。剥き終わったやつね。あくまでも。

その2。ススキ。
ススキ
滋賀県の奥伊吹スキー場にて撮影。ちょうど見ごろでしたね。ススキといえば奈良県の曽爾村のススキが忘れられないのですが、ちょっと遠いのですね。曽爾村ほどではないだろう、と期待していなかったのですが、思ったよりはたくさんのススキが揺れていてきれいでした。コオロギもぴょんぴょん飛んでいて秋ですね〜。ちなみにこの日どんより気味のお天気だったため伊吹山の全貌は見れず。好きなのに。伊吹山。

その3。田んぼ。
田んぼ
奥伊吹から関が原方面に戻る途中の風景です。稲穂の実った田んぼが一面に広がっていてまさに黄金色の大地って感じでした。静かでのどかで。日本の秋です。

その4。彼岸花。
彼岸花
滋賀県の山東町付近で撮影。彼岸花大好きです。あまり縁起よくないんですよね?でも好き。見るとなぜだか「わー」って思います。心が動くって言うのか・・・。あの赤さがあまりにも鮮やかだからでしょうか。まわりの地味な風景の中で際立ってますよね。こうやって群れて咲いてるのが好きです。

その5。コスモス。
コスモス
どこでも見かけるお花だけどこれもやっぱり大好き。いろんなところでいっぱい咲いてますよね。今年はどこに見に行こうかな〜。

のんびり過ごした先日の3連休ですが、次回の3連休はいよいよラルクのライブだあああ!(どーでもいいですか?(笑)
東京行くの久しぶりです。お友達に会う約束もいっぱいしてるのでそれも楽しみなのです。
あー。なんだかすっごく東京タワーにのぼりたい。のぼってくるな、あたし、きっと(笑)
posted by マメキチ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。