2008年06月12日

アラフォーのラルクライブ

ドラマ「Around40」に思いっきりハマっているマメキチです。

突然ですが、先日ヨン様が来日しましたよね?で、そのヨン様が現れる先にファンが殺到し、そのお姿を見て感激して涙している様子をテレビでよく見かけました。
もちろん若いファンもたくさんいるのでしょうが、テレビで放送されるのはほとんどおばさま達ですよね。
「泣くこたーねだろー」と思いながらその様子を眺めていたあたし。

さて、6月8日大阪のラルクのライブに行ってきました。
直前まで行くかどうか悩んでたんですよね。あまりにも前回のライブの席が悪くてテンションが下がってたのもあります。今回の席もあまり良い席でもないしな〜・・・・。
まあ、でも今後3年間はライブしない、って話なんで行っとかなきゃね〜、って感じで出かけました。体調も良かったし。

ホテルにチェックイン後、京セラドームに向かってのんびり歩いているといつもの通りダフ屋が。「アリーナ席あるよ〜、アリーナ席あるよ〜」って声かけてます。

「アリーナ席あるよ〜、

どう?おかあさん」

「おかあさん」?!「おかあさん」だとおおおおお?!
あたしゃ今からハイドに会いに行くんじゃ!
一生懸命きれいにして出かけてるつもりなんじゃ!
そのあたしに向かって「おかあさん」てぇぇぇぇ。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

こんな感じの記事、以前にも何度か書いたことあると思うんですが、でも何度でも書きますが(笑)、「奥さん」はいいけど「おかあさん」は許せないのはあたしだけ?
いや、子供がいる、いないにかかわらず、子供がいたとしてもひとりでいるときに「おかあさん」って声かけられるのって嫌だと思うんですけど・・・(p_q*)シクシク

そんなにあたしって生活感あるのかしら・・・・。
でも、しょうがないよね、だって、まわりは10代20代の若者ばかり。あたしはアラフォー。そりゃあ「おかあさん」ですわ。とほほ。
いい加減自覚しようよ、あたし。

ドームに到着後、鏡でまじまじと自分の姿をチェック。
かわゆくきめてるつもりなのに・・・「おかあさん」・・・どーん。

ライブがはじまってみるとやっぱりハイドの姿ははるか遠く、モニターもはるか遠く、まぁ、前よりはマシだけどねぇ・・って感じ。それでもやっぱりライブって楽しいものです。久しぶりに興奮気味。

さて、メンバーが舞台袖にひっこんでしばし休憩。次はどの曲かな〜。いつもなら前情報を仕入れて行くのですが今回はあまり乗り気じゃなかったのでそれもせず、次何が起こるかさっぱり分からないのですよ。

すると観客に動きが。なぜかみんな右前方に微妙に移動してる。
ん?も、も、もしかして・・・・。

ぎゃああああああ!メンバーが動く舞台に乗ってアリーナとスタンド席の間を移動してこっちに来る!来るぅぅぅぅ!
あたしの席はスタンド席前から3列目。
ちょ、ちょ、ちょっとおおお!これ!すぐそこに来ちゃう!来ちゃう!

まず目に入ったのはkenちゃんの姿。近い!近すぎる!背が高いな〜、指長いな〜、かっこえー。ハイドは、そのとき反対側を向いてので顔が見えなかったのですね。kenちゃん・・・ステキ〜・・、とそのとき!

ぎゃああああああ!ぎゃあああああああ!

すみません、記憶ありません。
ハイドがこっち向いてペットボトルの水をばらまいてその水がかかったことは覚えてます。
しかし、ハイドがどんな服着てたのかどんな表情だったのかさっぱり覚えてないんですが。

メンバーの乗った舞台が通過したあと、あたしは椅子に座り込んで(腰が抜けた感じっす)大泣き。しくしく、って感じではなく、うぉー、うぉー、って感じっす(・∀・)

「来てよかった、来てよかったーぁぁ」って、

泣いたっす(・∀・)


これってつまりヨン様ファンのおばさま達と同じってことっす。
もしくはもっとひどいっす。
あたしってやっぱり「おかあさん」(・∀・)
でもおかあさんは楽しかった。うれしかった。
おかあさんばんざーい!

それにしてもラルクのメンバーだってアラフォーなのにな〜。なんでファンはみんなあんなに若いのだろう。不思議です。
なにはともあれ、アラフォー・マメキチのステキな夜は終わったのでした。

あ、もちろん、ライブ終了後も涙は止まらずひとりで泣きながらホテルに帰りましたとさ(・∀・)おわり。
posted by マメキチ at 10:39| Comment(5) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

初めて座ってみた

昨年末、だけどあたしがまだ元気だった頃のお話。

12月末ごろからラルクのツアー「TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS」が始まってます。
このツアーが始まる前に「ゲネプロ」を見ることができます、とファンクラブからメールが来ました。
「ゲネプロ」っていうのは本番同様のリハーサルのことです。
もちろん無料で招待ってわけじゃなくて、本番と同じ金額で見ることができるってだけです。

9000円。高いよね〜。ちょっと。
会場は「さいたまスーパーアリーナ」だし。

だがしかし!こんなに直前に来たメールだし〜、平日の夜だし〜、もしかしたら良い席で見ることができるかもしれない!という考えがあたしの心の中でひらめいたわけです。

ぱらぱらと手帳をめくってみると、当日は・・・空いてる!
しかし、次の日の朝一からは仕事だ・・・。
さすがに日帰りは無理だし。うーん・・・・。

新幹線の時刻表を見てみる。
始発に乗れば間に合うな、うん、ってことで申込!

ところが、あたしの手元に来たチケットは最悪。
さいたまスーパーアリーナの4階の1番後ろからステージ見てみろ!ステージに向かって右側な!
とおおおおおい!しかも横から見てるからセット全体が見えねー!頼みの綱のおっきなモニターですら見にくーい!

さすがに心が折れましたよ。
最後列ってどんだけ運がないんでしょう。あたし。
しかもね、上から見るとアリーナの席がけっこう空いてるわけなんですよ。それがまた悔しいじゃないですか。

初めてラルクのライブで座りましたね。
だって、立ってもどーせ見えないんだもーん。後ろ誰もいないから迷惑かからないし〜。まわりのお客さんもかなり冷めた感じだったしね。

座って聴くのもなかなかよいものですね。
特にミディアムテンポの曲やバラードはじーっくり聴けてよいものです。無理にノルこともしなくてよいし。

だが、あれで9000円は高すぎる。さらに、交通費、宿泊費、そして始発の新幹線に乗るという強行スケジュール。
(先日の富士山の写真はこのとき撮影したのですよ。)

さすがのあたしも、もうあまりに無理な遠出はやめようと決意しましたよ。同じ金額出すなら、おもしろい舞台を見たほうがよいよね。

1月末には名古屋で同じライブを見るわけですが、それは楽しめるとよいな〜、と祈る毎日です。

写真はさいたまスーパーアリーナ外のイルミネーション。きれいでしたが、なんだかむなしい帰り道でありました。
さいたま
posted by マメキチ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(1) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

富士山の見えない富士急ハイランド。

8月26日はあたしにとって今年の夏の山場の日でありました。
L'Arc-en-Ciel「またハートに火をつけろ」富士急ハイランド2日目。
今回のツアーであたしが唯一チケットがとれた日です。

泊まりで行ったとお思いですよね?
名古屋からですから。普通はそうしますよ。もう若くないですし(笑)

しかーし!残念なことにそれはできなかったのです。
次の日に朝から仕事が入っていたので、どう考えても泊まりは無理。
じゃあ、バス?
これも無理。名古屋から出てる直行バスは夕方には富士急ハイランドを出発してしまうのです。ライブは17:00から。
ラルクのライブ用にバスツアーも用意されていたようですが、うっかりその情報を見逃し、気付いたときにはもう完売。

ってことは・・・車?
あたし、車で行くしかないのね?しかもひとりで!

ということで朝7:00に自宅を出発。富士急ハイランドにひとりで車で向かったのでありました。

4時間半かけて到着。渋滞もしてました。駐車場も遠いところに止めさせられました。到着したのはよいけれどひとりでどうやって時間をつぶせば?と呆然としました。

しかし!なによりあたしが悲しかったのは

また富士山見えねー!

あたしが雨女なのは有名(?)な話ですが、富士山見えない女としても有名であります。まあ、雨女なんで見えないのは当たり前といえば当たり前なのですが・・。
たとえば、新幹線からだってきれいに見えますよね?高速道路からも見えますよね?富士山が目的でないとしても見える場所ってたくさんあります。
しかし、見えない。富士山はいつも雲の中。裾野すら見えないことがほとんど。なんてこったい。あたしは富士山を愛してるのに。

そしてこの日も。
富士急ハイランドといえば富士山が見える遊園地ですよね?「フジヤマ」ってコースターがあるくらいですし。
どこですか?富士山。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ビエーン

なんだかテンションさがっちゃうな〜。
富士山さえ見えてればきっとあたしはもっとがんばれた。渋滞も時間つぶしも。

神様・・・富士山が見たいよー。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ビエーン

泣いたって富士山は見えず。
あたしは泣きながら「ふじやま温泉」で時間をつぶしたのでありました。(ちなみにこの温泉に入るのに1時間待ちました)
「ふじやま温泉」もね〜、新しくてきれいな温泉で、とてもよかったですけどね〜、本当ならね、休憩室からでーんと富士山が見えるはずなんですよ。なんだかね〜・・・・。

もうフテ寝ですよ、フテ寝。

そう、この富士山が見えないことが、あたしのこの先の悲劇を暗示していたのかもしれません・・・。

果たしてマメキチにどんな悲劇が待ち受けていたのか?!
続きは次回・・・どろどろどろどろ・・・・・。

みんな富士山よく見えるのかな〜?あたしだけ?あたしだけ?
富士急
posted by マメキチ at 21:55| Comment(5) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

スマイル風船取ったどー!

2006年11月26日、L'Arc-en-Cielのライブに行ってきましたー。
デビュー15周年記念のライブだったのですよ。
事前にネットでリクエストを受け付けてくれたりしてました。

正直ここのところラルク熱が少し冷めていて、このライブのことも実はすっかり忘れていて、数日前に、あ!そうだ!東京ドームに行かなきゃ!と思い出す始末。まあ、行っとくか〜、って感じで家を出たのです。
だって、チケット買ったの何ヶ月も前だったし・・・。チケットが届いたのは2週間ぐらい前だったけどアリーナのあんまりよい席じゃなかったし。ラルクの活動全然してないし・・・。

しかーし!今のあたしはライブから3日たった今もラルク祭りだぜー!

もお、ほんっとにほんとに楽しかったよおおおお。
今まで行ったライブの中でいっちばん楽しかったよおおおお。

そして、そして、あたしがいちばん、心から聴きたいと祈っていた曲をやってくれたんだよおおお。
「いばらの涙」のイントロが流れた瞬間に「おおおおおお」って大泣きしてもーた。もちろんあたしは今回も一人で行ってます。となりの席のおにーさんもさぞかし驚いたであろう。

ハイドの歌は本当にすごかった。神がかってた。声量があるのは知ってたけれどあんなに安定して最後まで歌いきってくれたのは初めてだったなぁ。それが何よりうれしかった。その声で「いばらの涙」が聴きたかったんだよおお!
アリーナのほぼ中央あたりの席だったので、音響が比較的良かったのもあるかもしれないけど、KENちゃんのギターソロもはじめてきれいな音でちゃんと聞こえてきて、やっぱりCDなんかより生音のほうがすばらしい!泣けた〜。まじ泣けた〜。

後半、もう興奮しすぎて覚えてませんが(笑)風船取りました〜。
スマイル風船
自分のすぐ近くでおっきな風船が割れて、その中からちっちゃなスマイル風船がいっぱい出てきたのだ〜。あたしのまわりは一気に人だかりで、取り合い合戦になってこわかったのだ〜。でもあたしは死守したぜ。

でもこれを持って新幹線に乗るのはかなり勇気がいるよな・・・。
と、いうことでしぼませんました。しぼませたら妙にかわゆくなりました。
チケット風船

ステージ演出もとってもきれいで迫力があって、あれを真正面から見れたのもとってもシアワセなことでした。
トータル約3時間半、はじめてラルクのライブで「8,000円出してよかった」と思えるライブでした。今まで正直「高いな〜」って思ってたのよ。今回は高くなかった。あれならもう一度8,000円出してもよいです。まじめに。

ipodのプレイリスト、ライブと同じ曲順にして車で大音量で聴き、ライブを思い出すシアワセ。あー、あたしは本当にシアワセものです。
今日やっと、足の筋肉痛が治りました。ずーっと跳んでたよね。あたし。
そして喉の痛みが悪化しました。当たり前です。叫び歌いまくりましたから。
神様どうかラルクがずーっと解散しませんように。
ミーハーばんざーい。
東京ドーム
東京ドームまわり、ライトアップがきれいでした。雨が降っていたけどシアワセな夜でした。
posted by マメキチ at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

HYDEのライブだったのですが、なぜか・・・

はーい!待ちに待ったHYDEのライブに行ってきました。
一時はどうなることかと思ったわけですが(4/26記事参照)仕事も無事15:30に終わりまして、「お疲れ様でした〜」と挨拶するころには心ここにあらず、車に乗り込んでからは、「FAITH」を爆音で鳴らしながら高速道路を一直線!
途中にサービスエリアでスーツからライブ服に着替えるころには気分はもうHYDEの恋人(ほんとにバカ)

あ、ちなみにライブ服って言ってもごくふつーの服です。決して黒づくめだったり、ベルトがとんでもなくごっつかったりしません。あたしを知ってる人が誤解して想像するととっても笑えると思いますので、一応言っておきます(笑)

場所は岐阜の「club-G」ってライブハウス。ライブハウス!500人しか入れないのよ!もう!ステキ!どんなに後ろだって近くに見えるはずよ。
岐阜駅前のアーケード街にあるわけなんですが、あそこっていつ行っても独特の雰囲気がありますよね。こう、思いっきり寂れてるわけでもないんだけど、決して華やかではない。昭和の香りがほのかに漂ってるんだけど、なんとかがんばってそれを打ち消そうとしているけど、やっぱり消せてない、そんな感じです(分かりにくい)。私は好きです。ああいう街。
そんな不思議な街にHYDEはやって来たわけですね。

オールスタンディングだったので、前の方はもう押し合いへし合い状態。あたしは自分の年齢も考慮して柵にもたれて見れる場所を確保。それでもあたしの興奮度は最前列並み。はっと我に返ると自分のボロボロぶりにびっくり。

HYDE細かったな〜。あんなに細いんだな〜。顔もちっちゃかったなー。
そして手フェチのあたしは手に注目。あんなに近くで生の手を見れる機会はもう2度とないでしょう。MCの間は特に手に注目。手も思ったより細いな〜。そして白い。丸っこい手というのか、でもやはり男っぽい筋も出てるし・・・ってこんなに手見てるのあたしだけだろ!(笑)

HYDEの手と同じぐらい気になったのは、ベースの「HIROKI」。
この日最初にステージに登場した時に、「ん??どっかで見たことある・・・」。
誰かに似てるんですよ。絶対。それも最近会った誰かに。
誰だっけ・・・。思い出せない!
それが気になって気になって、しかも、ライブ中にすごい煽るから、また目が行っちゃって、目が行く度に気になるじゃん!
正直、後半、HIROKIばっか見てました(笑)
だって、あたしの前に背が高い人が移動してきてHYDE見えなくなっちゃったんだもん。それでもう開き直ってHIROKIをじーっと見てました。誰かに似てる・・・思い出せー!あたしー!

ライブが終わって、外に出ると、とても寒かったです。汗だくのまま外に出たので、その汗が一気に冷えて、ぶるぶる震えてしまいました。
早くおうちに帰ろう。
そう思ってふとライブ会場を振り返ると・・・

あー!
CLUB-G
これこれ!ライブ会場「club-G」の看板なのですが、ベースのHIROKIに似てるうううう!
そうそう、入場待ってる間、この看板を何気なくずーっと見てたので、頭に残っていたのですね。この絵に似てました。HIROKI。しかも髪型だけ(あほか)
でもよかった。思い出せて。

HYDEのライブなのに違うところですっきりして帰路に着いたあたし。
HIROKIの顔、しばらく忘れないでしょう。ずっと見てたもんな〜。
ラルクのライブでもhyde以外の人、あんなに見ないよ(笑)

次の日はもちろん全身筋肉痛。特に首。つらい一日でございました。
posted by マメキチ at 14:48| Comment(4) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

待っててね、はいど(*⌒▽⌒*)b

3月のはじめ頃、派遣会社から電話がありました。
「マメキチさん、ご紹介です〜。○○様からのお仕事なんですが〜。今、日程を申し上げてよろしいですか〜?」
いつもなら手帳を取り出し、日程を確認しながら話を聞くのですが、その時はたまたま手元に手帳がなく、その会社ならそんなに複雑な日程じゃないはず・・・と思い、とりあえずメモの用意だけして、
「はい。お願いします。」
「2日あるんですが〜、一日目が○月○日9:30〜13:30、二日目が○月○日9:30〜17:30です。ちょっと先の日程ですいません。」

"φ(・ェ・o)~メモメモ

その日は確か予定が入ってなかったはず。大丈夫でしょう。
「はい。わかりました。大丈夫です〜。よろしくお願いします〜。」
その他諸々条件を聞いてその日の電話は終了。

数日後、あ、この間の仕事を手帳に書いておかなきゃ!とふと思いだし先日メモした紙と手帳を取り出し、書き写すあたし。
えーっと一日目は・・・9:30〜12:30・・・と。二日目は・・・

ん?
え?
ええええええええ???

HYDEライブ17:30〜 って書いてあるよ・・・・・。

( ̄□ ̄;)!!ええええええ

ちょっとちょっとちょっとおおおおお!忘れてたよお!
ファンクラブのチケット販売ってすごく早いんだよぉぉ。忘れちゃうよぉ。もおおおおお。

いや、ちょっと待て。17:30開始なら仕事終わってからでも間に合うか?
って、おーい!2日目の仕事は17:30までやんけ!間に合わんやんけ!

どうしよう・・・。仕事終わってから行っても30分ぐらいしか見れないかも・・・。いや、下手したら全然見れないかも・・・。
でもこの仕事やりたいんだよね。あたしが一番好きな仕事なんだな。いつもお世話になってる会社からだし・・・。やりたい・・・。
でもでも、HYDEのライブもいつもと違うのよ?ライブハウスでやるのよ?ちっちゃいとこでやるのよ?きっと今までの中で一番近くで見れるはずよ?いいの?そんなチャンスを逃していいの?

約一ヶ月間悩み続け、桜の季節に突入。
HYDEのライブツアーは始まり、ネットでもいろんな情報が飛び交いだす。
あああああ!やっぱり我慢できねええええ!
あたしはいったい何のために仕事してるのかよーく考えるんだ!
そうだ!はいどのためだ!(ええええ?)
仕事を断るのだああああ!

派遣先の担当の方とたまたまご一緒する機会があったので、
「次回のお仕事の件なのですが・・・。あのぉ・・・二日目、17:30まででしたよねぇ?その日どぉぉぉしてもその時間までできなくて・・・。あのぉ・・・大変申し訳ないんですが・・・。」
「あー。その件ね、そうなの?えーっといつだっけ?」
と、PCを開き日程を確認する担当者。その画面を後ろから覗き込むと・・・。

1日目:○月○日9:30〜13:30
2日目:○月○日9:30〜15:30

ん?
え?
え?

15:30?って三時半?

「二日目?三時半まで?できないの?」と担当者様。

間違っとるやん!
あたし17:30ってメモっとるやん!
おそらく15:30を5時半を聞き間違えて、17:30ってメモっとるやん!
3時半に終わるならぎりぎり間に合うや━━━━ヽ(・∀・ )ノ━━━━!!!!ん

「できます!大丈夫ですっ(にっこりきっぱり)」

頭の中にハートや星が飛び交い、きらきらりーんと効果音が鳴り響いたその日。神様ってきっといるのね。神様はあたしとHYDEを見捨てることはしないのです。おーっほっほっほっほ(うるさい)

こうしてあたしは無事HYDEのライブに行けることになりました。
にやにやしながら仕事してるオンナを見かけたら、それはきっとライブ当日に仕事してるあたしです。近寄らないように注意しましょう。
こんな大騒動を乗り越えて行くライブなので、もう力果てるまで楽しんでこようと思っております。
待っててね、はいど(*⌒▽⌒*)b(知らんて)
posted by マメキチ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

ラルクバトン

なんと「ラルクバトン」なるものが回ってきました。ブログ界で流行ってるのは知っていたけど自分に回ってくるなんて!みけねこちゃん、回してくれてありがとー(・∀・)
「バトン」とは用意されたお題について自分のブログで記事を書き、それをまた別の人に書いてもらうようにお願いすることですね。そうしてどんどん同じお題に関する記事がつながっていくわけです。おもしろいですね、この「つながる」感じ。

では答えていきましょう。
1.コンピューターに入ってるラルクの曲数

あまり曲をPCに入れる習慣がないので少ないですね。数えてみたら19曲でした。なぜかP'UNK~EN~CIELはすべて入ってます(笑)

2.今最も好きなラルクの曲
「叙情詩」
東京ドームの叙情詩ほんとに最高でした。今でも頭の中ぐるぐる回ってます。
「はしゃぐように 懐いた やわらかな 風に吹かれて なびく鮮やかな君が 僕を奪う」
このハイド感丸出しの歌詞!(笑)なんかちょっと不思議なんですよねぇ。ハイドの詞って。並べ方とか使い方とか。風が懐くって使うのいいですね。しかも「はしゃぐように」。
ケンちゃんがハイドの声を想像して曲を書いたって言ってましたがこれがまたよい。あたしもこのぐらいの音域のハイド声が大好きなんだよー。
そして最後のストリングスが大好きです。一度テレビで生で演奏してたんだよねー。すごくよかった。でもライブのときってどうなってたっけ?思い出せない…(笑)
今あたしの中でブームの曲です。

3.最も気に入ってるアルバム名

「REAL」
なんかこう全体に緊張感がみなぎっていていいです。大好き。どちらかといえば脱力系のこの時代に、この緊張感、若者バンドには真似できねーだろ!みたいな(笑)ラルクはこれぐらい緊張してないとね、って思います。
一曲、一曲見ると「ray」のが好きな曲多いのですがトータルではやはり「REAL」です。

4.良く聴く、または特別思い入れのある曲

「いばらの涙」
あー。かっこえー。これさ、ラルク以外じゃ無理だから。出だしのギター聞いたらもう鳥肌ですから。そしてどんどん連れてかれるから。いく、いく、いくー!みたいな。(ん?(笑)
ほんと色っぽいんだよ、ラルクの音って。あたしにとってラルク=いばらの涙です。そしてこの曲を含む「ray」の後半四曲はリピートしまくりの価値ありです。

「THE NEPENTHES」
「REAL」の出だし三曲の流れはほんとに素晴らしい。この出だしだけでアルバム全体の色ができてます。その中に含まれてるこの曲が猛烈に好きです。曲後半の低音部があたしを天国に連れていってくれます。男性に生まれ変わったらこの曲を演奏したいです(意味不明)

好きな曲挙げだしたらキリがないですよ〜。しかも語りたくなるし(笑)なのでこのぐらいにしておきましょう。

5.バトンを回す7人

「つながってる感じがいいですね」などと言っておいて回す人がいません(笑)
だってラル友でブログ持ちがいないんだもん(PД`q)
なのであたしのバトンはいったん保留。回してほしい人がいたら立候補してください(笑)

止めちゃうのも申し訳ないのでなんとか探さなきゃ〜(焦)

以上、ラルクバトンでした。おもしろいな、これ答えるの(笑)
posted by マメキチ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

ラルクでチェッカーズ気分

アジアライブツアー最終日。東京ドーム。
ドーム1
あたしはこの日のチケットをファンクラブから申し込みました。そして当選。なのに期日までに入金し忘れて、えええええええ??何やってんの!あたし!
ここ数年で一番自分のとぢっぷりを恨んだ出来事ですね。
プレイガイドの先行販売で取れた席は「三塁側バルコニー一列目」ってどこだよ、それ!

東京ドームに入ったのは初めてでした。ものすごい人混みをかきわけて33ゲートから入場。ん?とっても静か。トイレも余裕で行けちゃう。少し得した気分。
バルコニーは一階と二階の間といえば分かりやすいでしょうか。もともと座席数が少ないのですね。だからゆったり雰囲気。
一列目でしかも通路側だったので気分的にもゆったり。
しかし遠かった。ステージは遠かったよ。モニターすら小さい。ドーム全体を見下ろしてる感じです。
まだ上にも席あるんだよね。こうなったらもうアリーナ前方以外どこでも一緒でしょう。

ライブ始まってまず驚いた!アリーナの観客の動きが上から見えるのってすごい!
きりんみ〜っ!!♪でみんなが同時に腕あげるからそれが圧巻。んー。きもちーな。ここまで揃うと。
そして思ったより音がいい! (思ったより、ね)もしかしてレインボーホールって全国で最低レベルですか?東京ドームより悪いってことあるんですか?
曲ごとの照明がきれいだったな〜。ハイドの歌すげーなー。
座席のせいでいつものようにバカになりきれないあたしはいつもより(いつもより、ね)冷静に見入ってた気がする。しかもあたしってばシングル曲があんまり好きじゃないんだってことがこの日判明(笑)
ただし「叙情詩」から「get out from the shell」の流れだけは壊れたね。大好きなんだよおおおお。
神様、ありがとう。この曲を聞かせてくれて。「へ−い!へーい!」

そして・・・なんとなくこの感じ・・・・懐かしい感じがするな・・・。遠くに大好きな人がいて、双眼鏡で時々覗いて、他の観客の動きを「おおおお!」って思って、MCが待ち遠しくて・・・。

チェッカーズだああああ!

チェッカーズのライブを思い出したのですね。すごく。はい、年ばればれ(笑)
チェッカーズのライブはね、いつも楽しかったです。サービス精神いっぱいで。メンバーがみんな楽しそうで、仲良さそうで(そう見えてたの。少なくとも当時は(笑)
で、またおこちゃまだったあたしはファンクラブなんて入ってなくて、もちろんネットなんてなくて、今ほど情報もファンのつながりもないからチケット交換なんてできなくて、いつも遠くから彼らを見てたのですね。
それをすごく思い出しました。特にメンバー紹介のとき。
あー。チェッカーズってメンバー紹介って必ずやってたよねー。むっちゃ楽しみだったよね。だってそういう時じゃないとユージとかクロベエとか声聞けないし。(わかんねーって、だれも(笑)

そのメンバー紹介にあたしは大喜び。
ラルクもメンバー紹介とかしちゃうんだ!楽しいぜ!楽しいぜええええええ!
あたしは大喜びで思わずぴょんぴょん跳ねてたね。
バルコニーでひとりで跳ねるオンナ、マメキチ。
チェッカーズを見てた頃からなにも成長していないオンナ、マメキチ。

こんなミーハーちっくなライブをしてくれるなんて思ってなかったのでもうほんとに楽しかったです。AWAKEライブもとっても忘れ難いライブだけど、このライブもまた別の意味で忘れ難いライブになりました。
そう思うとSMILEライブひどかったな〜(笑)これもある意味忘れ難いな。うん。

最後に「虹」を演奏するときに会場のみんなでサイリウムを振り振りしました。入場した時にひとりひとりに渡されてたんだよ。
これ、5万人が一斉につけたら、きれいだろうな・・・(うっとり)って思ってたのに客席のライトが意外に明るくてあまりよく分からなかった(笑)
でも、こーゆー企画は大好きです。楽しいです。
そんな思い出のサイリウム。
サイリウム
写真に撮る意味があるのか?(笑)

それにしても「虹」は名曲です。誰がなんと言おうと。
たとえ、ステージに降ってる羽根がホコリみたいに見えようと名曲です。
ハイドはあれをちゃんと歌ってこそラルクのハイドなのです(意味不明)

帰り道、しんみりニッコリしちゃうようなとっても楽しいライブでした。
しかしバルコニーはもう勘弁だな・・・・。

追記。今回のあたしのツボ。
1.パンクアンシエルのときにハイドが「いえーい!hydeパンク〜!・・・だっけ?」ってかっこつけて言ってた。なんでそこでかっこつけるの!忘れてるじゃん自分の名前!
2.模型にこだわってたけんちゃんが大好きです。男はあーでないとだめですね。こだわってください。とことん。
posted by マメキチ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

AWAKE TOUR 8/7 名古屋レインボーホール 2日目

えーっと。朝起きたら体中が痛いんですが・・・。特に首から肩にかけて。そして足。間違いなく筋肉痛の予感。年齢から考えるにこれからもっとひどくなると予想されますが。
足は分かるよ。跳び続けてたからね。でも首って・・・。あたしそんなに頭振ってたのか?(笑)こわいよ。あたし。いや、多分近すぎたんだねっ!ステージが!(きらりん)見上げてたからね。ずっと。だからだねっ!(きらりん)

ライブの感想の前にひとつ書かせてください。
「ぷっすま」さいこおおおおおおおおおお!あたしのこと知ってる人は、分かるよね?分かるよね?
ユースケとハイドが!一緒の番組に出てるって!これ。マメキチ的夢の番組。ありがとう。神様。もう10回ぐらいビデオ見ました(ばか)

でもあたしはなぜユースケとハイドが好きなんだろう・・・(笑)どこに共通点が・・・?と真剣に考えてビデオを見てたのですがひとつ判明しました。
笑ったときの口の感じ(わかにくーい(笑)

さて、ここから先は昨日のラルクライブネタです。
ラルクファンでネタバレされたくない方、ラルクバカなあたしに興味がない方は読まないほうがよいと思われます。しかもかなり長いです。ご注意ください。


セットリストやレポートはもういろんな方が書かれてるのであたしは書きません。というか書けません。覚えてないんですね、もう。すごいな、レポートとか書ける人。ちゃんと覚えてるのですね。素晴らしい。あたしはそれを読んでまた感動を思い出しています。どうもありがとう。

アリーナ7列目、57番。よっしゃああああああ。
このチケット届いたとき、声に出しましたよ。よっしゃあああああ。
で、ネットでレインボーホールの座席表を確認し、多分けんちゃん寄りだっ!よっしゃああああ。

レイボーホールってなんか好きです。思い出がいっぱいありますね、ここには。
rainbow
予想通りけんちゃんのちょうどまん前でしたね。あー。うれしい。去年のSMILEツアーはてつさん寄りだったので今回はけんちゃん側で見たかったの。

オープニングからあたしはもう爆発してました。
とてもよく考えられたオープニングだったと思います。全体的にひとつのショーとしてまとまっていたのですが、「AWAKE」ショーの始まり方としてとってもとってもよかった。もうすでに感動。今思い出しても鳥肌たちますね。人間の欲望というのはそれがどちらを向いているかによって歴史や時代の動きを変えて行くんだよなぁ・・・。
ラルクのライブに来て、そんなことをぼーっと考えているあたしは、ステージにハイドの姿が見つけられない!あれ?どこ?

ああああああああ!いたああああああ!ステージの後ろのほう!
「でぃーえぬえーにはーりつーいたーぁぁぁぁ♪」って!「AS ONE」じゃん!(今ごろ)
かっこえー!あのオープニングから「AS ONE」て!かっこよすぎる!
しかもはいどおおおおお!その衣装!軍服ですね。かっこえー!
あー、でもねえ。髪型がねえ。あたしの好きな髪形じゃなかった・・・。
おろしてるのが好きなの!あたしは!ぷっすまの時の髪型がいいのよぉ〜。なんで立てるのお〜。立ててもいいから前髪は下ろしてよ〜ぉ(うるさい)

ここから3曲で既に汗だーだー。酸素不足。水分不足。
この先大丈夫なのか・・・あたし・・・息切れ激しいんですけど・・・。
でもだいじょぶ。この後しばらく息をつめてじーっと見つめちゃうような構成だったので。すごく新鮮でしたね。基本的に「戦争」による悲しい部分をイメージさせる構成だったのかな、と理解しています。セットもダンサーによるショーも。
普段アルバム聞いてるとき飛ばしちゃってる曲も(すみません)こういう形でで聴くと全然ちがうー。「fate」よかったなー。MCもここまで一切無しでそれもとてもよかったです。

「ハイドってライブで歌うまいの?」ってラルクファンじゃない人によく聞かれるんですが、あたしはいつも「波があるみたい」って答えてるのですね。が、自信を持って言いましょう。この日はすごかったぞ!ハイドの表現力は誰にもかなわないのだああああ!
あー。かっこいい。あの声、どうしよう。(いや、別にどうもしない)

この後驚愕の出来事が。
なんとハイドがローマ法王みたいにおみこしみたいなのに乗って通路わきから登場。しかもマント(?)と金髪のカツラ。
えーっと・・・これは・・・かっこいい・・・のか?
えーっと・・・もしかして冷静になったら笑っちゃうとこなのか・・・?
と考えてる場合じゃなーい!だってハイドがすぐそこにいいいいい!通路にいいい!しかも曲が「REVELATION」だしいいいい!「俺様!俺様!」みたいな顔で歌ってるんだよお。似合いすぎ。こーゆーのやらせたら日本一。あー。長髪がまた似合って美しいなあ。だから前髪下ろしたほうがいいんだって(まだ言う)

ここから先はあたしが知ってるラルクのライブだ!
けんちゃんが、もう!もう!かっこええええええ!もうほんとに楽しそうににこにこしてこっち見てギター弾いてるからあ。絶対3回は目が合ったね(えー?)指が長くてもうほんとに素敵(そんなとこ見てる)だって、あたしは指フェチだから。
「STAY AWAY」も楽しかったな〜。てつさんのドラムがとってもよかった。一生懸命叩いててかわゆかった。てつさんのああいう姿見ると和みますね。もちろんユッキーの歌声はもう頭から離れません。でも正直このときあたしは目の前でギター弾いてるハイドばっかり見ててあんまりユッキーを見てなかった(笑)だってハイドもにこにこして楽しそうだったんだもん。

そして!「れっつごーすたーでぃっれでぃすてでぃごー!♪」っと同時に上からぱーっんと銀テープが振ってきたああああ!おおおおおおおお!取らなきゃ!取らなきゃ!いっぱい降ってくる〜。下にいっぱい落ちてる〜。あー、でもステージも見たい!てきとーに手に取ってそれを振り振りステージに集中。このあとメンバーいったん下がった、その直後、床に落ちてる銀テープ拾い捲ったね。でもとなりの席におこちゃまがいて、彼にかなり取られました(笑)
えーっとハイドが投げたペットボトルの水がかかったのもこの時だっけ?(誰に聞いてる?(笑)
もうこのあたり大興奮で自分がどうだったか、何が起こったのか正確に思い出せません。イッちゃってるとは正にこのこと。気がついたらあたしは銀テープを手に握り締めイスに座ってぼーっと汗を拭いてました。

はい。思い出の銀テープ。あの席だったから取れたんだなあ・・・。しみじみ。
tape1
あたしはじめてだな、誰かのライブに行って、こうやって何かゲットできたの。うれしい。「L'Arc〜en〜Ciel」の文字入りです。握りしめてたのでぼろぼろ。
tape2
全部で5本。欲しい人いたらあげます(いらんよね(笑)

そしてアンコール。けんちゃんのMC好きぃ〜。ハイドと仲良しでうれしぃ〜。
あー。けんちゃん、何か間違えたんだね?あたし、それもよく分かんなかったよ(笑)何か様子が変だな、とは思ったけど。手拍子とてつさんの「頭カッカッカ」のことばっかり考えてたから。「Link」は。

でも、けんちゃんのギターの音って全体的に何かおかしかったよね〜?なんか音程がずれてたような??けんちゃんは気持ちよさそーに弾いてたけどチューニングがおかしかったのかな〜?どうも他の楽器やハイドの歌とかなり違和感があったって感じたのはあたしだけ?

ハイドがペットボトル投げようとして、その水が自分にかかっちゃって(自分でかけたのかな?詳細不明)濡れちゃって、「えー?」みたいな困った顔してたのがもうツボ。堕ちたね。あのひとほんとにあたしとおない年ですか?かっこいいのかかわいいのかほんとによく分からない、不思議な人です。

「星空」とってもよかったです。もっかい言うけどハイドの歌はすごいです。「AWAKE」ショーのラストにふさわしい曲と演出でした。感動したよ。うるうるしたよ。最後の最後の「twinkle,twinkle」も和やかムードでステキ。終わった後も呆然と余韻に浸ってました。

これでメンバーが「世界平和が・・・」って口にしたりしてたらちょっとあたしの好きじゃない感じ・・・って思うけど、メンバー本人たちは楽しそうに一生懸命演奏に集中しててそれがとってもかっこよくてショーが訴えるメッセージも素直に受け止められたかなと思います。
とにかく楽しかった!楽しくて楽しくて周りの人達も知らない人ばかりだけどみんな楽しそうで、それってとてもシアワセなことです。

帰り道のあたしはもちろんボロボロ。汗くさっ。髪ぼさぼさっ。化粧取れまくりっ。
でもきっと顔にやけてたね(こわいです)だってシアワセだったんだもん♪(きもいです)

次はね、9月の東京ドームです。これは「ASIAツアー」のファイナルです。今回とはまたきっと違ったライブが見れるかな、ってもう楽しみです。

あー・・・まだハイドの俺様顔とけんちゃんの笑顔がちらついてる〜(重病)
posted by マメキチ at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

うぃせいぐっばいろすへぇぶ〜ん♪

あー、大好きです。「LOST HEVEN」。ラルクの新しいアルバム「AWAKE」に入ってます。なんたら、っていうアニメのエンディングになるらしいです。(何度聞いても覚えられない、アニメのタイトル(笑)
色っぽいなぁ。かっこえーなぁ。この曲が今一番だなぁ。けんちゃーん。すてきー。
またはいどの声がたまんねー!このくらいの音域たまんねー!はいどぉぉぉぉ。そんな声で歌わないでぇぇぇ。もう我慢できないからぁぁぁ(何を?)

…誰かこんなあたしを止めてください(-ω-;)

ところで少し前に雑誌「CDデータ」が発売されたのですが、今月号はラルクが表紙でインタビューもあり、ってことだったのでわくわくして仕事帰りに本屋に寄ったわけです。
初めて入る本屋さんだったので場所が分からずしばらくウロウロ。
このあたりかな〜、あー、あった、あった、ラルクがばっちり表紙じゃーん、と近付こうとした時、横から若い女の子がだぁぁぁっとものすごい勢いで突進してきたのだ!
な、なに?
思わず足を止めてしまったあたし。
彼女はその手にすでに「CDでーた」を持っていたのですがどうやらそれが気にいらなかったらしく平積みの中から違うのを選び始めたのです。それがまたすんごい勢いで一冊、一冊、表紙をじーっと見ては、だめだぁといった雰囲気でばさっと横に置き、また次のを見ては、だめだぁ…。
おい、あんた、それ次あたし買うんだから大事に扱ってくれよ〜。ひやひや。
結局そこに置いてあった「CDデータ」はすべて彼女のお気に召さなかったらしくとてもがっかりしたご様子で、渋々一冊手に取って立ち去って行きました。

なんだか笑えるわぁ。
そんなムキになって選ばなくてもねぇ…ぷぷぷ、と、一冊手に取り表紙を見る。
ん?はいどの目の横になんかついてる。汚れ?
ばさっとそれを置きもう一冊見る。ん?やっぱりついてる。ばさっ。もう一冊。あれ?これも?ばさっ。えー?全部はいどの目の横にゴミみたいなのがあああ。
どうやら印刷時のゴミっぽい。いやーん。

気がつくとあたしの前の雑誌コーナーは「CDデータ」が散らかりまくり。さっきの女の子より明らかにひどい状況。
人には厳しく自分には甘く、ですな。まさに。
はっと我に返りあわててきれいに積み直しました。すみません、本屋さん、つい興奮してしまって。
そしてあたしはその女の子と同じようにとぼとぼとレジに向かったのでした。

教訓。人の一生懸命な姿を笑ってはいけません。明日は我が身です。
スーツ姿のいい年した女がムキになってラルクの雑誌選んでるほうがるほうが笑えるんじゃあぁぁ!

…誰かこんなあたしを止めてください(-ω-;)
posted by マメキチ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

すごい番組発見!「ミンナのテレビ」

世の中にはつまんないな〜って思うテレビ番組がいっぱいあるけれど。
すごいぞ。この番組は。「ミンナのテレビ」。水曜の午後8時からやってます。今まで「歌の大辞典」やってた時間ね。
何がすごいってまずレギュラーの顔ぶれ。
和田アキ子・松本潤・山田優・KAT-TUN・松浦亜弥・アンジャッシュ・陣内智則・青木さやか、などなど。旬な顔ぶれが揃ってるではありませんか。めっちゃばらばらに(笑)
あー、どうでもいいけどあたしつい最近まで「KAT-TUN」を「かっつん」って思ってました。年やな〜。
で、このメンバーで「夜もヒッパレ」にちょっとコントをプラスした番組を生放送でやっちゃうんだよー。すげーよー。すげーぐだぐだなんだよー。
生放送ってとこがね、なぜかウリみたいなんだけど見てるこっちが焦ってますから。なんで視聴者が緊張して焦って見ないかんねーん。松本くん、もうカミカミですから。かわいそうなぐらいに(笑)
普段なら始まって5分でチャンネル変える番組なんだけど、ラルクがゲストだったからね〜。我慢して見たよね〜。どうしてああいう番組に出よう!って決定するのだろうか?不思議だなあ。

でも見たよ。ちゃんと。ハイドの笑ってる顔見れたから、もうなんでもいいです(笑)
で、アンジャッシュ好きなんで、コントも楽しかったです。
「100%kenが死んじゃう!」あー。笑った。お笑い好きなんです。基本的に。
ここだけ何回もビデオ巻き戻して見てるから「人だろ〜、それは売れない〜♪」とか頭から離れないし。(すみません、見た人しかわからないネタ)
ラルクの出番が終わったらすぐにテレビ切りましたけど。

その後に「離婚弁護士2」をビデオに撮ってあったので見たのですよ。
そしたら、あたしってば大泣きさ。
だって、だって、犬の達也君が〜〜〜〜〜(大泣)
最近、ほんと、だめですね。犬とか子供とか。泣いちゃうんだなあ。
ハイドも言ってました。「年のせいですかね。」その通りです。さすが同年代。

さて、この「ミンナのテレビ」って番組いつまで続くか賭けませんか?(笑)
あたしは多分もう2度と見ないと思うけど・・・・。
次回の放送は6月1日!皆さんも一度見てみてはいかがでしょうか?(にっこり)
posted by マメキチ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

「ray」を聞くときは。

しばらくの間通勤のおともはMisiaだったんだけど最近またラルクに戻りました。
「ray」ね。もうすんげー売れてたころのアルバムですわ。
このアルバム私個人的には前半が退屈。だがしかし後半四曲が猛烈に好き。これでもかこれでもかぁ!って押し寄せてくる感じで。聞き入っちゃうんですね。この部分は。かっこえーんだよー。

で、ある日バスに乗ってたらこの部分に差し掛かったわけです。
うをー!きたよきたよー!って聞き入ってたら、あれ、あたしが降りるバス停が目の前に。
うわぁ、降りますボタン誰も押してないやん!早く押さなきゃっ、ってこういうときに限ってボタンが遠いんじゃあ〜。
あわてて立ち上がってピンポンてボタン押したのはいいけどその時持ってた傘を落としてカターンって大きな音が…。周りの目が一斉にこちらに…。
で、バスも急にボタンを押されたもんだから急ブレーキ気味。そこであたしはバランスを崩し拾った傘をまたしてもカターンと落とし、しかもラルクが聞こえてくるイヤホンが耳からとれてぶら〜んぶら〜ん。
降りなきゃ、早く降りなきゃ、って思ってるのに今度はバスカードが見当たらない。バッグの中をガアアアっと漁ってやっと発見。
うわぁ、みんなこっち見てるわぁ(泣)運転手さんの目も冷たいわぁ(泣)あああ、焦ってカードもうまく差し込めーん(パニック)

バスがブォ〜と立ち去った後に取り残されたのはボロボロのあたし。片方のイヤホンがぶら〜んぶら〜んしてるMDプレーヤーからはむなしくラルクが流れ続けていたのでした。

ちなみに、あたしは以前にもこのアルバムを聞きながらバスに乗り込み、えらい山のほうに連れて行かれたことがあります。乗り間違えたんですな。とほほ。

「ray」を聞くときは注意しましょう。いろいろと。
posted by マメキチ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

ああ、東京ドーム

あたしはいったい毎日何のために働いているのでしょう?
もちろん生活のためもあるけれど、おいしいモノ食べたり、かわゆい服買ったり、旅行に行ったり、お友達と遊んだり。少しでも楽しく暮らしたいなぁって思ったら働かなきゃね。

しかし実際は・・・
先日すごい大金が飛んでいきましたよ。
ラルクのね、ファンクラブ会報10年分がセットになって販売されるのですよ。これ、なんと13,800円也。
えー?ド━(゚Д゚)━ ン !!!
変なTシャツとセットにして。セコイってば。いらんよ、Tシャツは。

そういえば忘れてたけどハイドが出てた映画のDVD予約してたんだった。7,392円也
えー?ド━(゚Д゚)━ ン !!!
オマケのほうだけでいいんだけどなぁ。ビデオの方ね。

そして今日悪魔のDMが届いたのだ。最近「LE-CIEL」の郵便物が怖いのだ。
9月の東京ドーム公演の先行予約のお知らせだったのですね。
7,500円+手数料700円也。
えー?ド━(゚Д゚)━ ン !!!
あの、手数料700円って何ですか?ちゃんと会費払ってるんですけど・・・。さらに700円て。なめるのもいい加減にしろや!弱みにつけこみやがってぇ〜。絶対予約するの分かってるんだろぉ。くそぉ。
しかも東京まで行かなきゃいけないのですか?
名古屋でやってくれないのですか?
これ申し込んでから名古屋でやるってなったらあたし泣いちゃうよ?泣いちゃうよ?

お得意様ってこういうことなのですよ。無条件なのですよ。
そら、5個1700円のチョコレートもバカ売れするわけさ。
興味ない人にとってはなんで?って思ってもね。

と、ぶーぶー文句言いながらもあたしのココロはもう東京ドームです。
あんまりおっきいとこで見るの好きじゃないんだけど。
でも、おっきいとこでしか味わえない雰囲気ってきっとあるよね。
今日から9月まであたしはきっと楽しく毎日生きていけます。
アルバムが発売されたらきっともっとハッピイになれます。
シアワセをありがとう(笑)
明日からもがんばって働きまーす。
posted by マメキチ at 21:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

ミーハーばんざーい!

通勤と帰宅の地下鉄の中ではラルクにどっぷり浸かってます。
その日もいつものようにイヤホンを耳にセット。みゅーじっくすたーと!
最近のブームは「True」。96年のアルバムなのでちと古め。
本家「まーわるよーらーだらんだめーりごーらーん♪」が聴きたくなっちゃってこのアルバムをひっぱってきました。
アルバム全体としてはあまり好きじゃないけど、1曲1曲は好き。(ん?なんかおかしいなぁ(笑)
音が初々しくて、ハイドの声ものびるのびる〜!いろっぽー!

ふと、となりに座った女の子の手が目に入って・・・。
あああああああああ!
ハイドとおんなじ指輪してるやんけええええええ!
思わず顔を見る。全体を見る。
んー・・・。ファッション系の専門学校生・・・?って感じ。とってもおしゃれでかわゆい。
けど・・・・その指輪・・・本物だったらけっこうなお値段ですよねぇ?(もちろん調査済み)

それよりそれより!その指輪してるってことはあなたはハイドのファンなのですか?
あたしは今ラルクの音聞いてるんですよおおおおお。
って、話しかけたくなっちゃいました。
いや、もちろん、単にそのリングが好きなだけかもしれないけど。

それにしても・・・もし本当にハイドのファンだったとして。
で、ハイドと同じ指輪を何万も出して買ったとして。
それを、普段身につけてしまう勇気よ!ばんざい!
10年前だったらやってたかなぁ・・・・。
うん、きっとやってたな、あたし(笑)
ミーハーばんざーい!
posted by マメキチ at 22:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

プリン君はhyde(謎)

12月14日に紹介したひろちゃんちのプリンちゃんはなんと!男の子であった!てへ。
ごめんね、プリン君。誤解して。
あたしってばネコって全部女の子に見えちゃうんだよね(あほ)
ということで、あんなに美人なのにプリン君は男の子。
でもほら、hydeも男の人だけど美人だし(笑)美人なオトコってステキ。

あー。ラルクのDVDむちゃかっこよかった〜。
1日で2回も見ちゃったよ。入り込んじゃったよ。
飢えてたんで。最近。血湧き上がるね。ストレス発散ですよ。
年末のイベントライブやはりチケット取るべきだった・・・。
ナマで見てー!やっぱナマだよ。ナマ!
おっと壊れ気味。
新曲発売に向けていっぱいテレビ出てくれるかな〜。わくわく。
青木さやか絡みが結構楽しみなあたしなのでした。
posted by マメキチ at 22:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

HYDEのDVDのデザインを見よ!

DVD
これ見て見て〜。
先日発売された「ROENTGEN english」にオマケについてるDVDなんだけど。
昔のレコードみたいなデザインになってるぅ!
DVD自体がまずレコードみたいでしょ。で、それがうす〜いビニールに入ってるのです。このビニールがまた懐かしい!で、紙のケースにジャケットがデザインされてる。このパッケージの仕方も懐かしい!
すごいよ。これ。センスよすぎ。ココロをくすぐったね。すぐに誰かに見せたくなったもん。このデザインを。

こうやって紙のパッケージをパカって広げて〜、傷つかないようにそーっとレコード盤をビニールから取り出して〜、ターンテーブルに載せて〜・・・ってやってたよね。

しかし驚くべきことが!
とある掲示板をぼーっと見てたら
「あのデザインはいいね〜」ってあたしと同意見の書き込みが。
うんうん。そうだよね〜。
そしたらそのレスが!
「えー。あれってそういう意味なんだ。レコード見たことないから分からなかった」

って、( ̄□ ̄;)!!えー???
まじかよ!おい!
もうそんな年なのかよ!あたしってそんな年なのかあああああ!
レコード知らない世代がいるのかあああああ!(当たり前)

ちなみにあたしがはじめて買ったレコードは「薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃」
こ〜のまま〜♪なんじかんでも〜♪
そして、あたしのまわりには今だに「アルバム」のことを「LP」と思わず口走ってしまう友人が何人かおります。

あ、で、肝心のこの「アルバム」なのですがまだ聴いてません(笑)
これは以前に発売されてた「ROENTGEN」の英語バージョンなのですが、「ROENTGEN」は大好きです。
はいどさんの芸術肌ぶりが丸出しです。
友達に聞かせたら「なんじゃ、これ」って言ってましたけど、まぁそんな感じ(笑)
「好きなように作らせてもらったよ〜。」って感じで。
聴けば聴くほど味がでるアルバムだと思っております。
日本語バージョンに飽きたら英語バージョンに移行する予定。

全然関係ないけど「あじあんかんふーじぇねれーしょん」の曲聴くと奥田民生がいた「ユニコーン」を思い出すのはあたしだけでしょうか?
posted by マメキチ at 20:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

きちゃったよ( ・∀・) 生はいど。

はいっ。行ってきました。「下弦の月」のプレミアム上映会。いわゆる舞台挨拶ってやつですね。
先週当選のハガキが来てから「どーしよーどーしよーはいどにあえるーぅ」(決して会えるわけではない。見れるの間違い)を連発。それはそれは楽しい毎日でございました。

三井ビル七階のピカデリー、久しぶりに行ったな〜。若い頃は映画といえば名駅だったけど。今、名駅で映画見ることなんてほとんどないのです。ショッピングモールにくっついてるとこね、行っちゃうから。

さて、あたしの席はなんと前から三列目!ステキ。それだけでこーふん。だって舞台目の前なんですもの。
それにしてもやっぱり若者多いね。おばちゃん浮いちゃいます。今日は成宮君来なかったからやっぱりみんなHYDE狙いよねぇ?成宮君のがよくない?だってはいどさんもうあたしと同い年よ?(笑)

さて、HYDEさん登場。あののほほ〜んとした雰囲気にもだいぶ慣れてきました。今日も揺れてましたね〜。ゆらゆら〜と。
あたしの想いはたったひとつ!
はいどさん!お願いだからそのサングラスをはずしてくださいっ。
ぢーっと見る。念力だあああああっ。
サングラスをはずしてくれぇぇぇぇぇ。

って、そんな念力通じるはずはなく。そんな念力簡単に通じてたら今ごろあたしHYDEの横でのんびり一緒にテレビ見てるってば。

「名古屋にはもう何度も来てるんですが、ひつまぶしを知ったのは最近です。こんなにおいしいものがあるのかと。どうして今まで誰も教えてくれなかったんだろうと。思いました。高いから?かな?」
こんな感じのこと言ってましたね。
あとは紅茶が凍った話。ってゆうかこれはもう記者会見でも、メイキングでも出てるネタですから。質問するほうもちょっとは考えてよって思いますけど。

映画の方はね、もうよく分からないです。
客観的に見ることができないですから。HYDEしか見てないですから。
どうなんでしょう。でも思ったよりよかったかな。
とにかく映像がきれいだったので。好きな感じ。
もっとちゃちい感じを想像してたので。
HYDEの曲がとっても効果的に使われていてうれしかった。
ちゃちい映画のちゃちい主題歌、みたいにだけはしてほしくなかったので。
漫画にない最後のオチも素直に驚いちゃったけど、いい!って思います。

んー。でもやっぱりファン以外の人にお金出して見てね、とは言えないかな(笑)

二階監督のファンになりました。きれいに撮るな〜って。
それに実物かっこよかったんだもん(えへ)
ここんとこインタビューを読む機会が多かったんだけど発言もとてもよい感じ。
「Soundtrack」見てみたいな。
ラルクとHYDEのPVも見直したくなりました。

上映が終わって会場を出るとみんな一斉に携帯の電源入れるっしょ?
で、メールチェックするっしょ?あたしも当然してました。
で、階段降りながらふと目をあげたら、目の前の子の携帯の待ち受けが見えて、あ、ラルクだ、で、ふと横の子の携帯も目に入って、あ、やっぱりラルク。見渡したらラルク系待ち受けだらけでした。
もちろんあたしの待ち受けもラルク系HYDEです( ̄^ ̄)

次生はいど見れるのいつかな〜。早くライブやってほしいな〜。やっぱり歌声聴きたいです。ラルクで歌ってるhyde、かもーん。
posted by マメキチ at 23:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

L'Arc-en-Ciel

来ちゃいましたよ。ついに。このタイトル(笑)

2,3日前からなんだか体調が悪く、どうやら風邪をひいたっぽい。微熱が続いて動くのもつらい〜。
ってことで今日は朝からラルクのビデオを見直していた。
その中にHYDEのソロライブがあった。日本武道館でやったやつをBSでやってたんだけど。
それ見てたら、もう!HYDE!いい!いいよ!たまらん!
ライブ行きてー!

でもね、もう絶対に行けないのですよ。終わってしまったライブには。ビデオ見て、うなってるだけなのですよ。
あー。どうしてあたしはもっと早くラルクのよさに気がつかなかったのでしょう。
売れてるのはもちろん知ってたけど〜、hydeをハイドって読むのもしってたけど〜(笑)、若者が好きなヴィジュアル系よね〜ってずっと思ってたぐらいで、好きでも嫌いでもなかったんだよね〜。
あー、あの売れに売れてたころに戻りたい。そしてライブに行きまくって、ノリまくりてー!

何事も先入観ってよくありませんね。何事も受け付けない!って思っちゃいけません。柔軟な感性をもたないと後悔します。
ラルクの過去のCDやDVDをちょっとずつ買いながら、そう思う今日このごろ。

そして、今これを書きながらテレビに映ってるユースケを見て、あー、シアワセ。今日はシアワセな一日だったのでありました。
posted by マメキチ at 00:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | L'Arc-en-Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。